無料ブログはココログ

« 江戸色町一寸話(ゑどいろまちいつすんばなし)  其の三  㐂三二 | トップページ

2018年5月 6日 (日)

江戸色町一寸話(ゑどいろまちいつすんばなし)  其の四  㐂三二

江戸色町一寸話(ゑどいろまちいつすんばなし)  其の四  㐂三二

 

 

藍が白く抜けた袢纏を脱ぎながらこの春三十路をむかえた銅壺職人の末吉「コウおめえこんやからおいらのこたァ松月ッて呼びな」女良(じよろう)きち「なんだいそのシヨウなんとかつてのハ。だつておまさんハ松ッつあんぢやないかひ」末「シヨウぢやねへ松に月でしようげつだ」きち「だからなんなんだようそれハ」末「わからねえ女良だなァおめえは。表徳(ひようとく)だ」きち「やだよふ。またわかんねえこと言ふヨこんやの松ッつあんは。ヒヨウなんとかッてなんなンだよう」末「俳句ゥつくるときの名めえヨ」きち「オヤ松ッつあん俳句なんかはじめたンかひ。向島のご隠居がつくるトきいたよ」末「おめえンとこにそんな気が利いたお客が来るンか」きち「馬鹿だねえこんな岡場所に来るもんかねえ。中の話ヨ」末「吉原だらふ。それよ。その吉原も総籬(そうまがき)ヨ。そこォ往つてみねえな」きち「また馬鹿なこと言ふよこの人は、あたいら女ァ大門(おほもん)くゞれないのォ」末「だからようその総籬ィあがる(登楼)やふな通の旦那や息子株なンかは本名なんて俗ッぽいンはつかわねえンだ。なんせ総籬はこの世の極楽ッてよばれる吉原ンなかでもごうてきな極楽ヨ。そこで稼業にまみれた生臭い俗名なンぞ野暮だッてえわけヨ」きち「そいぢやァ松ッつあんは野暮かひ、あたいはいなせだとおもふヨ」末「ありがとヨ、おきちおめえはいゝ女良だぜ」きち「松ッつあんその女良ッてのは二人ンときは勘弁しておくんナあたいはおまさンのおかみさんの気持なんだヨ」末「泣かすゼおめえハ」きち「だらふ」末「でヨ、これからおめえンとこ来たらあつしをショウゲツッて呼びナ。松に月ヨ」きち「へえ松に月でかひ。おまさんの名ハ末に吉で松吉ッて云つてたよネ」末「馬鹿やろうそれェ云ふねえな。ねたがわれらァ」きち「あはゝちがひないねえ」末「デこの松月様が吉原の総籬ィあがつたと思ひねえ」「えッ、吉原いあがつたンかひこの浮気ものこのあたいッて者がゐるのになんてえ人だらふネだから男は信じらンないンだ」末「コウおめえ早とちりすンねえたとえばの話ヨ」きち「ほんにかひ」末「そうヨおめえがらいねん年(ねん)が明けたらおいらンとこ来るッて約束ぢァねえか」きち「だからあつちァ気をもんでんぢやァないかい」末「なんでヨ」きち「だつてそうぢやないか。十年の年が明けたらあたいは廿七の大年増だよ。おまさんに嫌われンぢやないかと。おかみさんにしてもらふンはうれしいがそれを思ふとしんぱいで心配で。そふなつたらわっちァもふ玄人ぢやないんだおまサのおかみさんで素人だよ。そうなるまえに肝心のおまさがほかの女に血道をあげて長屋に引き入れてたらあつちァどふしたらいゝんだか、あゝ気がもめる」末「やだねえおめえハ先ばしつて。吉原ッてのはあつしら職人のやふな袢纏もんが往つても大籬みてえな大店(おほだな)ァあいてにやしてくんねえ。伎夫(ぎゆう)は手ェみたりオッ旦那ッてこつちの手ェ握ンのヨ」きち「おまさんに気があるンかひ」末「馬鹿やろう、ちがわァ手ェさぐるンヨ。あつしら職人が羽折(はおり)着て日本橋の大店の息子のふりしたつてごつごつした手ェにぎられりやァ一辺でばれらァ」きち「松ッつあんみたいないゝ男あげないんだ、くやしいねえ」末「向ふにとッちやァ小判がうなつてねえのはいゝ男ぢやねへのヨ」きち「小判なんか見たことないヨわつちは」末「あつしもヨおいら職人はもらふもはらふも銭だからナ」きち「あァくやしいねえ」末「もふいゝぢやねへか」きち「くやしいで思ひだした。松ッつあんぢやない松月ッつあん、おまさ長火鉢買つたッて。これから所帯もとふッてえお人がなんであんな場所とるもん買ふンだい。おまさンとこは九尺二間だろふ」末「オウよ、立派な四畳半一間(ひとま)御殿ヨ」きち「アァ馬鹿ばかしい。どうしてこんな人ンとこに年が明けたら往くなンて云つたンだらふ。長火鉢なんかあつてどうしておまさとわちきの二人分の蒲団(ふとん)しくンだい。あァもふやだおまさァあたいのことなどなンも考えてくンないんだ。くやしい」末「おめえいゝかげんにしねえ」きち「だつてそふぢやねへか」遠く時の鐘三ツ。末「おッ捨て鐘だ四ツだゼ、あしたァ帳場ァ遠いンだあつしァ先に寝るゼ」きち「あァつらいなァ」ト女良きち襦袢を脱いで行灯にかける。四ツの鐘打ち出す。

« 江戸色町一寸話(ゑどいろまちいつすんばなし)  其の三  㐂三二 | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/73435768

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸色町一寸話(ゑどいろまちいつすんばなし)  其の四  㐂三二 :

« 江戸色町一寸話(ゑどいろまちいつすんばなし)  其の三  㐂三二 | トップページ

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31