無料ブログはココログ

« 其十六 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書 | トップページ | 納涼江戸咄(なつすゞみゑどばなし)  喜三二 »

2014年5月 8日 (木)

大江戸戯作気質(おほえどものかきかたぎ)

 ことしァ春が明けてからがきびしゆうございやしたナ。寒さはきつい大雪は降る。洒落になりやせでし桜も咲き春も仕舞い月の弥生。ごろりと寝ころんで屈託のねえ本でも読むが値千金ッてやつでやしよう。夏目漱石は本名金之助、森鷗外は林太郎はてえげえが知ッとりやすがなんで筆名をなのるかッてえとじつァ江戸ぢやァ世をしのばなきやァならねえわけがあつてのことでしてそのならいが明治の世にも尾を引ひて夏目先生も森先生も別名で戯作を書ひたンでございやすヨ。あつしが洟たらしの小学生だか色気づいた中学じぶんだかに言文一致の始まりは二葉亭四迷だとおせえられやしたが江戸の戯作をちつたァ知つてみッと鳥渡(ちよいと)ちがふようでして。洒落本に「遊子方言(ゆうしほうげん)」ッてのがありやして書いたンは田舎老人多田爺(ゐなかろうじんたゞのじゞい)ッてお人でほんに爺かどうかはわかりやせんが明和七年のことでございやすがそンころの江戸のもんがしやべるべらんめえの会話体をなんとか文字に書き起こそうとしたはなの小説体の戯作と言はれておるそうですな。おンなじ年にやはり洒落本の「辰巳(たつみ)の園」が夢中散人寝言先生に書かれやして。この戯作者の本名は定かぢやァありやせんが吉原大上総屋亡八(※)次右衛門だッてェ説がありやす。書き物は知識人の洒落がはじまりでやすンで小説も芝居(しばや)の台本も戯作と呼ぶンは戯れに書いたッて心なンですな。とりわけ武士は扶持を主君から頂戴いたしておりやすから書肆(ほんや)から賃料をもらふなぞ主君にもうしわけの立たねえ卑しい所業となつちまふ。デ板元は料亭の八百善や吉原の大見世辺(へん)で一席もうけて礼としたそうでして。ふだんのしやべりを書き写したこれらの作品をお手本にしたのがよく知られる式亭三馬の滑稽本「浮世風呂」と「浮世床」だそうでやす。二葉亭四迷は西洋小説の翻訳をすッときに明治は権威の御代だからか文語体にしなせえッてまわりのすゝめがあつたンにさからつて浮世風呂や浮世床をみならつて普通語の言文一致をものにしたそふで。あつしの喜三二は気散じでもすべえと名乗つたンだが少し分かつてきたら江戸の黄表紙作家で朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)ッてェお方がおられやしたンを知りやして。どじな話よ。先様ァれつきとしたお武家さま。秋田久保田藩の江戸留守居役平沢常富さまで手柄岡持(てがらのおかもち)の名で狂歌も詠んでおりやす。お仲間の酒上不埒(さけのうえのふらち)は駿河小島藩の武士の倉橋格で、洒落本は小石川春日の藩邸にちなみ恋川春町(こいかわはるまち)の名で「金々先生栄花夢(きんきんせんせいえいがのゆめ)」などを書きやしたし、幕府御家人で支配勘定役の大田直次郎は南畝(なんぽ)と号し四方赤良(よものあから)や蜀山人(しよくさんじん)とも名乗つておりやした。こんなあんべえで筆名が使われるやふになりやがてペンネームなんて西洋かぶれの呼び方になりやしたが近ごろァ本名で書く人もふえてるやふな気がいたしやすな。あつしの喜三二もいつまで気散じになりやすことやら。
※亡八=遊女屋の主。人がそなえなければならない八つの人間性をすべて持ち合わせない者。
(初出「カランドリエ」平成26年弥生号)

« 其十六 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書 | トップページ | 納涼江戸咄(なつすゞみゑどばなし)  喜三二 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/56110692

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸戯作気質(おほえどものかきかたぎ):

« 其十六 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書 | トップページ | 納涼江戸咄(なつすゞみゑどばなし)  喜三二 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31