無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月16日 (水)

其十五 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixi覚書


ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす

谷中いろは女郎とめ「お客さんもう一本つけやふか 大工作蔵「おりやァもういゝや と「そんなこと言わねへでもう一本おとりヨ 作「いゝよ と「呑みなヨ 作「いゝッたらいゝンだ と「吝な客 作「なんだとおめえンとこは呑み屋かァ酔い潰しておんだそうッて魂胆だらうやらずぶッたくりメ
4月7日夜


深川仲町きのえね女良さと「吉ッさん起きなせえナ明烏が啼ひてんヨ 日本橋多左衛門店(だな)指物師吉三「朝かァトのびをする さ「よく寝てたねえ 吉「きのふ茶箪笥納めてナ棍つめ仕事がつゞいたンで疲れてサ さ「ご苦労さん湯漬けでも食べてきなヨ帰つても独りなんだからサ 吉「ありがてえなァ
4月8日朝


深川裾継亀屋女郎みの「けふァまだ弥生だつてばかしなのにやに暑かつたよねえ 日本橋本町通り漆器加賀屋番頭亥介「昼にァ目白台のお屋敷までお届けもんで汗ヨそいで帰つてまた汗暮六ツにやァ涼しくなつたがおめえを先客に盗れちやなんねえから永代橋ィ走つてわたつてまた汗ヨ み「うれしィヨおまいさん
4月8日夜


音羽まつばや女郎たか「看板さん起きねえナ明烏ァあきれて飛んでッちまッたよ 中間辰三「おォよく寝たゼ た「なんだねへこの人ァ女良屋で寝入ッてりやァ世話ァねへヤ 辰「勘弁しねえナきのふは殿様のお供でいちンちお城の前でお帰り待ちヨ結構疲れンだ た「またおいではなッから寝かしつけてやッからネ
4月10日朝

赤坂伝馬町岡場所はなぶさ女郎さき「弦さんけふも人肌でよかつたよネ 中間弦治「オォ頼むゼ肴ァなんかねへかい さ「残りもんだけンど煮奴があるヨよけりやァあつためてくッから鳥渡(ちょいと)待つておくんな 弦「手料理かァお屋敷勤めしてッと生涯(しようげえ)嬶ァもてねへもンナありがてえゼ
4月10日夜


深川表櫓女良さと「烏も朝寝かねえ啼かないねえ 情夫(まぶ)伊左蔵「烏も春ヨ さ「そうなンだ 伊「まう一辺寝ようか さ「それどこぢやないンだらふおッかさんの薬代持つていかなきやァいけないンぢやァないの所帯持つたらあんたのおッかさんはあたいのおッかさんだもん心配サ五両でいゝンだネ
4月10日朝


赤坂伝馬町ひようたん女良とみ「縞の兄さん先月来てくれたよねえ 小間物担ひあきない佐平「なんでえやだねえ忘れられてんのかァ裏ァけえしにきたンだゼ と「ごめんヨすまないねえ 佐「マいゝさまだ二見の客だからナ と「そいぢやァさァ来月も来て馴染みになつてくんなヨ 佐「そいつァ今夜しでえサ
4月11日夜


貸本屋平吉「コゥいまァ明烏がねえたなァ起こせよおめえ 浅草六軒町ひさご女良(じよらふ)ゆみ「鳴かしときはヨ烏は勝手に鳴いてンの貸本屋が朝一から得意まわりしねへだらふあたいは起きたッて往くとこねえンだ寝かしといておくれヨ 平「横着な女(あま)だゼ湯ゥいつぺえくれ ゆ「そこに鉄瓶があるヨ
4月12日朝


赤坂溜池麦飯四六見世喜八や女良いね「やつぱり来ておくれだねえおまえさんは裏ァかえしてくれる人だと思つてたンだよゥ 麻布材木町武州屋番頭左之助「えッあたしの鼻の下ァそんなにのびてたかい い「そりやもふうれしそうにしていなすつてたぢやァありやせんかいお客さんがよろこんでくれンのが女良冥利サ
4月13日夜


谷中根津前甼(ちよう)あかねや女良(じよらふ)たみ「オヤおいでなさい 根津多衛門店(だな)大工吉次「オヤはねへだらふホレみやげだ た「アレありがたふなんだい 吉「羽二重団子サ た「あらァうれしい 吉「いまァ帳場ァ根岸でナ日本橋の旦那が隠居するッてんで寮に手ェ入れてンだサァ喰ほふゼ
4月14日夜


吉原中ノ町稲本若ひ衆(し)「峰秋さまおはやふございやす茶屋のお迎えがまいつておりやす 振新橘「主さまご隠居さまお起きなさいまし 峰「もふ朝かおまえとすごす夜はみじかいのふ名残はつきぬ後朝のだ 橘「またおいでなすッてくんなまし待つておりやすえ 峰「サテサテ振新買ひは年寄の冷水帰るとすべえ
4月15日朝


深川門前仲町一の鳥居岡場所裾継(すそつぎ)津の国屋伏玉(ふせだま)ゆみ「おいでなさい弥吉ッつあんけふァ早仕舞いかひ 日本橋春衛門店(だな)仕立職弥吉「まァな急におめえの顔拝みたくなつてナ ゆ「またそんな女郎殺し言つてサ時挟みのこの時刻ならわつちの値は半値の二朱(五百文)。魂胆見えてるヨ。
4月16日昼

2014年4月 7日 (月)

其十四 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書


ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす


谷中根津前町岡場所ほうらい屋女良(じよらふ)さと「源さん起きとくれ 左官源蔵「コウ烏ァまだ啼かねへだらふ さ「なに言つてンのサとつくさネお天道さまァあがつてらァ 源「ぢやァなんで起こさねえ さ「主と朝寝がしてみたいサ 源「ケッ乙粋言やァがるゼ一服点けさせねえナ。
04月01日朝


「来る途中でおもしれえもん見たゼ地面にはたきの柄ぐれえの竹の棒ォ一本さしてヨその先にこの箱枕くれえの石ィくゝり つけてあンのサ天窓(あたま)ァ重ひから竹がしなつてンだ 「倒れないノ 「それヨその横で口上述べてンだが竹のこたァ一言も言はねへ客寄せがうめえヤ香具師ァ
04月01日夜


上野山下けころ女郎よう「春ァやだよう 初会の客稲荷町幸右衛門店(だな)多葉粉切職伊助「なんでゞえ陽気がいくッていゝぢやァねえけ よ「それがやなンだよう 伊「わかんねへ女だぜおめえァ よ「お客か寝坊で早くけえンねえんだもんあたいはこれから寝るンだからねえ 伊「この野郎はつきり言ふゼ
04月02日朝


深川あひる河岸きゝよふ屋女郎きぬ「お客さん生まれはどこだい 日本橋牡蠣殻町漆喰職人権左「べらほうメ国ァきくなッて江戸の作法てめえ知らねへのか江戸ィ出てきてるやつァ後継になれねえ厄介者もんで国にやァいられねえのばつかしヨおめえだつてその口だらふ き「怒ンないでよう里訛りに似てたからさァ
04月02日夜


両国鳥越岡場所蔦屋女郎えい「さッ起きとくれけふは中ァ往くンだから 浅草材木町仕事師弥助「なんでえおめえ住みかえけェ え「知らないのかい吉原の中ノ町に桜ァ植わッたンぢやないか豪気なもんサ咲いた桜の木ィずらつと植えるンだからけふはあたいらも大門(おうもん)くゞれンだよう 弥「おれも連れてケ
04月03日朝


中間由三「なんてえ降りでえ 神楽河岸岡場所多留真屋女郎きち「この降りはあしたの朝までつづきそうだねえ流しにしなせえナ 由「いまッから決めるねへ流し決めこめるやふな金ァ見たことねえヤ き「淋しいねえ由さんたまには景気のいゝ話持つてきなヨ 由「看板(法被)ァ威勢はいゝンだがなァ
04月04日朝


廊下上草履ばたばたト「コレ誰の禿たちだえ主さまのさまたげじやしずかにしいやト花ノ戸花魁障子内より叱る 禿口々に「花魁ごらんなさりんしよゆンべ桜を植えやして欄干から花に手がとゞきそう 花「危ないことをしやるな身をのりだすと落ちるぞえ 客暁月「中ノ町に桜が植わつたかわしも見物けんぶつ
04月04日夜


四谷塩町ぶらぶら遊女屋まゆ屋女良(じよらふ)つる「お客さんけふで三度目だねえ名入の箸袋つくろふか 市ヶ谷左衛門店(だな)箪笥職人吉次「おッ吉原みてえだなァつくつてくんねえ通ふゼ つ「うれしいィあたい好きだよ初会ンときからネ容子がいンもん 吉「このやろふ調子がいゝゼ つ「ほんのことサ
04月04日夜


板橋宿旅籠ひさ屋飯盛すえ「お客さんゆンべは 駒込染井村植木職定二「あゝ姐さんか世話になつたナ す「世話だなンてヨたんと喰つてくんナこれからけえるンだらう石神井川へまわンな桜が満けえだ見ていきッし 定「桜かァおいらたちァ植木屋だゼ す「アレッ悪かつたかねえ見なれてッか 定「往くゼ
04月05日朝


彫師辰蔵「おめえハ客がきたッてンのににこりともしねへやつだなァちッたァ愛想笑ひぐれえしねえかい 浅草六軒町いりふね女良あさ「笑やァいゝンけえぢやァ笑つてやらァ 辰「イヤいゝ笑ふなおめえが笑ふと不気味だあやまるあやまるなんでこんなとこ来ちまつたかなァ あ「ヘンなんでえこゝより買えねへくせに
04月06日朝


明六ツ北馬道(むまみち)湊屋女良(じよらふ)かや「おまえさま国府を一服なさいやしト朱羅宇(らふ)の吸いつけ多葉粉を差し出す 浅草材木町美濃屋通ひ番頭与兵衛蒲団の中で腹ばいになり目を細めてゆつくりと吹かしながら「川向ふの桜も咲いたし春だねえ か「煮えばなもらつてきやしよう飲んでお往きなさいナ
04月06日夜

深川仲町ひさご若ひ衆(わかひし)「おなつねえさん日本橋のご隠居さまがお見えですヨさあさあご隠居さまねえさんが首ィ長くしてお待ちかねお待ちかねお二階へどうぞ階段が磨きあげてありますンでお足元にお気をおつけくなすッておくんなさいまし(二階へ向い声を張り上げ)へェェィお二階お一方さまお上がりィィ
4月6日夜


一ツ目弁天さゝ屋女良(じよらふ)ふし「おはやふだいぶ明るくなりやしたヨお起きなせえやしな帳場から煮えばなもらつてきやしようネ 舟大工頭佐江蔵「頼むはト蒲団に腹ばいになり銀の雁首に昇り龍の陽刻が自慢の喜世留で気持やさそふに煙を吐くそんとき起きおくれた明烏カアカアカアカア
4月7日

2014年4月 1日 (火)

其十三 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』


ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす


深川佃町四六見世あひる女良(じよらふ)けい「アラうれし待つてたンだヨ 神田連雀町担い喜世留(きせる)売り与三吉「けふ銀流しが一本売れてヨそいで弁天さまに会いたくてこうしてホレ銭ガアガア(四百文)だほんとは昼間来たかッたンだが昼は六百文だらふ銀延でも売れなきやァだがあつしにお武家のお得意ゐねへしナ
3月28日夜


神田連雀町担い煙管売り与三吉「けさァ明烏がよく啼くぢやァねへかい 深川佃町四六見世あひる女良けい「そうさ与三さんが連尺担いで早くあきないできるやふにサこんだァいつ来ておくれかいあたいは泊りがうれしいよゥ 与「また一本高直なン売つてナだがヨ銭がへえッても煙管の煙みてえにおめえに吸いとられてんなァ
03月28日朝

神田連雀町喜世留(煙管)担い売り与三吉「けさァ明烏がよく啼くぢやァねへかい 本郷大根ぱた女良(じよらふ)けい「桜ァ咲いたから花見に行カァッてンぢやァねえかい 与「おめえ洒落たこと言ふねえうれしいゼまた来たくなつちまふゼ け「兄さん来ておくれ裏ァかえしておくんなさいナ待つてるわヨ。
3月29日朝

音羽ひさごや女郎たけ「お客さん惚れてるなんて初会で言わなえでくンな 客の軽子坂の弦七「姐さん虫の居所でも悪ひンけえ た「あゝこんな稼業だよ機嫌がいゝわけねへにきまつてるだらう 弦「ごもつともあいすいやせんなァ今夜ァけえろう た「またおいで 弦「来るわけねえだら
03月30日夜


禿小梅「花魁雨がふつて 夕霧花魁「この子はなんざます若旦さまに朝のごあいさつが先ざますえ 小「若旦さまおはやふこざいやす 日本橋本町通り伊勢屋息子株豊次郎あくびをかみ殺しながら「アヽ小梅かおはやふ 夕「若旦さんが濡れてはなりんせんエ篭をよばしやんせ若旦さんあさつて待つておりんすえ
3月30日朝


赤城下岡場所きねや女良(じよらふ)ふね「お客さんどこのお屋敷だい 中間吉蔵「見てのとおりの黒鴨だがなァ旦那さまのお名は語れねえヤ三河いらいの由緒あるお家ァけがしちまふからナ ふ「オヤこんなとこ来るわりにやァ律儀だねえ 吉「あたぼうヨこう見えたッておれァ奉公第一なんだ ふ「ふゝゝゝ
3月31日夜


谷中根津前町岡場所ほうらい屋女良(じよらふ)さと「源さん起きとくれ 左官源蔵「コウ烏ァまだ啼かねへだらふ さ「なに言つてンのサとつくさネお天道さまァあがつてらァ 源「ぢやァなんで起こさねえ さ「主と朝寝がしてみたいサ 源「ケッ乙粋言やァがるゼ一服点けさせねえナ。
4月1日朝

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31