無料ブログはココログ

« 其十一 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書 | トップページ | 其十三 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』 »

2014年3月23日 (日)

其十二 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書

ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす

中間の看板羽織つた富造担ぎの夜楚者(そば)売りでかけをすゝりながら「コウ夜鷹の姐さんいつぺえおごろふかい親仁熱いぶッかけ姐さんに一杯ぐいづくりでこせえてやつてくんねい 夜鷹ちよ「ご馳になつていゝんかい今夜ァ時化てだめサありがとヨ 富「いゝッてことヨおれの残りもんだけどよけりァ酒もあるゼ
3月14日夜


深川櫓下岡場所なつめや女郎つぎ「ハイ起きたり起きたりせんど(船頭)さんがお待ちかねサ 日本橋駿河町呉服屋手代伊之吉「コウ邪険に起すねえ連れの亥佐たちやァ起きてッかなァ つ「さつき鳥渡(ちょいと)のぞいたヨ早くおしよまたお店(たな)しくじるヨ 伊「うるせえ帯よこせ つ「寝起きが悪ひヨ
3月15日朝


牛込弁天町いちやふや女郎たか「鳥渡(ちょいと)あんたどうしたンだいけふは滅法界様子がいゝヨ献上博多ぢやないかあッ分つた護国寺の突富あたッたンだネそうだらふネェ鼈甲の櫛を買つておくれよゥ 桶屋利三「早とちり すんねえ突富なんか当るけえやつと貯めて買つたのヨおめえの分はねえヨ た「情なしつめるヨ
3月15日夜


入谷山下けころあき前掛〆ながら「外で会つたら他人だヨ 日本橋富沢町古着甲州屋手代竹三「よく云ふゼついゝまゝた来てねッて云つたはかりぢやねへか傾城に真なしたァおめえのことだナ あ「なにが傾城だよふ小屋も持つてないくせに 竹「あたぼうヨ家なんて火事ンときしよつて逃げれねえもん持つもんか
3月16日夜

« 其十一 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書 | トップページ | 其十三 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/55479064

この記事へのトラックバック一覧です: 其十二 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書:

« 其十一 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書 | トップページ | 其十三 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31