無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月28日 (火)

其四 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書


ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす


根岸の隠居多左衛門「もふ大引(おほびけ)ァ打つたかい 振袖新造駒菊「アレ聞きのがしちまつたよォ 多「まァいゝそろそろ床にナ 駒「あい 多「いくつになつた 駒「十四さねえ ト頬を染めてうつむく 多「そふかィ十四か先にゆつくり寝るがいゝヨわしャもう一服しとるでナ
1月23日夜


「そろそろ明六ツかいト谷中池之端仲町伊勢屋番頭利蔵 根津権現岡場所女良(じよらふ)たみ「利さんまだ早ひよおまひさんお店(たな)は通ひだらふ 利「旦那さまがなァおまえも五十だ見世をもたせてやらふッてナ た「すごいねえおめッたふさん 利「おめえ三月に年期あけだな所帯もたねえかい
1月24日朝


根津次郎兵衞店(だな)大工吉松「冷えてきやがつたな 谷中女良(じよらふ)しげ「手あぶりの火ィかきたてッからこつちお寄りヨ 吉「酒もふ一本もらつてくんねえかい し「あいヨ内所からもらつてくるからそれにしても今夜ァ呑むねえ面白くないことでもあつたの 吉「まァな し「言つてごらんヨ
1月24日夜


街道から馬のいなゝき 麹町紙屋息子株時次郎「へヽヽやつばり甲駅ァ鄙びが売りよゥ明烏の十八番(おはこ)うばつて明馬だゼ 女良(じよらふ)おすえ「ばかにしていま烏が啼ひて飛ンでッたらふかえんなかえんなッて 時「おこンなよ松と直ァ起きたかなァ す「お連れかいゝま淹れッから茶ァ呑んできな
1月25日朝


上野山下けころのぶ「叕(てつ)つァん貝焼でもやろふかい 浅草並木町長兵衛長屋香具師(やし)叕次「おッありがてえ の「あんたが来るちよいまえ振売(ふりうり)の貝屋からむき身買つてさト手あぶりに鮑の貝殻で小鍋立てゆるく溶いた味噌ン中で浅利のむき身と刻んだねぎがふつふつと湯気をたて 叕「腹ァ鳴ッちまつたゼ
1月25日夜


ヘイおはやふございせんど(船頭)がお迎えにまいりやして 富沢町甲州屋手代佐吉「ホイ来たか起きねえかお客様のお帰りだコウあつしのお衣装様ァとつとつと出しやがれ明烏二声三声 深川櫓下女良(じよらふ)おゆき「蹴るこたァねへやナ帯も着物も自分でとつてサゝとけえんなもふ来るにやァおよばねえあばよ
1月26日朝


浅草広小路茶屋町裏出会茶屋紅屋小座敷けころ春「おまいさんの稼業は担ひ売りかい 客源作「わかるンけ 春「そりやァネ右肩が盛り上がッてンもん 源「夜(よ)蕎麦売りヨ 春「そりやァきついあきないだねえ 源「なァにあつしァ屋敷(武家)町が島だから辻番の旦那衆が辻々に四五人ゐてくださるンでネ
1月27日朝


あしたァあッたかくなるのかねえ銀さん(湯島下岡場所女郎いね) 貸本屋銀次「だといゝがな い「銀さんはどの辺までまわるンだいあたしァあんたの稼業がうらやましくッてサ 銀「なんでだい い「だつて大店(おほだな)にもお武家のお屋敷にもいくンだらふいゝなァ一辺あたしもそんなとこ見てみたいヨ
1月27日夜


おはやふ烏が啼いてッヨ(こんにやく島岡場所女郎たみ) 川並亥之介「よしきたッ た「はりきッてンねえ 亥「あたぼうヨけさァ千代田のお城の普請につかふ大丸太がへえるンだ た「あらッそんなときこんなとこなんかに 亥「いゝンだけえッて水垢離とッからサあばよまたくらァ た「まつてるヨ
1月28日朝


2014年1月23日 (木)

其三 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ)』mixiつぶやき覚書

ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす


おゝさぶ今夜ァ雪になるかもナ早ひとこ寝ようゼ 谷中女良(じよらふ)とめ「なんだい吉ッつあん来るそうそう 客大工吉三「帳場(現場)が遠くてよう空ッ風ン中ァきたら冷えきッちまつてなァ と「二八(蕎麦)のぶッかけでもたぐつてくりやァいゝのに 吉「喰ッたらおめえと呑む酒がまずくならァな
1月18日夜


おはやふございお迎えのせんど(船頭)がまえつておりやす 駿河町呉服屋手代忠三「もふ朝かァ明烏は啼いたか 女良(じよらふ)おたみ「夢うつゝだもん判りやせん 忠「いゝなァおめえは帰ンなくていゝンだもんな た「なに言つてンのお店(たな)しくじるヨまた来ておくれ 忠「眠ひヤ
1月20日朝


コウ若ひ衆今夜ァ冷えるなァ 妓夫(ぎゆふ)太郎「ヘイさいでございやす折角中ァいらつしやつたンだどうです旦那景気つけておくんなさいやし 与三郎「そうかい揚るかなァ 妓「そふこなくつちやァ女の子ァ揃つておりやすヨねえこんな夜はもてやすゼ ヨッ一人占めにくいヨ色男お一人様お揚りィィ
1月20日夜


コウ佐吉ッつァん起きたかい開けていゝかい 連れ佐吉「オウ信さんかせんど(船頭)が来たかい 信「おッつけナ相敵さんおはやふ 深川女良(じよらふ)おのぶ「お連れさんおはやふさんでいまァ茶ァいれやしよう 信「そふもしてらんねえ のぶ佐吉に小声で「こんどは一人でネ
1月21日朝


おはやふございやす果文様お茶屋さんからお迎えがめえッてございやす 夕霧花魁「ごくろふさんゑわかりやしたえこれ主さま果文さまお目をおさましなされませ禿のすみれか小香だれぞおらぬかえ果文さまにおめざの袖の梅と煮えばなのお茶をもつてきておくんなましゑ主さまコレ果文さまお目をおさましなすつてくんなまし
1月22日朝


冷えるねえ床にへえッて吞まねえかい 本郷大根ッぱた(畑)女良(じよらふ)さと「そうしようさぶいねえ 谷中黒門町羅宇(らふ)担売り留吉「もつとこつちィよんなすきまッ風がへえッていけねえヤ さ「あいヨあんたもふ三年も来てくれてンねえ 留「なんでえ急に さ「桜の比(ころ)年があけるンだ
1月22日夜


コウいまァ明烏が啼いたなァ 本郷大根ッぱた女良(じよらふ)さと「さつき山の鐘が鳴つたヨ 谷中黒門町羅宇(らふ)担売り留吉「ゆんべの咄だがナおめえ年が明けていくとこあンのかい さ「それが困りヨ 留「おれンとこ来ッかい さ「ほんと留さんほんとにしていゝンかいあたい廿七の大年増だよ
1月23日朝


番外
柳ばし船宿さゞ波おかみ梯子の下から二階へ背のびして「若旦那伊佐吉姐(ねえ)さんがいらつしやいやしたヨ 「サ姐さんお二階へお待ちかねでございやすヨすぐ熱ひのォお持ちいたしやしよう 深川芸者伊佐吉さみせんを箱屋の若ひ衆からうけとりなれた様子で梯子を上がり「若旦さんお待たせあたしも気が気ぢやなくてごめんなさひねえ怒ッてるかい 日本橋瀬戸物町美濃屋若旦那与兵衛「だいぶ首が見越し入道サまァ一杯やつてくんな 伊「猪牙で急いでもらつたんで川風が冷たくッてあゝおいしい 与「もふいつぺえいきねえナ おかみ二階の上がり口から「ハイおまたせ熱ひのがつきまして姐さんお願ひいたしますヨ 伊「ありがたふおかみさん跡(後)はあたしがト肴を乗せた硯蓋と銚子をうけとり梯子を器用に引き上げ「ハイ若旦那熱いとこをご返杯ト二三杯やりとりし鳥渡おちついたとこで 与「弾いておくすれヤ 伊「ハイよト糸の調子を合はす 与「都々逸でもいこうか 伊佐吉爪弾きでひつそりと奏でる 与兵衛盃を干し「にくい雨だと小言をいへど好いた同志のもあひ傘 伊「若旦那ァほんにいゝ声だねェ 与「おだてちやァいけねえゼ 伊「だつてほんとだもン 与「しかしなんだナおめえとこうしてひつそり遊んでッと深川でばか騒ぎしてたんが野暮に思えて仕方がねえ 伊「お上も粋だよねえ奢侈(しやし)禁止だなンて派手な遊びいけないッていつてくれたおかげあたしァ奢侈禁さま様若旦那とこうして水入らず二階借り梯子上げりやァ誰に遠慮がいるもんかァト跡(後)は唄になる

2014年1月18日 (土)

其の二 百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれあけくれ)』


ご存知前書
江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす


床がきまりやしてそろそろ横になりやしようかネ 禿小鶴「花魁風がおやッ雪も舞つてきて 築山花魁「どおりで冷えると主さんに湯たんぽをお入れしておくんなゑ主さんゑお風邪を召しなさんでおくんなましゑ 遊客理風「湯を落としてなきやァひとッ風呂浴びてきようかね 築「小鶴下ゑ聞ひておくんなゑ
1月9日夜


お目覚めでお迎えがまいつておりやすが 遊客木卯「ハイおはやふ雪ァどうだね 若ひ衆(わかひし)「ヘイ霜のやふなものでして 木「ではかえりましよう駕籠をネ堀からァ屋根舟に行火ァ仕込んでおくれトおひねりを渡す 若「これは旦さんありがたふございやす 木「花魁またナ 花魁「あい
1月10日朝


花魁橘「主さんゑおめざめかゑおぶでも差し上げまするかゑ 青嵐「いやなに鳥渡(ちょいと)目覚めちまッたンで 橘「いまやつと大引でありんすぞえ 青「そうかい多葉粉一服たのむァ。近ごろ夢見がよくねえンだ 橘「主さまァつかれが溜まつておいでゞこざりやしよふよ
1月10日夜半

一度啼いた明烏がもふ昼寝しちまッたよ留さんけふは休むンぢやァなかつたンかい。 留「コウどうして起こさねえ 谷中けころお春「起こしたさァなんべんも 留「エイちくしようメまた親方に大目玉くらわァ 春「そしたらまたあたいンとこ泣きに来な 留「うるせえ
1月11日朝


あしたァ早立ちで葛西まで往かなにやァなんねえ床を決めてくんねえナ。深川櫓下女良お歌「あいよ吉さんも忙しひンだねえ 歌「鳥渡(ちょいと)面倒な用ヨ葛西衆の親玉に談判ヨ 歌「大丈夫なンかい葛西衆ッたら千代田のお城のおわいを一手にうけてるッてネ怖ひよあたしァ 吉「おめえにとばッ尻ァいかねえゼ
1月11日夜


おはやふごさいやすお茶屋からお迎えがめえッておりやす 岐山「おやもふそんな時刻かい茶をいつぺえもらおうかいねえ 里霞花魁「あいただいまもたせまするコレ菖蒲ヤ主さんに耳だらいに湯とお茶を持て参じヤ 禿菖蒲と漣声をそろえ「あいあい 里「明烏も啼かずお別れが切のふございやすぞえ
1月12日朝

コウ浅蜊のぶッかけでもねえかい 深川金猫お初「亥三さんお腹へつてやすンかい 亥「おほ張り名古屋ヨおめえんとこで一夜かせがふと舟ェ飛ばして銚子からけえつてきたンだまだァ体ァゆれてるゼ 初「銚子は干鰯(ほしか)の仕入かひ 亥「野暮な咄ヨ若旦那ァ勘当になンのよデ網元にあずかつてくれッかと聞きに往つたのよいざとなるとモ一辺往かなきやァなんねへヤ
1月12日夜


太鼓持夢介「旦那様お床がきまりやしたヨさ参りやしよう参りやしよう 旦那紙屋与兵「ヨシヨシすぐに参るぞ 夢「だいぶご酒を召し上がつておいでゞ 番新「夢さん今夜なんかあつたのかい与兵衛の旦那さんがこんなに召し上がるなんてネ 夢「無理もねえ独り息子さんを銚子にお出しなすッたからねえ
1月13日夜


明烏いまだ啼かなぬがせんど(船頭)迎えに来たる 若ひ衆(わかひし)「おはやふござひやし船頭がめえりやした 深川櫓下女良(じやらふ)およし「朝だよ 徳さん起きなよ 日本橋駿河町呉服屋手代徳次郎「もふ朝かァ よ「徳さん浅蜊の味噌汁一杯吞んできな 徳「ありがた山だぜ
1月14日朝


お目覚めか妙に外が静かだねえおまいさん。雪かいうれしいねえあたいが身あがりするからこのまゝゐなようゥねえさァ。息子株藤右衛門「鳥渡(ちょいと)障子あけて見ねえ晴れてらりやいゝが 中見世部屋持ち竹霧「やだよう帰るンかいゝつそもつと降りやァいゝのにサ 藤「そこが後継の律儀サヨ 竹「またゞよふ
1月15日


おやッ源さん昼遊びかい丁度部屋片付けたとこだ上がッておくれ 日本橋本町通り唐物屋番頭源蔵「なにこの先のお屋敷へお届けヨ鳥渡(ちょいと)間ができてナ 深川銀猫女良(じよろふ)「あッ丁度いゝ裏の堀に風呂舟が来てッから浴びておいでナお酒用意しとくから 源「おッこいつァいたゞき山のほとゞぎすだゼ
1月15日昼下がり


雪雲が出ておりんしたからけふはお茶挽きかと観念しておりんしたがこんな冷える晩におまはんはほんに実があるねえ 室町の紙問屋の息子株長市郎「あたりまえさネけふは花魁との約束だもの 藤波花魁「うれしゆうござんすえもそつとおよりなんしなまあ冷たいお手わちきのふところにいれなんし
1月15日夜


おはやふござひやすお茶屋のお迎えがまいつておりやす 遊客柳光「あゝ茶をいつぺえもつてきてくンな 若ひ衆「へい 花魁三輪「わちきが淹れますぞえ 柳「花魁は寝てゐなせえ 三「主さまのそのやさしさがわちきの仇 若「花魁ゑ持て参じやした 三「さッ主さま 柳「朝の一服がいつち旨ひねえ
1月16日朝


若ひ衆「おはやふさんでせんど(船頭)のお迎ひがまいつておりやす 浅草材木町の番頭与平「ありがたふヨお香こで湯づけいつぺえもらえッかい 深川女郎おゆみ「あいなすぐ茶漬け持つてまいりやしよう若ひ衆さん寒ひから船頭さんに勝手の火ンとこで待つてゝおくれと言つとくれ 与「おめえはいゝ世話女房になるなァ
1月17日朝


けふァ疲れた早寝させてもらふゼ 内藤新宿女良(じよらふ)いく「どつか寄道してきたンだらふお客さん 彦次郎「お祖ッ様ヨ い「信心ぶかひンだァ 彦「代参ヨてめえの信心なら疲れねえがようようになつた大家の代わりサ い「律儀だねえそんなお役目ならあたしァいらないネ 彦「それを言ふねえ
1月17日夜


おはやふ天気ァどふだい鳥渡(ちょいと)障子あけてみな 千住骨の女良(じよらふ)きぬ「やだよふ寒ひもン 泊客弥助「不精なやらふだなァ客が出かけやふッてのにヨ き「出かけるッたつてあんたさん旅姿ぢやァないやネ 弥「橋場ゑけえるのヨ き「また来ておくれナねえ 弥「うるせえあばよ
1月18日朝

2014年1月10日 (金)

川柳手習所見習 文月席ノ巻(せんりゅうきようしつにゆうもん しちがつせきのまき)

この月もまいどの決まりでお題は四ツでございやす。

はなのお題は「粗末」 こんなあんべえに詠んでみやして。

利休殿小屋のようなを侘びと言い

仲蔵は裏おッぺがし大当たり

菜あかざ衣墨染菴なから

二番目のお題は「ゆうゆう」

世間様もう鎌◯奴の楽隠居

まだあろう閻魔にトワレペロリ見せ

三ツ目のお題は「気紛れ」

幇間は客の気紛れ金にかえ

竜巻はどっちに行くか気が知れぬ

まんがちの蝶々生酔ごとく飛び

社中の互選は二句詠みでお題はか折詰」

初めての鮨は夜中の父の折

八百善のみやげの折を寝ずの奥

このうち遷にへえつたンはこんなあんべえでございやす。
秀 利休殿小屋のようなを侘びと言い

秀 竜巻はどっちに行くか気が知れぬ

秀 初めての鮨は夜中の父の折

読み返してみやすとなんかしよぼくれてやすナ。

2014年1月 9日 (木)

百五十字洒落本『江戸柄花之明暮(えどもようはなのあけくれ) 其一』mixiつぶやき覚書


江戸の戯作にやァ洒落本人情本滑稽本などがありやすがその内花魁女郎とのふれあいを描いた洒落本の真似事を目覚めのあくび寝入りの舟こぎの間の速書の一興お目にかなえばの仕合せでございやす


おはやふさん 明六ツにまだ半刻もあらふといふ時刻 客艶治「コウもふ迎えかい 若ひ衆(わかひし)「ヘイお茶屋さんのお迎いがゞ 艶「若菊羽折をだしてくんな 菊「あさつてハきておくんなまし指切りえ 艶「馬鹿らしそん日は親父の法事だ 菊「ェィ憎らしおとつさまァ御元気でごさいましようにつねりんすぞえ
平成25年12月31日 朝


サテ先に休ませてもらひやしようか 寝たふりで過ぎる草履の音を聞く しかしなんですなァをとこッてのはお人好しで 高ひお金払つて振られに行くンですから 振るのは花魁ふられるのは客ッてのが吉原 客の浮気ァ許されやせんで 床が定まつてもそのまゝ寝もやらず朝まで枕の番ッてやつ ヘイお退屈さま
平成26年1月1日


おはやふございやす けさも烏より先に目覚めのとちり起き 客哥柳「コウ若ひ衆茶屋の迎やァまだか 夕霧花魁「主さんへお騒ぎなしやんすなえおッつけまいりんすえ 哥「けふは朝のうちに用がある 夕「ばからし浮き世とは哥さまも似合わぬ野暮を 哥「それを言ふねえ洒落くせえ
1月2日

昨夜の色の残れるまだ明けやらぬ明六ツ 若ひ衆「多渓さまお迎えがまいりやしてゆンべァ花をつけていたゞきやしておかげさまで正月早々景気になりましてございやす 多「なに正月だからネ 春霞は花魁は寝かしといてやつておくれ 若「ヘイ 霞「主さんへどうして後朝の別れ見送らずにおられやしようえ
1月3日


今夜ァ足の指が冷てえ湯たんぽに足ィのッけてそろそろ寝るとすべえ 仇吉「ェィひやッこい足ィそんなとこにつッこんでェだからやなんだようこんなおそくに大川渡つて来ンるからサ 手代与三郎「邪険にすんねえ約束のもん持つて来てやつたンだゼ 仇「アレうれしいヨだから与三さん好きサ 与「これだァてめえハ
1月3日


おはやふございやすせんど(船頭)のお迎えが 仇吉「与三さんお起きな 与三郎「もふ明五ツけいそぎやなやァ 仇「あしたもおいでなまたいたぶッてあげッから 与「お店(たな)ァしくじらァ 仇「いゝぢやないかァ 与「情夫(まぶ)にでもしてくれるッてか 仇「あいよ 与「ばかやろうあばよ
1月4日


おやすみなさいやし 板橋飯盛女郎菊「お客さんお百姓だよネ 太助「わかるケ 菊「なりでもだけど臭ひもん 太「なにィ 菊「江戸ィでえこはこんで帰りは馬におわい積んでくンだらふ匂ひ蒲団についちやふンだ 太「にくいあまダもふ来てやンねゾ 菊「ありがた山サ裏の返しがなくてうれしいヤ
1月5日


おはやふございやすお迎えのせんど(船頭)がまいつておりやすンで 手代卯之助「帯ィくんねえ 深川女郎末花「卯のさんのお店(たな)ァ駿河町だらふ手代も小僧もたくさんゐンだかん一人ぐれえゐなくたつて判りやァしないヨ 卯「この馬鹿ァそゝのかしやがら 末「だつて今朝ァ凍つてるッて桟橋気ィつけて
1月6日

八ツでして休ませてもらひやしよう今夜ァ冷えやすなァ 花里花魁「主さまおやすみかえ 峰瑞「冷える夜だねえはやく入りな 花「あい一本燗をつけさせておりんすよ 峰「ありがたいねえあたしァねえ花魁のそふした気がきくところが気に入つてるンだよ 禿小菊「花魁開けてよござんすかえ燗がつきィした
1月6日


明烏の声一ツなき明六ツの前 若ひ衆「おはやふございやすお迎えでございやす 甲駅(内藤新宿)女郎お勝「お客さん吉蔵さんお迎えだよ 客吉蔵「えェうるせえ聞こえてらァな 勝「おそッし(尊師)さまァ往くつて言つてたらふ 吉「あァ連れの高ァ起きてるかいさぶいッたらねえナ
1月7日


おはやふございやすお舟のご用意ができておりやす 遊客世三郎「もふ明六ツかい寝たばかしヨ眠くてかなわねえゼ 深川芸者貞太郎「あんまりお呑みになつからサ 世「まだ酒がのこつてンな 貞「およしなさいナ 世「おめえが案じてくれるたァ雨降らァ 貞「憎ッ垂らしィヨ
1月8日


女良(じやろふ)お吉「米蔵さん米さァん雨ェあがつたヨ 客米「おッそふかい面倒だがけえんなくちやァなんねえなァコウ茶ァいつぺえくんねえかい 吉「あいヨ 米「おめえの年があけるまで跡(後)三ツ月か 吉「あたしに堅気のおかみさんがつとまるかねえ 米「なんでえいまになつて
1月9日

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31