無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月22日 (土)

八百八丁暑気払(おほゑどしよきばらひ)

 夏至になりやしたなァ。6月21日、日本の暦の太陰太陽暦の皐月五月十三日でございやすヨ。夏のほゞ真ン中。いまァ西洋の暦が巾ァきかせておりやすが日本の四季は日本の暦で区分されてンで夏は卯月朔日から水無月の晦日までゞ切がいゝ。これが西暦になりやすと今年の夏は510日から8月6日までッてことでなんとも半端でじれッてえ。季節の境目が分からなくつちまふンでやすナ。

  江戸ッ比(ころ)ッてのは空調のからくりなんてござんせん。さッとあつい湯ゥあびて跡(後)は団扇で涼ッて寸法にきまつておりやしたが、町にやァ涼しささそういろンなあきないが出てきてたよふですナ。
 まず水売り。担いでいけるやふな屋台で屋根を粋な市松にし格子の壁に棚ァしつらえ瀬戸焼の器に紅白の白玉をつみあげその脇にやァ砂糖を山にもつておき、真鍮の水呑をまぶしいほどに磨きあげてならべ、向鉢巻で威勢よくヱひァらひァこィひァらひァこィと客を呼ぶ。たまりやせんぜェ。水やさん一杯おくんなさいなト粋な姐さんも足ィ止めるッて寸法ヨ。ほんのり甘くて冷たく甘露ッてやつサ。
心太(ところてん)の振売(ふりうり)ッてのもありやしたが中に曲突ッてのが一人幕末にゐたそうでして。こりやァ天秤棒の前後(まえうしろ)に縦に細なげえ荷箱をぶるさげておりやす。箱ッたッて板囲ひぢやァ暑ッ苦しいから格子にして風ッとおしよくしてある。その四隅に杉の青葉ァ結はい付けそれに水ゥ打ッてある。馬鹿ぢやァできねえ算段ヨ。これも威勢よく向鉢巻に涼しげな浴衣の裾ォはしよりところてんの曲突きでござァいト大道に呼ばわり客が集まつたとなると、左手に寒天を入れた筒を持ち右手で突棒を握り張つた右ひじの上に皿をのせヤッと掛声もろともところてんを空中高く七八尺も突きあげ右ひじの皿でみごとに受け酢醤油をかけて客に供する。町はもとより武家屋敷の物見の窓下にまで廻り大繁盛したとものゝ本に記されておりやす。
  いまァ冬の飲物になつておりやす甘酒は夏も炎暑の暑気払いに呑まれておりやしたようですナ。これも振売で大道であきないやす。磨きあげた真鍮の釜や鉄釜ヲ荷箱の上に天窓(あたま)ァだして据えこれで町ィ流す。コウ甘酒屋あついかい、ヘイお熱うございやす、そんなら日陰ェ歩きねへッて落語の枕にからかふのがございやす。脇で聞いてたあッたかいやつが俺もからかつてやろふッてんで、あついかい、ヘイ丁度呑みごろで、ぢやァ一杯もらおうッて落ちで。もうひとつ消暑で人気のあつたのが枇杷葉湯(びわようとう)売り。これも振売でやしたがもつぱら橋の上に荷箱をおろしてあきなつてゐたそうでございやす。
(初出「カランドリエ」平成25年夏至号)

2013年6月16日 (日)

川柳手習所見習(せんりゆうきようしつにゆうもん) 皐月席ノ巻

 旧の太陰太陽暦ならまだ四月でございやすが、お先ッぱしりの西洋暦はとうに5月になつており12日に川柳葛西教室がひらかれやして。お題とあつしの投句はこんな按配でございやしてネ。

 お題「アパート
 古川柳の様式での連でございやすが、みなさんが詠むのハいまの時代のことなンでこうした題がでるわけ。あつしァ独り江戸で詠んでやすンでいつも浮いてる川竹のッてことなんだがこんども長屋の心で詠んどりやす。

   新所帯狭さが嬉し四畳半

新所帯はあらじょたいと江戸風に読んでくんねえ。

     振出しのつもりが今は主となり

   長火鉢買つてしまつて川の字に

次のお題は「ひらひら

  越後屋がおいでおいでと麻のれん

  川風は粋なやつだよ裾あおる

  湯上りの女房手のひら団扇にし
 女房は江戸弁風に、にょうぼと読んでおくんなさい。

その次のお題は「棚ぼた

 浮世絵にお仙描かれ稲荷とく

    
居候してゝよかつた初鰹

 坊主死に思いがけずも黄金餅

 さいごは互選句で二作。お題は「お祭

  べらんめえ一年おきに肩で風

  他国者神社三ツの祭かと

こんな風に十一句詠んでみたンでございやすが、採りあげていたゞいたンは七句でございやして。「振りだしの、が客。「湯上りの、は秀。「越後屋が、は秀。「川風は、が客。「居候が、は天。「べららめえ、が秀。「他国者、は秀。マいまゝでゞいつち出来がよござんしたナ。十露盤
(そろばん)入れッと〆て十一点。来月は来月の風が吹く。いかゞなりやすかハお楽しみ。本日はこれまで。

2013年6月 8日 (土)

川柳手習所見習(せんりゆうきようしつにゆうもん) 卯月席ノ巻

 川柳葛西教室駆け出し三月目でして。卯月席ッてのはあつしがかつてに呼んでンでしてお教室は新暦の414日にお集まりでやすがこちとら車椅子のご身分なンで面ァだす甲斐性がなく賢所なみにとおく御簾のうちより投句と洒落やして。
 生徒同士で選ぶ互選句のお題は、浅草。二句つくるのが宿題でやしてつぎのやふにひねつてだしやした。

   観音の奥に三千生き観音

   四ツを打つ鐘は浅草またふられ

 点にやァ一点の前抜きと秀、二点の客は五句、三点の人地天は各一句がありこの人地天を三才と呼びやすそうでやすがどれもかすめやせんでして。末摘花風ハいけやせんかもネ。

 あとの宿題は三ツ。お題ごとに三句づゝ詠んで送りやして。

 お題、小さな花。

   そこのけと一茶詠みそうすみれ草

   いぬふぐりかわいぞうな名誰つけた

   花びらを酒にうかべておぼろ月

 この三句も散々でやしたゼ。

 つぎのお題は、どろどろ。

   ヒューと鳴り花火と思やどろどろと

   味噌を溶きでえこ二ツの土鍋据え

   赤福は泥あそびよう餡をのせ

 このうちヒューと鳴りが秀をいたゞきやして。

 最後のお題は、後生楽。

   八百善で茶漬誂う能天気

   総領とたかをくゝつて今日も北

   極楽は蓮の葉ひと間蛙なみ

 八百善でが秀、極楽はが前抜きでやした。かんばしくありやせんなァ。十露盤(そろばん)はじくまでもなくたつた三点で夜も眠れずッて駄洒落だらけの卯月の席の巻でございやして。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31