無料ブログはココログ

« 風情風流夏道具(ふぜいふうりゆうゑどのなつ) | トップページ | 合点天保暦衣更(がつてんにほんのころもがえ) »

2011年8月19日 (金)

志ん生圓生聞競(めいじんたつじんきゝくらべ)

思やァあつしの餓鬼じぶんは贅沢なもンでしたヨ。ラジヲォつけりやァ志ん生圓生正蔵今輔金馬小さん痴楽三平ごろごろ演(や)つておりやしたな。いまかんげえりやァ名人達人のさかりッてやつヨ。こつちァ餓鬼だから寄席なんか初(はな)ッから往こふたあ思つちやァゐねえ。ラジヲで聞くもんだと思つておりやしたもンヨ。いゝ時代ヨ。自然と耳ィこやさせてもらつたッてわけサ。絵や骨董喰いもんはてめえの金でなにしなきやァ物も味もわかるやふにならねえと言ひやすが、落語はそれたァ鳥渡(ちよいと)わけがちがいやしようナ。姿形のねえラジヲッてやつは詞とその間合い、調子が勝負。そこを聞き分けてくンだから寄席で生の所作見て聞くのとちがつてこつちの耳が鍛えられやすナ。
ま、そこでだれェ推すのかト聞かれりやァ志ん生と圓生だねえ、あつしァ。そいでどつちが大将だいとなるとこいつがむずかしい。はなァ二ツならんで天辺かと思つておりやしたが、聞きこんでいくッてえと善し悪しはあるもんだねえ。録音円盤のCDッて奴で志ん生のは五十枚、いちめえに二話ものによつちやァ三四話へえつておりやすから、百物語ぢやァねえが百話ぢやきかねえ。圓生の方は二十枚、こつちやァ一枚二話だから四十話。それぽつち聞いて四の五の言ふねえッて叱られそふだが、志ん生ならもつと聞きてえネ。圓生さんはもふいゝや。志ん生さんの咄ぢやァなんど聞いてもあきさせねへのが黄金餅と火炎太鼓。咄の天辺だとあつしが思ふンはあくび指南ですナ。志ん生さんのあの咄聞いて谷中辺(へん)の路地なんかあるッてると軒先に天窓(あたま)つッかえそふに低い古家の格子戸の柱に表札が雨風にさらされて墨の文字が浮きでゝたのぶるさがつてゝあくび指南所なんて書いてあンに出くわすやふなこころもちがゐたしやすヨ。ありそふもねえ咄なンだがそれが聞いてッとありそふに思えてくる。咄の仕掛も咄ッぷりもうめえ。ちか比(ごろ)の噺家さんで高座にかけるお人もゐるやふだが一辺聞いてみてえもンでやす。そこいくと頭山ッて咄ァありやァねえナ。志ん生さんがなんかの前ふりでこういふ咄があるよト咄てゐたと思ふがご自分ぢやァなさりやせんのぢやァござんせんかい。あつしの百話の中にやァありやせん。誰だかゞ本の中で書いておりやしたがあの噺家さんはあり得ねえ咄はなさらなかつたとか。たしかに荒唐無稽すぎる咄ァ客を馬鹿にしとりやすからねえ。圓生さんのでは死神は真に迫つておりやすし、鰍沢も好きでやすナ。
芸風ッてンですかねえ、志ん生さんは客に媚やせんし見下しもしやせん。半歩ほど身を引いておりやすナ。そこいくと俺の芸がわかるかいッて偉そうにしてる噺家もおりやすナ。みつともねえ。たかゞ噺家されど噺家でされどの方はてめえの懐にしまッといて陰で精進の種にすりやァいゝものヨ。圓生さんはなんですナ。どうして与太郎咄ィいくつもなさるンですかねえ。生まれつき天窓(あたま)のゆるンだお人を笑いもンにしちやァいけやせんゼ。容子はいゝお方なんだがあのえへゝゝゝッてェ笑ひ方ァあきんどがもみ手してるやふであつしァ耳ィふさぎたくなりやす。ま、けふはこれきり。お叱りがこねえとこで幕とゐたしやしよう。

« 風情風流夏道具(ふぜいふうりゆうゑどのなつ) | トップページ | 合点天保暦衣更(がつてんにほんのころもがえ) »

コメント

志ん生の落語がいいのですね。
私は落語家の好みを言うほど詳しくないのでよくわかりません。

本日仕事場の記録円盤を捜しました。
圓生の記録円盤が何枚かありました。
後程自宅の記録円盤を探してみます。
自宅に帰るのが楽しみです。

愚老 なの字

moon3なの字の哥(あにィ)江。
志ん生がいゝとお決めるのは早計でございやすゼ。あっしは答を言つたわけぢやァありやせん。ご自分で聞きわけてご自分の答をおさがしくだせえ。十露盤(そろばん)と違つて答は人の数だけでるもンでやす。

 喜の字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/41270669

この記事へのトラックバック一覧です: 志ん生圓生聞競(めいじんたつじんきゝくらべ):

« 風情風流夏道具(ふぜいふうりゆうゑどのなつ) | トップページ | 合点天保暦衣更(がつてんにほんのころもがえ) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31