無料ブログはココログ

« 江戸華夜咲婀娜(ゑどのはなよるのあだざき) | トップページ | 牡蠣胡椒煎【江戸料理】 »

2010年12月23日 (木)

巻の十二 都々逸手前美素(どどいつてまえみそ)

 師走だッて聞きやすが、なんですナ。町ィ往つてもどなたも走つておりやせん。今日びの師匠方ァふところがあつたかいンですかナ。マこんなのんきなこといつて歳の暮れェむかえられンのも日ごろのこゝろがけのよさ。貸しがあるわけねへが、借りも一応ねへことにして西洋暦の正月くるンでも待ちやすかナ。

甲駅馬ぐそ根津は谷風、情け深川猪牙高し
   ※甲駅=新宿。甲州街道の一番目の駅。江戸時代の都々逸「四谷新宿馬糞の中にあやめ咲くとはしおらしや」。※情け深川=情けが深いと深川をかけた。※猪牙高し=猪牙舟の船賃が高いと高速船であった猪牙が切る浪が高いをかけた。

茶屋でまつのはいとしい男、となり並木は松ばかり
   ※茶屋=江戸時代、雷門の通り向かいは茶屋町。※並木=雷門に向かう道は松の木の並木町。待つと松をかけた。

氷雨ふる夜に通ふて来れば、情けあるよト深情け

風の文字にはかわりはなけど、やけに身にしむ師走風

ぐずるをんな(女)にいさみ(勇)のをとこ(男)、はなから反りは合ひはせぬ

嚊ァたばねで女(め)下駄つッかけ、兄サ朝湯の早がえり
   ※嚊(かか)ァたばね=鬢付け油をつかわずにざっとたばねただけの髷。鉢巻をしめやすいので職人や仕事師(鳶など)が多くした。

待つておくれなせつかち哥(あに)サ、恋の時雨に濡れるまで

待つておくれよひとりで往くハ、色はふたりでひと色サ」

待つてはおれぬ年増のなさけ、色の深さにさきにいく

木枯らしさんの今夜もおかげ、主と添寝のうれしさよ

猫がわんと啼きや西から月が出、おまえの嘘もほんになる

九尺二間の薄き壁だよ、隣はなにを野暮かいな
   ※九尺二間=長屋の代名詞。長屋の一間(ひとま)は間口一間半奥行二間が普通であった。

あすはどの岸浮き川竹の、汐の満ち引きに身をまかす

三月(みつき)しばりのお妾さんよ、主に惚れたとなんになる
   ※江戸時代、三ケ月契約や半年契約の妾商売があった。

小鍋仕立の湯豆腐ひとり、乙な宵さとまけおしみ

からッと冬空哥(あにィ)のようさ、鳥渡(ちよいと)冷たくあたゝかい

吾が妻よとハ主さんうらむ、あたしャ小梅(こむめ)の日陰花
   ※吾が妻=吾妻。吾妻橋を渡ると向島。そこに小梅村があった。日本橋の大店の主が黒板塀の寮(別荘)などを建て、そこに妾を置いた。

小梅咲いたら押上女房、おまい請地と待ッとくれ
   向島本所の地名折込。押上女房=押しかけ女房。請地村は押上村の隣。

縞の着物でちらりと見返り、仇な姿の吾妻橋

畳とん\/酒をおくんナ、船宿あそび柳ばし
   ※奢侈禁止令で派手な遊びが禁じられていたとき、船宿の二階で芸者に爪弾きでひっそりと遊ぶのが流行った。宿の者を呼ぶにも手を叩くと音で外にしれるので、畳を叩いた。

哥(あにィ)水髪勇(いさみ)ぢやないか、そんなおまいにちよと惚れた

からす雪駄に蓑虫鼻緒、兄サ今宵はどこの里
   ※からす雪駄=薄墨色に染めた雪駄。※蓑虫鼻緒=蓑虫の袋を広げつなぎ合わせて鼻緒にしたもの。※里=吉原などの遊郭。

ぴんと立てたよ貝の口の手、博多で決めた男ッぷり
   ※貝の口=角帯の結び方のひとつ。二枚貝が口をあけ舌(足)を出したような形に結ぶ。手とはその舌に当る部分。武家以外がした。

【番外】牡蠣喰へど鐘も鳴らずや、大仏おわす板橋の宿
   ※柿喰へば鐘がなるなり法隆寺(正岡子規)のもじり。※板橋赤塚には東京大仏がある。赤塚の蕎麦屋で牡蠣蕎麦をすすったが鐘は鳴らず。

« 江戸華夜咲婀娜(ゑどのはなよるのあだざき) | トップページ | 牡蠣胡椒煎【江戸料理】 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/38185679

この記事へのトラックバック一覧です: 巻の十二 都々逸手前美素(どどいつてまえみそ):

« 江戸華夜咲婀娜(ゑどのはなよるのあだざき) | トップページ | 牡蠣胡椒煎【江戸料理】 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31