無料ブログはココログ

« 秋宵蜩衣漢(あきのよいあかしちぢみのをとこだて) | トップページ | 正朝屋形船宵噺(しょうちょうふなゆさんよいばなし) »

2010年8月27日 (金)

巻の七 都々逸手前美素(どゞいつてまえみそ)

 暦ぢやァとつくに秋だといふに左平治ぢやァあるめえものをいつまで居残りする気だか今年の夏ァ魂胆がしれやせんヨ。お気楽な都々逸で暑気払いと洒落やしよう。

喜世留(きせる)くゆらす姿を見れば のん気に見えて金算段

みんなもてたか見返り柳 しつぽり濡れてる朝の露

暑いさなかに日傘をさして みんな美人に見えまする

往くか深川それとも堀か 船頭(せんど)まかせの夏の宵

業平しじみ深川あさり 蛤ァ南板がしら

粋な川かぜ屋根舟ゆらし 思はず手をつく主の膝

屋根舟うかべなじみ芸者の 三味の音きゝたや暑ひけふ

待ってた秋風ふいたはよいが 舟がゆれては主は来ず

秋はそこまで来てはゐるけど 主と妾(あたし)にあきはない

本所一ツ目弁天前の、猫茶屋遊びで空ッ毛ツ
    ※(毛ツ=尻。けつの毛まで抜かれるにかけた。毛は相手が猫女郎だから)
  ※猫茶屋=こう呼ばれていた岡場所があった。

蝉の鳴き声暑ふはあるが、たつた七日の命ぢやもの

せめてひと吹き秋風さんよ、花のお江戸はしおれそう

旦那涼し気絽の夏羽織、妾(あたし)ァ思はず呂の字の無心
  ※呂の字=口を二つ重ねるの意。江戸語。

ひャッこいひャッこいひャッこいナ、水の売り声夏の風
  ※夏の江戸では甘みをつけた水を売り歩いていたようですナ。

ことしの夏は野夫(やぼ)なやつだよ、秋になつたに居残りサ

屋根舟で涼む身分ぢやありやせんが、せめてなりたや土手やなぎ

三味はむりだがせめて聴きたや、秋の虫の音涼やかに

堀におくつたかえりの船で、独りつまびく音(ね)がわびし

けふも咲いたよ吉原じまん、似多山さまのうぬ桜
  ※似多山=似て非なるもの。半可通の意。
   うぬ桜=うぬぼれ。 共に江戸語。

深川岡場所ひと汗かけば、堀の風呂船でいいをとこ(男)

世辞でまるめて浮気でこねて、まわしでじらしまたおいで
    ※上七七は喜撰の文句

涼みがてらに柳原土手、おはなおちよの怖(こわ)夜発(よたか)

九尺二間の独り寝ぐらし、隣り師匠の三味が艶

はなの下谷は長ひでりとて、くたびれ足の板橋サ

吝(けち)はこわいよ爪にともした、火が元火で野暮の火事

女のぐちが新内ならば、都々逸ァ女の胸のうち

あついは主と妾(あたし)の仲と、天狗でゐたが夏にャ負け

そつと爪びく三味でひと節、船宿二階の忍び宵

首尾はいかがと松が問えども、けふも答はできやせぬ

折込  絵日記

 え 絵師に描かしょう

 に 錦の絵にも

 つ 尽きせぬ色香

 き 肌理の肌

« 秋宵蜩衣漢(あきのよいあかしちぢみのをとこだて) | トップページ | 正朝屋形船宵噺(しょうちょうふなゆさんよいばなし) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/36396283

この記事へのトラックバック一覧です: 巻の七 都々逸手前美素(どゞいつてまえみそ):

« 秋宵蜩衣漢(あきのよいあかしちぢみのをとこだて) | トップページ | 正朝屋形船宵噺(しょうちょうふなゆさんよいばなし) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31