無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木)

十指極楽膝栗毛(いのちてのうちごくらくかいどう)

 ついこねえだのことだが、また日本人の寿命がのびたッてそうだ。女子衆(おなごし)のしぶといのはいまにはじまつたことぢやァねへがをとこ(男)もちつたァのびたらしい。七十九歳となんぼかだそうだ。でダ。指ィ折つてかずえてみたらなンと両手の十本ンの指ン中にへえッちまう始末ヨ。いまァ六十八だからねえ。コウ兄弟、先が見えるッてことはこういうことを言ふンだぜ。

 雨の野郎はしみつたれな降りなんでたかァくゝつて銀座へおでましヨ。手にハ洋傘黒蝙蝠、もう片手にやァ勝色の鹿革に鳥の子色の勝虫ちらしの印傳合切袋。長着は上布の白絣に黒橡(くろつるばみ)色の無地の帯。例のとおり喜世留(煙管)筒に漆絵細工の革多葉粉(煙草)入れぶンさげ扇子をぶちこみ、腰のみぎにやァお馴染隠居姿彫りの根付に白印傳釘貫文様黒で決めた印籠ならぬ小箱をさげのおきまり風体。足元ァ黒漆真塗三平(足駄)に爪がけの雨仕度サ。三丁目ハ裏どおり煉瓦亭のならびの小体な手打ち蕎麦屋きだで、すだち冷ぶっかけを一丁お誂え。でてきたどんぶり見て思はずうなつたヨ。丼の面(おもて)ェ整然とならべた輪切りのすだちで覆つてあんのヨ。しばし見惚れの図ですヨ。ひんやりしたつゆン中からすだちの香りを天女の衣にまとつた蕎麦ァひきだして手繰るンだが、この蕎麦がまた腰があつてうれしねえ。香り歯ごたえこれもでえじな旨味。薄味におさえたつゆがまたさわやかで跡()惹きものヨ。暑いうちァまたたぐりに往きてえネ。

 通り渡って銀座松屋呉服売場。むかしァ此処の課長がなにくれと面倒をみてくれておりやしたんだが、あちらァ身ィひくお歳、あつしァも鴨長明の真似でもと八ヶ岳に引つこんぢやつたのが縁の切れ目。ずつとごぶさたでいたんだが、余命なんて洒落たもんが手のひらにへえッてきたとなりやァこちとら黄金餅の西念ぢやァねへンだ。跡()ァ早桶棒組の日当酒手に御亡代くりやァ残しやァ御の字ヨ。ッてんで暑がりのあつしとしちァこねえだからちらちらしてる明石縮が気になるッてことでさァ。ひぐらしの羽のように薄く軽い。こいつァ殺し文句ですぜエ。お見立ては黒地の一本か鳥の子。迷いに迷ったねえ。黒の方ァ白の糸を織り込んでの一分格子。鳥の子は黒橡(くろつるばみ)色の縦縞。目を寄せてよくみりやァ縞は立湧(たてわき)文様。味なことォするぜへ。さんざんまよったが、をとこは度胸余生は短命ッ一丁着こなしてやりやしようッてんで清水の舞台から飛び降りやしたゼ。寸法きめてお頼みもうしやしたよト跡()ハこの比(ごろ)のおきにいり尾張甼(ちよう)角、大番屋(おほばんや。交番)の向かいにゝよつきりビードロ筒の洋館の二階水茶屋でしぐれをやりすごし、銀延べ喜世留で一服二服。帰りぎわのご新造さんがごようすがおよろしくてなんてからかつておくんなさるのも白絣のご利益。魚沼奥会津にやァ足向けてねむれやせんゼ。黒雲すぎて鳥渡(ちよいと)やんだそのすきに鰻屋の暖簾(のうれん)鼻ッつァきでかきわけ麦酒にうざく。〆はうな丼。やつぱり江戸ッ子は丼だネ。ぐい造りでこさえてもらつてさッとかつこんで帳場ィ素ッ飛んでゆくッてネ。そのくれへにすばしつこさなきやァ生き馬の目ァ抜けねへゼ。

2010年7月24日 (土)

巻の五 都々逸手前美素(どゞいつてまえみそ)

 都々逸ッてもんはなんでして。俳句ぢやァ脂ッ気が抜けすぎ、川柳ぢや帯に短し、和歌ぢやァ澄ましすぎッてンで、男と女の間合いを唄うにやァ丁度よろしいンですな。そんなわけでへたの横好き数打ちァあたるッてんでかき散らしやした。お暇つぶしに洒落でみておくんなせへ。

暑い言ふてもしよンないものを 言へばちッたァ気散じサ

暑いさかりに行水すれば 塀のふし穴みな埋まり

主と涼みの吊り忍舟 すだれ下ろす間肌恋し

恋の花咲くさくら餅食べ 主の心を言問団子

お金なければ通にハなれぬ あつてもなれぬ粋風情

夕べの哥(あにィ)後ろ髪だよ 伊達のいな背が鳥渡(ちよいと)気に

ゆんべの真実(まこと)嘘になる朝 伊達に言はぬが鳥渡(ちよい)醒めた

江戸で生まれて本所で育ち いまぢャ深川黒羽折
  ※羽折=羽織。江戸表記。

柳ばしから屋根舟涼み 主のお連れが邪魔ぢャわい

主さんひとり帰しはしない 明けの烏が啼くぢやなし

夕部(ゆンべ)主さんあがりもせずに かすめ通るハ悋気ぞえ

洒落でこの世に生まれてみたが 洒落をかさねて金がない

風で桶屋ぢやあるまいものぞ 風に柳とけふも往く

今宵くるかと戸口に待てば 金棒引きの無駄まわり
  ※金棒引き=吉原の羅生門河岸などで客が女郎のいる局まえに立ち止まって流れがわるくなるのを追った地回り。

主のみやげといさんで明けりや 別れつげ櫛なさけなや
  ※櫛=苦死で櫛は縁起がわるいとして、男から女に贈ると別離の意味があった。つげ(黄楊)櫛、告げるにかけた。

蓮の花さえ泥田で咲いて 清い姿になるものを

忍ばなャならぬふたりの仲は 不忍池で結ばれる
  ※江戸時代、忍ばずの池の弁天島には出会茶屋が軒を連ねていた。

鳥渡(ちよいと)爪びく舟宿二階 粋な小遊び夜がふける
  ※奢侈禁止令で派手な遊びができなくなり、舟宿の二階で芸者が三味線をつま弾いて静かに遊ぶのがはやった。

川を渡ろかこつちにしよか 鳥渡(ちよいと)気になる柳ばし
  ※大川(隅田川)を渡ると岡場所深川、江戸側の柳橋には舟宿があり、そこでも遊べた。

連れがあるうちャ遊びは野夫(やぼ)よ 色はひとりでそつと往く

宵の深川ぞめきの花も 衝立たてて夜がふける

枯れたお方と思つてゐたが 恋の芽が吹く春の風

折込都々逸

題 ゆあがり

ゆ 夕立あがり
あ 茜がさして
が かわほり舞つて
り 琉球蓙(りゅうきゅうござ)
   ※かわほり=蝙蝠。
   ※琉球蓙=夜鷹が抱えて商いに出た蓙。

題 すなはま

す 好いたお方が
な 馴染みになれば
は 箸の袋が
ま またうれし
   ※箸袋=吉原では三会目の客には客の名を入れた箸袋を用意した。馴染み客の証。

題 しおさい

し 知らぬ顔して
お 落として文を
さ 誘う未通女(むすめ)は
い 色気づき

2010年7月13日 (火)

巻の四 都々逸手前美素(どどいつてまえみそ)

どうした風の吹きまわしかこゝンとこ都々逸にはまつておりやして。なに、唄えやしやせんからへたな心太屋でして。つくばかりッて洒落ヨ。下手も下手なり数つくりやァなんとかッてえやつでして。暑い夜の気散じに笑つてやつておくんなせへナ

風の吹きよでうわさが耳に ほんに気になるあのお方

佃をんな()は白魚指で 恋の三弦弾き鳴らす

恋の三囲(みめぐり)牛島あたり 今宵逢瀬の屋根の舟

惚れたはれたも一夜の洒落と 明けの烏ですみ田川

惚れた想ひはさらさらないが なぜか気になる宵の口

けふも梅雨とて濡れちやァゐるが 主の来ぬ夜()が気がもめる

ほおずき市でお見かけしたが ずつと出逢えぬ気負い哥(あにィ

)

惚れてくれたかおみくじ引いて 好きと出てても気がもめる

来るか来ないかかんざし投げて 畳の目かずで恋占い

肴があつて酒のない夜() 揚げ屋で回しにあつたよう

川風うれしや夏の夕ぐれ つなぎとめたる首尾の松

川面つたわる鐘は浅草 さざなみたてる催合(もあい)

涼し目もとで鳥渡(ちよいと)流し目 男ごろしの江戸のあだ

酒を呑む人さくらのお人 呑めば呑むほど花の色

酒硯ぶたさサお呑みなと 呑ませておいて早まわし

硯ぶた=酒の前菜を載せる蒔絵の器。郭で使った。

まわし=遊女が他の客の所へ行ってしまう。

折込都々逸

お題

ひ ひなの風情の

こ 小梅の寮で

ぼ 惚れた主との

し しとね敷く

小梅=向島小梅村。寮=別荘、別宅。江戸語。

ひ ひつこく好きと

こ 恋文だせど

ぼ 惚れたあの人

し しらん顔

ひ ひなにまれなる

こ 小粋なをんな(女)

ぼ 惚れてみてみりや

し しおらしや

   喜三二 作

2010年7月11日 (日)

四万六千日(しんじんよくのつッぱり)

 五月の二十九ンち、当世西洋かぶれ羅馬(ろうま)暦で言やァ7月10日。久々の皐月晴れそれもあしたが晦日をめえにしての上々陽気にさそわれての浅草ふりだしに柳ばしから人形町で不義理のわび跳んでけえして浅草並木で〆と腹づもりだきやァでつかく雨ッぷりばつかりでごぶさたの雪駄ひッぱりだしてのおでかけ。上布(じようふ)の白飛白(かすり)にねず(鼠)の細身帯片ばさみ黄楊(つげ)くり貫き喜世留(きせる)筒に漆蟹ゑ(絵)尽くしの革多葉粉入れと扇子差し腰にやァ杖突隠居像の根付に刻みィ仕込ンだ釘貫柄白印傳小箱ぶッさげ足元ァ麻の白足袋にねず色染めの裏革鼻緒の雪駄。雷門はごつたかえしの大人出。土曜の休みの上にけふはなんと四万六千日(しまんろくせんにち)。たつたいちンちのけふのお参りで四万六千日分のご利益があるッてえ慾深と無精にやァありがてえ観音さま大判振る舞いのいちンち。通り抜けの仲見世は一寸刻みの二分歩き、人いきれと炎熱でうだるようなヨ。もまれてきざはしあがつて賽銭箱と思へる方めがけて善男善女の頭ごし、ご縁にすがろらふと卑しいこんぢやふ(根性)大慾(だいよく)大贋(おほにせ)南鐐(なんりよう)五百円玉ァぶんなげて、けふもお参りさせていたゞきやしたとドたまァ(天窓(あたま)頭)下げて人波かきわけ弁天山横目にすぎて弁天山美家古の戸を明けりやァほッとする涼しさ。付け台めえに腰をかけ、なんとかのひとつ覚えの浅茅の彌助を握つてもらう。まずしよッぱなは昆布〆めの平目とおなじく真鯛。二本の指で両脇からはさみ上を親指でおさえてネタを下にシヤリを上に返して喰うから、舌に真ッ先にくるのは煮切の味、つづいてネタの歯ごたえ味わい、ネタとシャリの大きさ加減が上手なんでネタが口ン中に居残り左平次になッちまう様(ざま)はねへ。赤貝は肉厚。噛みしめる歯ごたえがたまらねえぢやァねえかへ。皮を二分残したかつを(鰹)もさつぱりした夏の味ヨ。才巻海老はでんぶの仕込み。こはだは跡(後)味のほどのいゝ酢の味がうれしいネ。肉厚の煮いかと穴子白焼きのさわ煮は煮切が旨味をひきたてるねえ。〆は玉(ぎよく)、ちょい甘めのたまご焼きァ江戸の御ご馳走。そいで鮨のトリをとつてゐるわけヨ。このまゝけえッちやァお名残りおしいッてんで歯ごたえが絶品の赤貝をも一ツと握つてもらつて美家古鮨を跡(後)にする。伝法院通りを鳥渡(ちよいと)歩くが蒸す暑さに柳ばしも人形町も消えてなくなり水茶屋鉢の木へ吸い込まれるようになだれ込、歳がいもなくかき氷の宇治で汗をひッこます。暑いのはあつしァ大の字つきの苦手ヨ。勘弁してくんな、なんせあつしァ大晦日がすぐそこッて冬の申し子、夏ァ仇(かたき)ヨ。
 日陰をよつて雷門通りわたり馴染みの並木藪蕎麦。運が良くも悪くも四万六千日の土曜、蕎麦ッ喰いの行列ヨ。畳の小上がり柱ァ背負(しよ)つて、冷酒に焼き海苔。お向いの椅子席に子連れの若夫婦。亭主は洋下着(Tシャツ)の不通(やぼ)仕度なれどご新造が粋でやしたねえ。まずお顔立ち。涼しげな目元口元通つた鼻すじ薄化粧。前髪あげて赤い小ぶりの櫛を差し鬢(びん)もつめて襟足だし揚げてまとめて珊瑚の簪(かんざし)。蕎麦のたぐりようも堂に入つておりやすヨ。つゆに蕎麦ぜんぶつけるよふな野暮はなさらねえ。蕎麦のしつぽ鳥渡(ちよいと)つけてずずッとたぐつてお召あがりだ。お召物は黄膚色(きわだいろ)の地に鶯色の縞そこに破調で朱の縞がはいる粋なもの。生地は遠目で見わけがつかねえ。銀地の帯にやァちいさめの緑の柄を飛ばしその柄の合間にやァ洋酒の瓶を模した柄を配した新趣向。足元ァすつきり素足に右近の焼き桐下駄。赤い鼻緒が目にしみるッてとこだ。はいご馳走さまと野夫(やぼ)亭主とお子が見世を出、お勘定はらつて一足遅れて出がけにご新造、こちらに鳥渡(ちよいと)目で会釈ヨ。あつしも眼差しで軽くご返礼。おッと観音さまァも粋だねへ。四万六千日のご利益ぐい造りでもふくだすつたッてわけかい。ありがたや\/。

2010年7月 8日 (木)

巻の三 都々逸手前美素(どゞいつてまえみそ)

  ほの字とかいて消してはみたが やつぱりほの字とまた書いた

  洒落なら言へる惚れたの三文字(みもじ) ほんに惚れたかなかなか言へぬ

  かみなりさんは不通(やぼ)な神さん 帯をといても素通りさ

  三月(みつき)しばりも悪くはないが 百主(ひゃくぬし)三方(さんかた)せちがらひ

       ※三月(みつき)しばり=三ケ月契約の妾。金のない旦那になるとひと月しばりなどもあった。江戸語。 ※百=何にしても百文ぐらいしか遣わないケチ。江戸語。

  浴衣の胸もと団扇の風に 湯上り肌が艶めかし

  鳴海しぼりに献上博多 誰に逢うやら夏の宵

  蛍かわいや五分の身なれど 恋に身を焼く心意気

  先のことなど知るよしないが せめてもちたや新(あら)所帯

  主と内緒の秘めごとなれど ついうれしさに口すべり

  いとし殿御と飲み分け濃茶 これがほんとの恋のお茶 

  おまえ朝顔わしゃ根なし竹 すがりついても明日しれぬ             
 
    胡瓜が瓜と相撲とつたが こ(胡)ろりと負けて味噌つけた

    とこぶしさんはあわびの乾分 ぢやござんせんちび親分

    渡る歳月(としつき)面影橋よ 胸のおまえは若いまま

    青梅(あふめ)縞着て前掛しめて 上野山下目をくぐり

  釜揚げうどんは芳町(よしちよう)好み 妾(あたしァ)主(ぬし)の手ごね蕎麦
    ※芳町=江戸日本橋にあった男娼が多くいた町。 

    鳥渡(ちよいと)ひと雨やらずの雨よ 帰しともない人もある

    あやめ咲いたかいつはつまだか 主(ぬし)は花好き浮気蝶
    ※いつはつ=アヤメやカキツバタに似た花。

    梅雨もありャこそ相合傘で 肩のふれあううれしさヨ

折込

都々逸楠子姐さんのお題を拝借。にがうりのお題は暑気払い向きですが、折込は難儀でございやすヨ。

に 苦み走った
が 顔立ち見れば
う 瓜売り似つかぬ
り 両(りゃん)の果て
    ※両(りゃん)=両刀。武、の意。武家が落ちぶれて瓜売りをしている様。

わ あたしャ辛抱
か 数々したが
あ あんな百主
ゆ ゆるしャせね

あ 逢ふてみたいが
お おまえはつれない
う うわきのうわさ
め 面喰いナ

さ 酒を呑む人
さ さくらのお人
の 呑めば呑むほど
は 花の色

さ 酒硯ぶた
さ さサお呑みなと
の 呑ませておいて
は 早まわし
   ※硯ぶた=酒の前菜を載せる蒔絵の器。郭で使った。※まわし=遊女が他の客の所へ行ってしまう。

ひ ひなの風情の
こ 小梅の寮で
ぼ 惚れた主との
し しとね敷く
  ※小梅=向島小梅村。※寮=別荘、別宅。江戸語。

ひ ひつこく好きと
こ 恋文だせど
ぼ 惚れたあの人
し しらん顔

ひ ひなにまれなる
こ 小粋なおんな
ぼ 惚れてみてみりや
し しおらしや

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31