無料ブログはココログ

« 【大番外】木が紋(こがもん) | トップページ | 銀風爽々単出会(ぎんざぶらぶらひとえのであい) »

2010年5月 4日 (火)

気短男菖蒲湯當(せっかちをとこしょうぶのゆあたり)

 けふは五月四日であしたは五日老とは言へど男の子端午の節句尚武のこゝろ実正(ほん)の五月五日は旧暦でいまの暦の6月16日。そんな屁理屈ゆつたとて花やの見世先にやァ贋皐月晴れの陽光きりさき菖蒲の刃一足三文で買えるご時世ぢやァねへが偽南鐐数枚ちやりんと投げて釣はいらねへとつときなト言ひてへとこだが諸事身詰りの懐あんべえみつともねへが銅銭しつかりもらい湯船いッぺえに湯ゥはつて菖蒲一束ざんぶと投げ入れどッぷとつかつて鼻都々逸。江戸の町ァ武家の気ッ風だねえ。勝の負けるの男は度胸。尚武は勝負でそいなら菖蒲の葉刀。この湯につかりやァ湯ざめもしねへ。ありがた山(やま)でついつかりすぎ。ぽッぽとあつたか山の春の宵。

« 【大番外】木が紋(こがもん) | トップページ | 銀風爽々単出会(ぎんざぶらぶらひとえのであい) »

コメント

兄さん、粋だねぇ(=^ェ^=)ノ"
あいにくこちとら猫肌だってんで、ぬる~い日向水でジャブジャブでやんすよ~

moon3よゐこの姐さん江

 猫肌ァよかつたねえ。あっしァ餅肌かと思つておりやしたゼ。

 喜の字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/34524650

この記事へのトラックバック一覧です: 気短男菖蒲湯當(せっかちをとこしょうぶのゆあたり):

« 【大番外】木が紋(こがもん) | トップページ | 銀風爽々単出会(ぎんざぶらぶらひとえのであい) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31