無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月18日 (日)

【大番外】木が紋(こがもん)

 夕部(ゆんべ)亥の刻半ごろ(深夜11時)時だちやん(時代劇ちゃんねる)で木が紋(こがもん。木枯らし紋次郎)をやつておりやした。これがどんでん返しだらけで観てるこちちをぐいぐいひぱつていきやがる。股旅の紋次郎が街道歩いてると、首に廿五両の大金のかゝつた凶状持ちの渡世人が四五人の地回りと立ち回りをしてる。その横をれいによつて紋次郎がしらんぷりでとおりすぎる。お定まりの竹の長楊枝がお笑いヨ。切りあいを恐る恐る遠巻きにした人の輪の中に猿回しがゐる。渡世人は地回りを切り伏せて紋次郎に追いつく。猿回しもくつついてくる。紋次郎は連れをつくらねへと言ふ。三人が連れであるようなないような間合いをとりながら脇街道を往く。渡場で子分をお供にした小仏の親分の女と同船になる。男好きのしそうなその女は凶状持ちと顔見知りで、そちらのお方ァ紋次郎さんでト声をかけてくる。やがて山道。女は子分になにごとか含ませ何処かへ走らせる。峠へかゝる途中でばらばらと土地のやくざ者が飛び出し凶状持ちを襲う。首狙いだ。女と猿回しは物影へ逃げる。切り合いの脇で紋次郎は切れた草鞋をゆうゆうと履き替えると跡(後)も見ずに先に往く。凶状持ちはまたもや敵を切り伏せ紋次郎に追いつく。

 野宿の夜中も凶状持ちを狙つて敵が忍びよる。それを凶状持ちは一撃で斃す。幾夜かの野宿の場で凶状持ちは紋次郎にからむ。あの峠道で幾足りものやくざに囲まれたときなんで助太刀しなかつたト。紋次郎いわく、あつしにはかゝわりのなへこッてごぜへやす。なにィ助るのが仁義ぢやァねへのか。あつしァおめへさんにやァ義理はござんせん。一触即発。そこを猿回しが割つて入り場をおさめる。堅気のお人の関わることぢやァねへが此処はあつしが引きやすがこの決着はかならずつけさせてもらうぜト凶状持ちはしぶしぶ抜きかけた長脇差(ながどす)を引く。この凶状持ちは府中に女房と子を残してゐる。女の亭主の小仏の親分は心の臓で床に就いてゐる。

 お咄書いた戯作者がしたゝかもんだねへ。よく推理物なんかに大詰目でどんでんがえしなんてのがありやすが、このお咄ァ咄の道筋々々ぜんぶどんでんげえしヨ。見事なもんヨ。見せたかつたねえ。咄ァちくいち裏ァあきやがる。思つてもゐねへ方へと転がつて往きやがる。そいで〆ァなんてッたッてこの戯作者のお名ヨ。新田郡ッてんだからしと(人)ォ喰つてるゼ。コウそいつァ木枯らし紋次郎の生まれ在所ぢやァありやせんかい。上州にったごおりッてネ。

2010年4月15日 (木)

【番外】くうやくはずにけつこうといふ勿れ

 ついこねえだ能(ゐい)天気だつたンで雪駄ひきずつて銀座へのしたと思し召せ。ねらいは八丁目の三河屋のたくあん。一丁目振り出しにとぼとぼ歩(あゆ)んで往きやしたのヨ。此処ンとこなんだかわからねへが、やけにたくあんが喰いてへ。それもどこのでもいゝッて節操のねへもんぢやァねへ。どふしても三河屋ぢやなきァ夜も日も明けねえのヨ。あすこンちのは妙な混ぜもん仕掛もんがねへンだ。真ッちようじき(正直)なたくあんだトあつしァ思つておりやす。干だいこんを塩と昆布唐辛子渋柿の皮ァいれた糠に半とし漬けこんでンの仕上。鳥渡(ちよいと)酸つぱみがあつて、干してあつから歯ごたえがいゝンだ。繊切にして水で鳥渡塩だしゝて。そいつゥつまみにぬる燗で一杯やるのも乙粋ッてもでげすゼ。でもけふハその咄ぢやァねへンだ。最中の咄ヨ。三河屋さんから一本ひつ下げて帰り、往きとおんなじ表通りぢやァ芸がねへかえら裏通り。まず蕎麦屋の外飼猫からかつてやろふと吉田屋に寄つたら店先に女の長襦袢にてへな柄の猫小屋こせえてもらつてゐて猫兵衛は中でお昼寝うたゝねの最中ときたヨ。そつからたどつたら路地奥の裏店(うらだな)におでんの三文字。なんと湯島聖堂だかの方のひようたん形の鍋が売りのあのこなから(小半)が出見世だしておりやした。知りやせんでしたなァ。そつからまたふらふらたくあん下げて並木通りヨ。暮六ツにでもなりやァきれい処が褄ァとつてのいそぎ足だが昼ッさがりのこの時分人かげまばらのこの通りなんの変化(へんげ)か四五ッたりの人の列。近くばよつてのうれん(暖簾)見りやァ最中の空也ぢやァござんせんかい。覗けばひと坪あるかなしかの見世ンなかにも四ッたりほどの人影。予約があたりきッて聞く空也の最中、そいつがあわよく手にいるか。格子戸にいま手をかけやふとする山の手風婆さん客に問へば、予約はしておりませんが買えればと思ひトのこと。おォあつしもそのつもり。だめでもとつこ出たとこ勝負、並んで試してみやしようト列のしり。ずつしり重いひようたん形の最中拾個詰。野口の大先生お一方にお出ましねがい小銭ちやらちやら釣銭いたゞき、ねぐらへしけこんで頬張ッてみりやァやつぱり名うての品ある旨さ。初(はな)に喰つたハ死にそこないの大病のとき。見舞にもらつたが口が変はつてゝ旨くもなけりやァ不味くもねへ。いらい予約とはご大層なの勘ざわりも手伝つての喰はずきらい。喰はずに結構と言ふなかれだねえ。

2010年4月 8日 (木)

薫風江戸巡(かぜかほるまちめぐり)

Causokp7

 如月廿四日のけふ、世間なじみの西洋歴4月8日、光るひざしに誘われてくりだす先は柳ばし。大川の汐の香もうれしい春気ひとつにとけいる神田川その岸脇のご存じ大黒屋。目のめえで揚げて供してくれる天丼のいつもの決まりにちょいおごり、時季のはまぐり先に別誂え。揚げたてあつあつに小塩ふり頬張りやァじんわりしみだす旨さの甘み。やつぱりはこゝンちのは吟味されてゝまちがいねェ。続いてお定まりの天丼ハ添えの精進揚が旬のそらまめ楊枝に串刺し。気のきいた趣向ですヨ。跡(後)は才巻海老が二本小柱れんこんのかき揚。色紙に切った豆腐となめこの赤だしにみつばを散らした小椀と三種のお香々(おこうこ)。ごちそうさんでお向かいのこれもいつもの伝の小松屋でいまが時季の手むきあさりの佃煮にきゃらぶきの佃煮。こゝンちのを喰つたらよそンちのァ喰えねへ。跡(後)味に甘つたるさァなくて切れ味が江戸ッ子よ、すつきりしてらァ。あばよまたくらァで風に吹かれて人形町。三日月座の二階に腰ィ落ち着けて特急珈琲すゝつてると窓の外のぞめき。なにごとト二階から見下ろせば新しくはじまるテレビドラマの役者連のおねり。大通りとめて緋もうせん延々と敷き詰め阿部寛黒木メイサ主役脇役ぞろりぞろりの顔見世あいさつ。そいつゥ戯作者監督お役者溜りの三日月座から見下ろす果報は運がいゝ。秋の旦那がお預けくだすつてゐたお戯作とその舞台収めた録画円盤を脚本連の大将からうけとつて、こんどは馴染みの浅草履物長谷川へ。取り寄せねがつた足駄に金茶の鼻緒をえらんですげてもらう。この色なりやァ紺足袋白足袋足袋ィえらばねへだらふとの安魂胆。雷門めえの岩美屋でのし餅を。こゝンちの餅ィ喰ったらよそのは口にできねェ。とって返して雷門ずいとくぐつて仲見世をたどつて瓢たんや。象牙細工のこの見世で倅の嫁の誕生祝に根付の瓢箪。

胴をあけりやァ手のひら清めの香粉入になつてゐるッてェ仕掛物。また無事に一年過ごしてくんナのこゝろ入。鳥渡(ちよいと)亀屋によつて人形焼に胡麻せんべい。どつちも此処のォ喰つたらよそンちのは喰えねへ。風に吹かれて舌ッ先で巡つた江戸の町。けふもいゝいちンち過ごさせていただきやした。ありがたふおざりィやす。

2010年4月 4日 (日)

春風桜墨堤(かぜひかるさくらのぼくてい)

 けふきさらぎの十九ンち西洋暦の言ふ4月3日、気のあつたともどち(友達)と浅草雷門ふりだしに待乳山聖天さまひとめぐり。山からながむ向島天の半ばの空木(スカイツリー)塔、花見遊山でごつたがえす竹屋の渡しかすめてわたる桜橋。かすみの空ァうつしてながるる浅草川越えてたどる墨堤は名はいつわりの紅染めのォ桜堤のあでやかさ。羽織は黒羽二重に薄ねず焦げ茶の色分けつつこみ羽織紐茶に黒縞の袷のお召に鼠の帯喜世留(きせる)筒に多葉粉(たばこ)入扇子差し込み腰の右にやァ杖突隠居の根付でさげた印伝小箱。足ァ桐形極細紺足袋くすべの細身鼻緒の雪駄ちやらちやら。手にはいつもの伝の印伝合切袋もふ片方にやァ転ばぬ先の黒檀杖南鐐の握りしつかと握りごめんなすつてと遊山客ゥかきわけて桜餅の山本屋の大行列横目にながし言問団子の列の尻。長々待つて見世の内そそくさと三色団子頬ばつてやれおちつかぬと見番通りへ逃げ込んで京小間物まねき屋でポチ袋。お大尽にはほど遠い百隠居の身祝儀と出しやァ身のほど知らずが人を小馬鹿にするかしやらくせトお叱りうけるは百も承知のポチ袋ながら一度は袂に忍ばせたやト買い込んでちよいと見つけた棚の隅。布の多葉粉入に木の火はたきの根付。鳥渡(ちよつと)拝見と手にとらせてもらえばきつちりとしたすんぶくるいのねえ袋職人の仕事留金具は四分一に象嵌のお値打ちもん。火はたきの丸い根付にやァ家紋を彫りこんでお渡しいたしやすト念のいつた趣向。隠居も歩けば掘り出しもんにでつ喰わすッてたとえ。こいつァ春るから縁起がいい。浮かれ調子で三囲(みめぐり)牛島吾妻橋並木の藪に転げこみ腰落ち着かせ板わさで麦酒ぬる燗で焼のりざるで〆てけふのお開き。めでた桜の墨堤めぐり。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31