無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

【番外】童唄籠目判秘帖(わらべうたかごめはんじひちよう)

 知合から電子飛脚で文がきて、餓鬼の遊びのかごめ\/の唄の謎ときをしろッてのヨ。おめへでやんなッて言つてやつたんだが、鳥渡(ちょいと)おもしれへンで、あつしもしとつ(ひとつ)と膝ァのりだしたッて咄ヨ。あつしもてめへでおッちよこちよいだと思ふゼ。
 唄ァこうだ。/かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ/ すこしづつちがうのが地方によつてあるらしいが、あつしァこの文句でねへ知恵ェしぼつたと思つておくんな。
 まず初手(はな)の/かごめかごめ/ヨ。こりやァ籠目籠目で、竹駕篭の粗い目のことでやしよう。文様にもあるあれサ。いまのじでえ(時代)なら籠目洋醤油(カゴメソース)の商標だ。つぎの/籠の中の鳥は/の籠はその粗い目で編まれた籠、ソウヨ鶏を飼うとき逃げねへよふに上からかぶしておく釣鐘形の籠のことでやしよう。かごめかごめハ籠の目とかこめかこめにもかゝつてゐるのは洒落好きの江戸ならあたりめへの詞あすび(遊び)。その籠ン中の鳥ッて言つてゐるンだが、鳥ッてのは譬えでつぎの/いついつ出やる/の文句から考えりやァそこからでれねへ人を指してると言へるンぢやァねへか。この唄ァ徳川時代のもんだらふ。あの比(頃)ァあからさまに言ふことはご法度。そいで人を籠に入った鳥になぞらえてゐるンぢやねえだろうか。現に罪人(つみびと)を地方から江戸へ運ぶまた江戸から地方へ運ぶにやァ唐丸籠がつかわれておりやしたから、ずばりでもあるわけヨ。唐丸籠ッてのは籠目文様のやふに竹で粗く釣鐘形に編んだ大きな籠で、罪人は縄掛されて板の上にあぐらをかゝされその上からこの籠をかぶされる。逃亡をふせぐためにさらにその上から網をかぶせて担いで運ばれたそうでやすナ。道中まつたくでることはゆるされず用便も尻の下の板にあけられた穴からさせられたッてッからまったくでるこたァできず/いついつ出やる/ダ。こゝの文句を/出会う/と唄う処(とこ)もあるやふだが、そいつァきつと/やる(/ya ru/)/の子音/y/と/r/が抜け落ちて/au/(会う)になつたンだらふ。や行音もら行音ももと\/あつしらこの邦のもんにやァ発音が苦手な音でやすからネ。咄ァ鳥渡もどるが、唐丸籠の唐丸ッてのは越後でつくりだされた鶏の種類で、軍鶏と書いてとうまるとも読ませておりやしたナ 。つぎの/夜明けの晩に/だが、こいつァ難問だゼ。/晩/は夕方の晩なのかねへ。番ともとれるゼ。そふとると/夜明けの番に/だ。/鶴と亀と滑つた/の意味がちがつてくらァ。いまゝでほとんどの絵解きぢやァ鶴も亀も長寿の印それが滑つたンだから命が短くなつたと考えてンだが、夜明けの番(寝ずの番)の鶴公亀公がしくじつたンで捕えられて唐丸籠でおくられる、そつァ誰だッて咄の唄になりやしょう。どん尻の文句/後ろの正面だあれ/、これァ唐丸籠を担いでる後の者の正面、まさに籠ン中の人間、それは誰だと言つてるわけヨ。罪人を運んでる沿道や宿場で、籠の中なぞのぞくことなど許されちやァゐねへ。そいでそいつァ誰だと唄つたンぢやァねへかねえ。マこりやァあつしの推量だからネ。あたるも八卦あたらぬも八卦。おもしろかつたらお慰み。ヘイお退屈さま。

2010年2月14日 (日)

天保暦年賀状

初春のお祝申しやす
平成廿二庚寅年元旦(西暦2月14日)

江戸学一本鎗で足掛五年身になつたかならぬか勉学の駄賃戯言綴つてかれこれ百話お目汚なれどお読願へれば身の仕合せ
べらんめへブログ『喜三二江戸っ子修業手控帖』

Photo

いまは旧としがねへ暦だが日本の季節の折目が瞭然なのは天保暦またの名を千年の余もこの邦の日々を刻んできた太陰太陽暦けふ始まる年明のお慰みに今年の新旧対比ご覧に供しやしよう。
春・一月元旦~三月卅日
    西暦2月14日~5月13日
夏・四月一日~六月廿九日
     5月14日~8月9日
秋・七月一日~九月廿九日
       8月10日~11月5日
冬・十月一日~十二月卅日
      11月6日~2月2日

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31