無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

吉原合掌巡(ほくりゑかうめぐり)

 師走六日の大寒がくりあげとなつたか凍てつく神無月十月六日(新暦11月22日)の朝四ツ時ぶん(約10時)、流しの駕篭ォ雷門でしろい大川橋(吾妻橋)右ィ流して花川戸から江戸通りィ真ッつぐに待乳山聖天さま。ありがたふト乗り捨てりやァこの寒空の下ぽつねんト娘御一人。目と目が合うがこちとらァご縁のあろうはずもねへ枯れぢゞい。脇ィごめんなすつてト抜けて山門へ。薄雲一家のお方たちァすでにおそろい。とふに大根の奉納礼拝はすませた様子。先達(せんだつ)姐さんがともなつておくんなすつてあつしもおくらばせながら本堂へ。真ッちろい大根いつぽんお納めさせていたゞきやした。供物台めえの小箱の茶色の粉を指先でつまんで手のひらへ。こすり合せりやァありがたき香り、こいつァ沈香か。これで身にしみついてた邪気も失せやしよう。サテ丁度時間となりましてト連れ立つて境内くだりやァさつき人ッ子一人だつた辻の角にやァ若いおむす(娘)の衆が十ッ人リ(とッたり)も廿ッ人リ(にじゆうッたり)もの人だかり。けふはなんかあるンですかい。ト首ィかしげてよく見りやァあつしらの先達姐さんがそン中に。なんとこの大所帯(おほじよたい)がうちらの集まり。よくぞいまにも白いもんおとしそふな寒空の下お集まりになりやした。東深川西四谷新宿南品川北吉原北國(ほこく)北州(ほくしゆう)北里(ほくり)花のお東都(ゑど)の華の華北里のその灯消えて幾星霜いまをたずねてむかしを偲び紅の御霊を弔はむと参集(さんじゆ)せる老若善男善女卅ッ方(さんじッかた)今土橋を振出にいまァ埋立られた山谷堀そのひよろなが公園を一路大門(おほもん)目指し往く。堀ィならんで左にあるはずの土手八丁日本堤の姿がねへ。そいつゥ削つてこの堀を埋めたか日本中の大名の労苦も土の露と消え果てたか。いざッてェときハ裾をからげて爺ンジばしよりト決め込む腹のパッチ(絹股引き)の雨支度。足元真塗(しんぬり)足駄、赤樫薄歯がサク\/と土を噛み小気味いゝ歩きごこち。足駄ァコンクリじやァ生きねへ、日本の履物ハやっぱり土の道で磨かれてきたのヨ。やがてひよろりと一本柳の木。寒気に緑も冴へねへが、その名も艶な見返り柳。後朝の別れに後ろ髪ひかれて振返るか、振られてくやしく振返るか。そこが粋と野夫(やぼ)との別れの柳。左へ衣紋坂。なんとか引(ひけ)めえに大門をくゞろふと息ィきらして江戸から駆けつけ、こゝで衣紋たゞして坂ァくだる。いまァ平になっちまいやしたが、曲がりくねって大門見通せねへハ昔と同じ。五十間道で大門跡。いまぢやァわびしい茶の柱が両脇にひつそりと立つばかり。それと言はれなきやァ見過ごす風情。くゞつてへえりやァ番所があつたッてへ処(とこ)にハいまぢやァ交番所。うまくしたもんだねえ。江戸のむかしは女良(じよろふ)の逃げ出しやうさん臭へ奴を見張つたがいまハ誰を見張つて日をすごすやら。お歯黒どぶも埋立られて、いまハ変哲もねへたゞの横丁。歩やァわきに石段二三段。これだけ土盛で高くして新吉原をつくつたのが知れやしよう。こゝいらハもともと田圃ばかし。山谷堀はァすぐに水がつくッてんで、幕府の命で諸国の大名合力で三ノ輪までつくつた堤が日本堤。元お歯黒どぶをたどつてぐるりとまわり、江戸町一丁目弁天池の供養塔に手向けの線香。関東大震災で火に追われ逃げまどったお女良(じよろう)が命を落した。昭和20年3月10日、三ツ子のあつしが遠く青山から東の空一面が炎と輝くのを見たあの東京大空襲でも、この吉原では命を落してゐたゞろふし、喧嘩と火事は花と言った江戸ッころァ逃げ口のねへ吉原に火がでりやァそのたびにお女良が若い命を落して果てた。線香一本でともらえるもんでもねへが気はこころ、勘弁しておくんねへト手ェ合わす。仲の町の角見世で先達姐さんお手配の熱々今川焼。こいつハうれしいありがて。凍えた躰があつたまる。懐かしいねェ。子ども時ぶんはよく食べやした。バリがたくさん出てゝこれがまたおご馳走。パリパリ香ばしくつて、中ァとろりのつぶし餡。さらりとした甘さが洒落の吉原。こゝで鳥渡(ちょいと)腹ァつくつて、今度は遠のしゝて三ノ輪浄閑寺。江戸の比(頃)投込寺で知られた浄土宗の寺。曇天夕闇迫るなか、本堂の裏手にまわれば大欅の葉陰に無数の骨壺を納めたといふ石積の新吉原総霊塔。安政二年(1855)の大地震、吉原のお女良が大勢死に、その骸(むくろ)が投げ込み同然この寺に葬られ、いらい投込寺の名が通り名になったと聞きやす。総霊塔が建立されたァそれよりずっと跡(今の言い方では前)、寛政五年(1793)。いまあつしが手ェあわせてるのは八十年ほど跡の立て替えといふ。投げ込まれたお女良はどれもこれも廿一二にゝなるやならずの若さの盛り。年期証文身を売られ、お歯黒どぶと格子にはゞまれて、十七十八十九の花盛り、泥水稼業の明け暮れに心も病んで身も果てゝ、咲いてかゞやく命ィけずられて、やっと恨みのどぶヲ越へたのハ屍の身。身ぐるみはがされ筵(むしろ)一枚最期の仕掛け(花魁の衣装を言う)。総霊塔にぬかずいて手をあわせても詞も出やしねへ。けふの寒さは遊女女良の骸の冷えか。へたな慰めァ啌(うそ)なる。涙も流れぬ心の闇の暮六ツ時。たゞ黙して合掌。

2009年11月17日 (火)

大通花傳書(つうのごくゐ)

 こゝンとこずっと洒落本を読みあさってるンだが、けふ開いたハ大通傳ヨ。しと(人)にあやつァ野夫(やぼ)と後指さゝれちやァしゃくだからなんとかして通にァなりてえものと思ふやつに、こいつヲ読みなと書かれたありがてえ一書だ。要領ッてか秘伝ッてのかゞ二十五ヶ条にわたって明かされた虎の巻だナ。ぜんぶ引写したら盗人みてへだから、鳥渡(ちょいと)さわりンとこをやらかしやしょう。
 第八 居続(いつゞけ)の時あまりつきそふて居は飽(あき)がくるか首尾(しゆび)がわるなるかにてつきる縁(ゑん)とおもふべし
 ーーーこりゃあ考えもんだぜ、言ってみりやァみようと(夫婦)なんてもんハ永の居続だもんナ。
 第十四 心中して是非(ぜひ)死ふとおもふ相談は大方(おふかた)夜するもの也(なり)夜は人の気陰(きいん)になるものゆへ死ぬまいはづも不斗(ふと)死(しぬ)るやうに成なりたがひに今一日分別(ふんべつ)すべし
 ーーー夜床について明日の金の算段なぞするべからず。気落し首などくゝりたくなるもの。朝日を浴びながら夜逃げ心中の相談するものはなし。お天道さまハありがてえヤ。
 第十五 四十迄(まで)は色ぐるひなり四十より後(のち)は色あそびなり女郎よんであそぶとおもふべし
 ーーー六十路に至れば色もかすれ浦の苫屋の秋の夕暮れ。
 第二十 女郎がつめらばいたがるが情(なさけ)なりつめりかへすはけんくわなり
 ーーー痛くない振りするハ野暮の野夫(やぼ)。
 第二十一 請出(うけだ)せば女郎の我もつやなし常(つね)に我内におかず外に囲(かこ)ふておくは格別の事とかく請出すまでは張合(はりあい)ありていろ\/筆につくしがたし夫(それ)までは我も請出(うけだし)たく大かたおもふものなりそこが花なり功なり
 ーーーこの条、第八に通ず。落着ば落着かなるッてわけだ。肝に命ずべし。
 第二十三 女郎はまことなきとおもふが実(まこと)なり客ごとにまことあらば皆(みな)うそなるべしこゝが花なり
 第二十四 床(とこ)へゆかぬあそびをよしとおもふは心得(こゝろへ)ちがひなるべし床にての事は心まかせなり
 ーーー鮨屋で弥助(鮨)をつまゝず刺身小料理をつくらせ酒を食らい、これを通と思ってるとんちんかんがおりやすナ。鮨屋は鮨が売物、蕎麦屋は蕎麦が売物、呑屋は酒が売物、銘酒屋は二階が売物。
 サテこの極意書、戯作者は高慢斎。安永六年のものかネ。ソンジャけふのお勉強ハこれまで。御免なすッて。

2009年11月15日 (日)

九尺二間極楽住(うらだなごくらくずまひ)

 廿数余年のお店もん卒業して、一本立になったのは四十字(よそじ)の半ばすぎ。世に身ィたてる気ならば遅過ぎるッてもんだが、そんな気もなくたゞそれまでの世界でてめえのやることおわったンで出てきたゞけの覚悟なしがあっしの覚悟。そいでも頼まれ仕事はついてまわり、どっか腰をすえるとこがなけりやァはじまんねえト赤坂場末の西洋旅籠(ホテル)の一間を賃借(ちんがり)。西洋旅籠のひと部屋を仕事場にと言やァ聞こやァいゝが、なんのこたァねへお独り部屋(シングル)の間借人。本棚机に椅子、客と向ひ合ふ机と椅子二脚入れりやァ身動きもとれねへ裏店(うらだな)ヨ。そんな手狭の小部屋でも、借りた初日ハ塵箱ひとつねへ伽藍堂。床に寝ころがって天井見上げたときやァ思わず二度となにがあっても勤めハしねへと警動(けいどう[※1])くらった蹴転(けころ[※2])じやァねへが腹の底から思ひがわいて知らず\/に手足を思いっきり伸ばしておりやしたナ。上に人なし下に人なし。天上天下唯我独立。われ独り立つッてわけだ。それがこんなに気分のいゝもんだとはその日まで思ってもおりやせんでしたヨ。
 それからなんだ神田で八つのお山の庵にひっこんで隠遁暮らし。これが十と五年、足掛け廿年。また花のお江戸へ舞い戻ってくることに成田山。こんどハどこをねぐらの鴉かなデ参考に池之端の資料館に裏長屋ァ見せてもらいに行って目から鱗。移築されてンのハ大正の御代震災まえのもんだというが、江戸の町ィうめつくしてた九尺二間の裏店とほとんどおンなじ。それが明治を越えて大正まで続いて来たッてんだ。間口が九尺、一間半ッて勘定、奥行き二間。ぜんぶで六畳の広さッてェ十露盤(そろばん)だが、世の中そうハいかねへ。腰板障子を開けて入りやァ土間が三尺、そこに煮炊きの場があり、上がれば畳分が四畳半。人間起きて半畳寝て一畳。これで暮らせンだねえ。みょうと(夫婦)二人ひッついて寝りやァこれで充分てことだ。欲と物ォもたねへ暮らしがどいだけ気軽か。子ができりやァ川の字で寝て六ツ七ツで手習指南所に通わせ読み書き仕込み、八ツ九ツ十で丁稚奉公。先さまで商(あきない)のいろはから十露盤、職方でもおなじこと。仕事から世間のことまで寝る喰ふ着る付きで仕込んでくださる。つぎに観に行ったが深川の資料館の九尺二間。押入なんぞありやァしねへ。鴉カアで起きたら布団は隅に畳んでつみあげ、枕屏風で囲って隠す。風情があるゼ。寝てるときハ文字通りその枕屏風を枕元に立て、目隠しとすきま風ふせぎの一石二鳥ッてへ重宝物。床は板張りッたっていまみてえの貼ッ付合板ぢやァねへ。ほんもんのむく板だ。杉や檜だから温かみがあらァ。咄に聞きやァ入口の腰板障子と畳は店子持ちだそうだ。畳買う銭がなけりや筵(むしろ)を敷いて暮らす。働いて銭がたまったら畳を一枚買う。またたまったらまた一枚買う。そいでいゝのヨ。障子だってゝめえの才覚で買って入れるンだ。だから障子に大工八五郎だの仕立銀次なんて堂々と書いて招牌にしてゐるわけだ。この文字を書くのゥ商売にして町を流して歩いてるのもゐたッてんだから江戸の町ァなにィやってもその気のあるやつァ喰っていけたありがてえ町ヨ。こねえだ向ふ両国の江戸東京博物館をのぞきやしたら、指物師の九尺二間が再現されておりやして、こいつも目から鱗ヨ。指物仕事は言ふまでもねへが、木屑おが屑鉋ッ屑のでる仕事。どうしても板間でなけりやァならねえ仕事ヨ。見りやァ部屋の隅に畳が三枚積み上げてあらァ。そうしておいて板間で仕事。終わりやァ畳を敷いて寝床つくる。一間で寝る起きる飯喰ふ仕事するなんでもござれだ。欲もなけりや財もねへ。素寒貧だが仕事の腕は身についたもん。こわいものなぞなんもねえ。ざまァみやがれッてェ小気味いゝ生き方だねえ。あゝ、あっしもこふ生きてえト得心したわけヨ。

【附(つけたり)】
[※1]警動(けいどう)。私娼窟の町奉行所の手入れ。捕えられた私娼は吉原の最下級の局などで懲らしめとして二三年賃金なしで働かされた。これを勤めと言う。二度のお勤めの言は吉原へ二度送られる意。余談だが、女郎の揚代金を勤めとも呼ぶ。勤めの言は女郎勤めの意を指していた。
[※2]蹴転(けころ)。蹴転(けころばし)の下略。私娼。下谷浅草などにいた。綿服に前掛姿で白人(素人)なども多かった。

2009年11月14日 (土)

恋口醤油実生浮世絵(ゑどのほまれいきうきよゑ)

 山ノ手の根の岸のわびずまひ日暮(ひぐらし)寒し芋坂下羽二重團子ずいトへえッてあつらえる濃口醤油香る焼(やき)ひと串にそえるもふひと串ハさらし餡姐さんその一皿ぐい造りでこせてくんな。ハイお待ちト茶ァそえて出されたこゝンちの團子の旨さハいつ来てもひさしいもんヨ。余所ぢやァ味わえねえやわらかさと旨味なんと言っても江戸の自慢の濃口醤油ちょいこげの香りがたまらねへ。上品(じやうぼん)のさらし餡のなめらかさ。これが焼の香ばしさをまたひきたてる。餡と焼、焼と餡。対で喰ってこの二(ふた)串ハ比翼の團子ヨ。小腹ァみたし庭の床几で多葉粉盆引き寄せ一服二服銀延べぽんトはたいてサテでかけるか。黒八袷羽折に濃色(こきいろ)結城の金茶縞袷長着あひ着ハ焦茶縦絞の袷長襦袢に焦茶の半ゑり帯ハ金茶と紺の昼夜帯桐形紺足袋鴉の雪駄に蓑虫の鼻緒左手にァ季節早採りすぎの黒地黒漆梅花散らし印傳合財袋利き手には転ばぬさきのしろがね(銀)造(づくり)握りの黒檀杖。腰に藍染女持(めもち)叺(かます)に篠竹編の喜世留筒黒縁扇子後腰に己が姿を彫ったかト杖突きぢゞいの象牙根付に白皮黒漆印傳仕立ての印籠見立小箱をぶら下げぶらりト踏み出す芋坂の登り。いまァ坂も名ばかり。鉄路を一丁の余もまたいでわけいる谷中の霊園。こゝはァ野夫(やぼ)がえば(威張)った明治の匂い。ごめんなすッてト桜並木ィ通り抜けりやァじきにぶつかる大通り。右ィ往きやァ三崎坂ァ下って団子坂下千駄木の四ツ辻に左とゝりやァ上野桜木根津から坂ァ上がって江戸の果ての言問橋へ出る言問通り。けふの狙い目ハ大黒屋。トなりやァ左手(ゆんで)にとって、ぶら\/と。道具やを素見でやらかし、真ッつぐ往きやァ嵯峨の家の見世ッ先。醤油が焼けるいゝ匂いが鼻ッつァきかすめやがって、けふハ大黒屋と腹に誓った覚悟がゆらぐ。エイこゝンちの煎餅もうめえからなァ。未練断ち切り上野桜木の丁の字辻。よく見りやァ向ふにへえる細い道のある四ツ辻。左脇にやァ昔の酒屋の建物がそっくり残ってるのも町の風情。言問通りを右にとり、根津をめざして坂ァ下る。商店(あきないだな)がおほくなった辺りで、たしかこの辺(へん)に大黒屋と思ふンだが、めざすそれがねへ。根津の女狐に化かされたかトあおげばはげかゝった招牌(かんばん)昔せんべい大黒屋。なんでへけふハ休みときめこんでンかい。定休木曜日だとヨ。運が悪いがあっしの運。業腹でィ坂ァのぼりなおして嵯峨の屋へトモ思ったが、それほどの根性もなし。まゝよト根津の辻ィおり、いっそ千駄木菊見煎餅まで足ィのばすかト腹ァきめ横丁づたいに雪駄をはこぶ。空はどんより雨となりやァ鴉も濡れ羽でおしゃかになり洒落にならねへ空模様。せっせと足ィ運んで千駄木へ。なんとか降らねへ間に三崎坂。鳥渡(ちょいと)上がりやァ柳の向ふに江戸から馴染みの木造り商店のたゝずまい。やっと着きましてございますの菊見煎餅総本店。それにしてもいゝ香りだねェ。江戸のほまれの濃口醤油の焦げる匂いがたまらねえ。なまッちろい薄口醤油ぢやァこうはいかねえ。ざあまあみろッてんだト三品(みしな)ほど包んでもらい、ひょいと見りやァなんとまァこの見世ハ美人揃ひ。なんべんか来てる見世なんだがいッつも煎餅に気ィとられて目にへえっていなかった。内儀ハりんとして品がよく娘子はどこのお屋敷のお嬢さまか。こんな奇麗がそろってゐなさって話題にしねへとはいつからお江戸は野暮におちぶれちまったのかねえ。これが往時なら、笠森おせんか菊見むすめト評判とったハ間違いねへ。エヽイいまの世に春信や哥麿はいねへのかい。ゐりやァさしずめおッかさんを哥麿に大首絵でおむす(娘)ハ春信で立姿。後世に残る艶姿になるぜィ。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31