無料ブログはココログ

« 【番外】吉原ハ日暮レテ道遠シ | トップページ | 【番外】鼻高屋の巻<十九>川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる) »

2009年9月19日 (土)

【番外】運が良けりゃぁ

 ずいぶんとめえの活動なんだが山田洋次大棟梁のにィ「運が良けりゃぁッてのがありやして。ずっと莫迦ァ描いてきてる棟梁さんなんだが、こいつハそのかなりはえへ比(頃)のもんだト思ふヨ。なんてたって、立役が寅さんの渥美清ぢやァねへ。そのめえにしばらくやってたハナ肇ヨ。これをめえにいっぺんテレビで観やしてネ。くだらなくおもしれへンでもいっぺん観てへとずっと思ってゐてサ。だもんで、こんどその録画盤(DVD)を損料屋から借り出したと思ひねえ。
 この咄ァ落語がネタでさ、突落しだの小言幸兵衛だの、黄金餅をつないでつくってるンだが、観てゝそこがまた面白味ヨ。オウこの場面ァあの咄だなとか、こつァあれだゼなんてァ楽しみがあるッて仕掛けだ。
 でダ、はなの場面がいゝやネ。江戸ッ子気ッ風てのはこうだぜィッて描いてンだ。山周だの山一に観せてへね。
 しょぼくれた長屋が舞台ヨ。ぼろォまとったさえねへ男がめそ\/井戸ンとこやって来て、娘ェ吉原に売ってつらいッて独りでぼやいて懐に石ィ抱くのヨ。そこィハナ肇の八の大将が子分格の長屋の仲間とけえって来る。いまァ井戸ィ身投げするッてェそいつゥ見つけンだ。こつァてへんだッてんで、助けッかッて思ふだろう。助けねえへンだネェこれが。二人して、腕組みして見てンのよ。そいで言ふのヨ。「コウ死ぬのか、見てゝやッから飛び込みねへなトネね。そふ言はれると人は死ねゝへヨ。石ィ懐に抱いたまゝぐず\/しちまうンだ。「なんでへ飛び込めねへのか、手伝ってやらァ。ト二人して、そいつゥ後から抱き抱えて井戸ン中落とそふとすッと、こんどは逆サ。死にたがってゐた野郎が「助けてくれッて悲鳴上げる始末サ。「死なねへのか。娘ェ売ったくれへのことで死んでたら、命いくつあっても足りねへヤ。井戸ォ飛び込むなんてしみったれた死に方すンねへ。そん中で腐られたら、みんが困るンだ。ッね。これよ。これが江戸の人情だぜ。お可哀相さぞおつらいでしようなんて、べた\/しねへンだ。そのくれへのことでどふすンだいッてネ。死ぬのはてねえの勝手だが、世間様に迷惑かけるンぢやァねへッてことヨ。江戸ッてとこハこういふとこヨ。てめえのことハてめえの覚悟で生きてきなッてことだ。いゝねえ。さっぱりしてるねェ。これが江戸ヨ。山田の棟梁、分かっていなさるねェ。活動のとッかゝりにこの場面つくったなンぞさすがだゼィ。

« 【番外】吉原ハ日暮レテ道遠シ | トップページ | 【番外】鼻高屋の巻<十九>川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/31438513

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】運が良けりゃぁ:

« 【番外】吉原ハ日暮レテ道遠シ | トップページ | 【番外】鼻高屋の巻<十九>川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31