無料ブログはココログ

« 偽指切起請(うそなれどまことのあかし) | トップページ | 魂胆洒落草(はらづもりしゃれなぐさ) »

2009年7月21日 (火)

【番外】大慈土用井戸還(おほうれしなつのゐどかへ)

Photo  うだるやふな閏(うるう)皐月[※1]の廿四日(にじゆふよッか)。鰻も焼ける土用[※2]の三日めえ。お馴染み紅毛暦[※3]で言やァ7月16ンち。お天道さまァ真ッさかり。天然月代じり\/と。焼ける薄髪青菜に塩。入谷火除けの広小路[※4]。池[※5]をしだり(左)に忍ヶ丘[※6]。森の緑の奥深く。お忍び梅川[※7]座敷で、袂に風入れ、一息ついた生麦酒。ご無沙汰ご無礼久しいものゝかれこれ卅(さんじゅう)年。理由(わけ)あって勝手に身を捨て生別れ、させてもらってた姉二人との再会に、互いに見合わす老いた顔。知らずに町ですれ違やァ、それと気づかず行き過ぎる。三昔(みむかし)の歳の重ねハ並ぢやァねへ。つもる咄もあれこれと、切りなく果つることもなく。汲みつくせねえ大井戸の、涌き出る咄の種に種。はかねへ縁の薄さか蜘蛛の糸、生みの親のおッかさんともぷっつり切れて生き別れ。そのおッかさんが手にして去ったぢいさんの、遺愛の井戸茶碗[※8]、めぐって姉の手の元に。あたしゃア卅年のあいだ預かってゐただけ、こりゃアおまえが使いなせへト手渡してくれた情けの茶碗。ありがたふの礼も思わず湿る涕の声。モひとりの姉からも、茶碗一客贈られる。長年大事にしてきたと言ふ大振り碗。瀬戸の釉[※9]か、渋い色。覗きやァ見込みがたっぷり広い技の造り。いかにも茶筅が振りやすいと見たハ間違いなし。点てる薄茶も芳ばしく、思ふだけで立ちのぼる碾茶(ひきちゃ)の香り。濃茶薄茶の二碗(ふたわん)に込めていたゞく姉の恩。礼は言っても言ひ切れへ。不束(ふつゝか)ものはご存じの弟なれど、許してもらいてへ。

【附(つけた)り】
[※1]閏皐月。閏五月。太陰太陽暦(通称旧暦)では今年(平成二十一年)には閏月がひと月五月の後に入り、夏が四ヶ月間になった。
[※2]土用。ここでは夏の土用をさす。
[※3]紅毛暦。現在日本で使用されている暦。グレゴリオ暦。
[※4]入谷火除けの広小路。現、上野広小路。江戸時代に、火事の延焼を食い止めるために道幅を拡幅した箇所。他に浅草雷門前や両国橋袂などが知られる。
[※5]池。不忍池、の意。
[※6]忍ヶ丘。通称、上野の山。
[※7]梅川。梅川亭。元貸座席。10年ほど前から、池之端伊豆栄の出店の一つとなる。鰻割烹。http://www.unagidaisuki.com/umegawatei.html
[※8]井戸茶碗。抹茶茶碗。高麗伝来と言われる。大きさ、釉薬の色合いなどで様々に分類されている。
[※9]瀬戸の釉。濃い茶色と明るい茶色の釉薬に特色がある。古瀬戸などの茶入なども古くから知られている。

« 偽指切起請(うそなれどまことのあかし) | トップページ | 魂胆洒落草(はらづもりしゃれなぐさ) »

コメント

よい巡り合わせで・・・それには三昔の時間が流れて、どなたも健吾であってこそでようか。

このお写真が、あの井戸ですねー。
ほんとに見事な杉形で。

黄瀬戸はお話にきくだけでも手取りがよさそうですね。

お茶碗を眺め、手にして、お茶碗の接吻していたら、短くなった日が暮れるのなどわすれそうですね。

ええ、お話でしたあ。
ご家族の手から手へ。
そんな縁ができるのも家族ならでは。ええもんですねえ。

moon3風知草姐さん江

 ありがたふおざりィやす。
 茶碗てへもんは不思議な力ァもっておりやすなァ。幾人のも人がだいじに扱う。それがまた茶碗の力になって、奥底から気を発して来る。そういふもんなのかも知れやせんねェ。

 喜の字

moon3Hiroko姐さん江

ありがとよ。そうなんだよねェ。詞にすりゃ陳腐だが、血は水より濃いッてことなんだねェ。姉たちと飯ィ喰ったンだが、そんときの箸づかい見て、はッとしたね。何十年も昔のその鳥渡(ちょっと)癖を思い出したンだ。あゝ、あんな風に箸を持っていたなッてネ。

喜の字

何だか深い因果があったんですね、、、、。
でもお姉さんにとっちゃあ今でも『可愛い弟』なんですよね、、、。

時間を越えて色んな人の手を渡り、今ここに茶を喫す、、、、人智を超えたまさに『一期一会』の感が致しました。

moon3牛込の兄哥江

 月並みな言ひ方だが、やっぱり縁ッてェものハ不思議なもので。ありがてへことですワ。大事な二碗。それから、しょっちゅう茶筅を振って味わゝせてもらっておりやすヨ。

 喜の字

 

お大事大事になされませ
茶碗のツクモガミ様に大事にされますよ。
一位一切位 他生の縁。

moon3ぱら姐さん江

 ありがたふおざりィやす。まるで、三ツんときに死に別れたぢいさんがけえってきてくれたやふな思ひでやすヨ。大事にいたしやすヨ。

 喜の字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/30642620

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】大慈土用井戸還(おほうれしなつのゐどかへ):

» 美の名言 [美の名言]
『美の名言』人名五十音順索引 [続きを読む]

« 偽指切起請(うそなれどまことのあかし) | トップページ | 魂胆洒落草(はらづもりしゃれなぐさ) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31