無料ブログはココログ

« うらむゼ宇江佐姐さん | トップページ | 花火花巻粋気質(はなびはなまきゑどかたぎ) »

2009年4月10日 (金)

江戸ッ子ハ皐月の鯉の吹流し口先ばかり腹わたなし

 こふあったかくなってくるッてえと、なんだネ。青空大川に見立てゝ悠然と泳ぐ鯉の吹流しがそろ\/ッてえ気分になってくるねえ。そいで、お題目ッてえわけだ。江戸ッ子てのハおっちょこちょいが多いから、ぽん\/口ぢァ言ふが、べつに下心なんかねえンだ。そんときの勢いッてえか、気分てえか、マそんなとこでてめえの損得かんげえねえでものォ言ッちまふとこがあるンだ、これが。馬鹿だからネ。たゞ、並の馬鹿ぢァねえヨ。一本骨が通ってンのヨ。どんな骨だいッて言やァ、賤しかねえッてえ骨ヨ。だから、十露盤(そろばん)で動かねえし、腹ン中になんか忍ばせといて、表ッ面ァにこ\/してお愛想言ふなんてうさんくせえ芸当ができねえのヨ。なんせ公方さまのお旗本御家人のお侍がお手本でゞきあがった気ッ風だからネ。賤しいこたァ金輪際やらねえ。そいつァ外道だからヨ。だから、江戸ッ子ほど騙しやすいもんもねえネ。自慢ぢァねえがあっしァずいぶんと騙されたヨ。みんな陰で笑ってンだろうねえ。阿呆ッてネ。
 ふと思ひついてみッと、もう三四年、あいつから年賀状がこねえなァ。たしかこっちからは出してたンだがなんて、今ごろ気づいたりしてネ。そいつゥ紹介した先の主にたま\/会ったら、何さんにハうちの仕事をお願いしております、なんて丁寧なご挨拶ヨ。オヤさい(左様)ですかい、あいつにァついこないだも面ァ合わせたがなんとも言っておりやせんでしたが、お世話になっておりやしたか、ありがたふおざりィやす、なんてこっちが礼を言ったりしてナ。そうかァあいつが何年もめえに向うから近づいて来たのハそれが狙いだったのかなんて、鈍いねあっしも、今ごろの合点ヨ。
 頼まれるッてえトいやとハ言へねえのが江戸ッ子だから、よくかんげえりァなにもてめえが引き受けなくたっていゝ大仕事引受ちまってサ。三年も四年も大汗かいて大改革してずいぶんとよい場をつくり上げたんだが、反対側から見りァ憎まれ役。益のあった方も憎まれるのいやだから、知らん顔の半兵衛。得ハもらっておくが、損ハあんた一人で背負いなせえッてェ魂胆ヨ。そいで事も終わって、あっしァ江戸へ家移りいたしやすんでさいならッて挨拶すりァ、そうですかいの一言。現金なもんだゼ。用の済んだ奴にァ用ハねえッてネ。こりャ道理ッてえバ道理だがネ。逐一十露盤はじいてンにァまいったネ。
 言ってみりァ、こふ言ふことか。

   この世ハ狐と狸の化かし合い 負ける阿呆に勝つ利口 所詮勝ってもけもの道

 あっしァ皐月の鯉の吹流しで終りてえネ。

« うらむゼ宇江佐姐さん | トップページ | 花火花巻粋気質(はなびはなまきゑどかたぎ) »

コメント

おいらもそういうことがいっぱいありんす^^;

まぁ おいらのおかげで そいつやら そいつの周りが幸せになったって考えりゃ あながち おいらの徳も上がるってもんで^^

でもね、 お天道様がちゃんと見てるぜ ってんで そういう輩はほっとくことにしたんでありんすよ^^

兄ぃさんも 腹ぁ立てず、心は丸く^^

早とちりでぽかやらす割にゃあ、昼行灯並みに気がつくのが遅いもんで、3日後にアッありゃあ嫌味だったか、なんてえ馬鹿があたしさ。

そろばんもはじけねえし、そもそもそろばんなんてモンのある事も忘れちまってるんで、割り食ってるんだが、考えると口惜しいんで、考えねえ事にしてますのさ。

あれだ、陰徳つんどきゃあ、どっかで誰かが喜んでくれるだろうってね。

そんな風に割り切れたら、いい顔になれるんだろうが、そうは問屋が降ろさねえ。恨みつらみを忘れねえ記憶力だけはあるのが悩みでさ。困ったもんさね。

うん、それでもお天道さんは見ててくださるんだから、明日も生きていくか。

お仕事なんかは、仕事が始まってしまうと、なかなか最初のご紹介の方へのお礼が遅れがちなもんですよね。自分がそんな無礼なことをやってへんかどうか気をつけへんとあきまへんわ。トリアタマやし。

いろんなこと忘れてまいますが、それでも、赤ん坊のみけきちを拾って授乳して育てて我が家に託してくださったご一家には、盆暮れ欠かさずご挨拶しとります。義を尽くす、礼を通す、ってええ言葉やと思いますねえ。

鯉のぼり、腹に一物二物抱えるわけもなく、はらわたなくってなんでもすいすい流していけるちゅうのんがカッコエエですよね。自分が損な目に遭う方が、人を損な目に遭わせるよりは全然マシやもん。ああ、あたしも鯉のぼり目指します。はらわたなくって、もっといろんなこと忘れてしまいそうやけんど。

なるほどねぇ・・・・
そんなもんなのでしょうかしらね。

でも そのお方は喜三二さんのおかげで
良い思いをしなさったのでしょう。
いいことをなさったじゃございませんか。
お天道様はご覧になっていらっしゃいますよ。

人にやって差し上げたことは覚えておりますが、
していただいたことって忘れてしまうもんですね。
これはよほど心して暮らしませんと、
人様に義理を欠いたことをしているかもしれませんわ。

moon3絵付師の姐さん江

 姐さんハ徳が高いねえ。そうだねえ、あっしももうちっと丸なんなきャいけねえヤ。もふちょい江戸ッ子修業つゞけなきャナ。

  喜の字

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 あっしもその口ヨ。後でじっくりかんげえてみると、ありァ厭味か皮肉だったのかッてネ。こんだァこっちから言ってやろうと思ふトうまく言へねえ。ま口ァ達者になんねえほうがよござんすからねえ。あんまりうまくなると、てめえでも気がつかねえ内に騙りになってたりいたしやすからねえ。
  姐さんありがたふヨ。

  喜の字
   

moon3Hiroko姐さん江

盆暮れのあいさつを欠かさずなすっておられる。天窓(あたま。頭)下がるゼ。人はそうぢァなきャいけねへ、なんて書いて、あっしァ己の胸に手ェ当てゝみると、やっぱり鳥渡(ちょいと)後ろめたいとこありやすねェ。困ったもんだ。お天道様の下ァ歩けねえゼ。そいでかなァ、こないだ待乳山の聖天さんで御神籤ひいたらなんと凶ヨ。そろそろ年貢の納めどきなんかもしれねえなァ。

喜の字

moon3おあやのお内儀さま江

 そう言ってもらえると、鳥渡(ちょいと)気もおだやかになりやすネ。ありがたふさんヨ。ほんにサ。人に受けた恩は忘れちまうもんだものねえ。そいぢァいけねえンだがネ。あっしも後ろ指さゝれねえよふに気ィつけまさア。

 喜の字

>狐と狸の化かし合い
になればそれはそれでまーーでも、間尺に合わないのは、人に道つけてもらったことも、
肩借りたことも
下駄はかしてもらったことも見えてなくて、
自分のほうが時の流れにのったんだわーって思ってる・・・・この手がモンダイです。自戒もこめてですが。

moon3風知草姐さん江

 ほんにサ。そんな風に思ふ手合いハ多ござんしょうねえ。うぬが手柄と引き替えに、いっとうでえじな人柄を忘れてるッてネ。口ぢァでけえこといつも言ってるが、いざとなると小銭でこそ\/得しょうと意地汚くなるのもおりやすしねェ。人付き合いはせつねえヤ、ねえ姐さん、そう思ひやしょう。

 喜の字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/29049688

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸ッ子ハ皐月の鯉の吹流し口先ばかり腹わたなし:

« うらむゼ宇江佐姐さん | トップページ | 花火花巻粋気質(はなびはなまきゑどかたぎ) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31