無料ブログはココログ

« 初春並木藪(きぶんあらたなみきのやぶそば) | トップページ | 【番外】切られ與三手切金(きられよそうてぎれのかね) »

2009年2月 5日 (木)

雷蔵形切られ與三郎(らいぞうごのみきられよさぶらう)

Photo  こないだにつゞゐて損料屋から借り出したのハ切られ與三郎。立役ァご存じ市川雷蔵。こんどもいゝぜえ。のっけの幕開きで雷蔵が歌舞伎の囃方。好きがこうじて玄人はだし。明烏の三味線を弾いてるンだ。それがよォ、水もしたゝるいゝ男ッてのヲ画に描いたようヨ。黒羽二重の紋付にきれいに剃った月代、髪の毛一筋の乱れもねえ結い上げたばっかしの髷、色白の整った顔だち。男のあっしからみても非の打ちどころがねえヤ。男の色気たァこのことだねえ。筋書ァ本編を観てもらやァいゝンで四の五の言はねえヨ。いゝとこだけつまんで咄しやしょう。 その與三(よそう)が理由(わけ)あって木更津に落ちるンだが、そこで木賃宿を一時(いっとき)の塒(ねぐら)にして三味と喉ォいかして口しのぎの新内流し。川端の岡場所辺、柳の並木からもれる月影の下を爪弾きながらそゞろ歩きに流してゆくンだが、その後姿がなんとも粋でねえ。どっかの牛乳商品ぢァねえが骨太ぢァできねえ相談だゼ。その玄人の音色に、オヤッて耳ィ傾けるのが、お富ヨ。こゝの網元に引かされて来たらしい。元深川出の羽織だけに、こんな田舎にゐても、上手名人の三味の音ハ判るッてわけだ。すぐに小女(こおんな)を呼びにいかせ、座敷に上げて弾き語りさせるのヨ。曲ハ蘭蝶。しんみりしてゐて、そいでゐて声ァ張りつめた絹糸みてえヨ。たまらねえなァ。そんときの仕立てァ画面で観て、勉強になりやしたゼ。芸人さんの扱いハこうするもんなんだねえ。床の間ァ背に、夏なんで青の毛氈を敷き、そこに與三郎を座らせ、そのめえ(前)にァ盆に袴付の徳利、杯洗、ちょいとした肴の皿。旦那になるお富ァ下手の敷居際に席をしめて拝聴するッてえ形ヨ。そんときのお富の形(なり)がまたいゝねえ。ぞく\/ッとするッてえのハこういう形だネ。黒無地、夏なんだが絽でもなし、それへ水色の帯ィ〆てネ。半衿と長襦袢ハ真ッ白よ。顔が映えるンだよネ。役者がまたいゝヨ。大映がこのお富にァこの人でなきァなんねえッてンで社内をなだめ、先の会社に天窓(あたま。頭)目いっぺえ下げて借りてきたンだろうナ、東宝から。淡路恵子姐さんだゼ。それが眉ゥ落とし、歯ヲ鉄漿(かね)で染めてんだから、いっそう目がきいてくるッてえ寸法ヨ。仇たァこういうのを言ふンだろうゼ。宵の町ですれ違って、流し目なんぞくれたひにァ、あっしァ卒倒しちまうゼ、ほんにサ。ま、此処でお定まりの情夫(いろ)ッてことになり、とッつかまって三十四(さんじゅうし)ヶ所切られ、簀巻きにされて投げ込まれ、命の綱の切れたのをどう取り留めてか木更津からッてわけで、生き延びたッてわけヨ。
 この映画で役者ぶりが滅法界(めっぽうけえ)いゝのが、多々良純の蝙蝠安(こうもりやす)だねえ。うめえのなんのッてこれが映画役者の演技ッてもんだねえ。あっしァ感服いたしやしたゼ。地回の小悪党ぶりが見事ヨ。柄にもなくやわらかもんを着てるンだが、八口があいてやがる。そッから橙色の裏地がちら\/。袷ッてことだ。そいつゥ半襦袢なしの引抜で着て、下も股引なしの素寒貧(すかんぴん)。與三つれて玄冶店(げんやだな)の妾宅へ草鞋銭ねだりに行くンだが、そンときの所作が見物(みもの)だゼ。これより下ァねえッてくれえ下手にでて見せといて、丁度来合わせてた旦那の使いの番頭が天保銭いちめえ鼻紙に包んであしらうトそのお捻り開いて天保銭手に取り下から目ぬ上げ、「たった百ばかり、扱ひだも凄まじい。そっちの方へ、すッ込んでうしやァがれとパッと尻ィまくって橙色の裏地の裾ォ肩まではね上げて啖呵ァ切る。凄まじいッてのハ元の歌舞伎台本、與話情浮名横櫛(よはなさけうきなのよこぐし)を瀬川如皐が書いた嘉永(1850年)ッ比(頃)の流行詞(はやりことば)。こんな詞ァ映画にしてもちゃんと活かしてくれてンで江戸気分が味わえるッてえもんヨ。そんときのお捻りの扱い方が粋なんだねえ。手首くるッと返して捻り直し、すッと畳ィ押し戻すンだが、それがなんとも言へねえほど、きれいに形(かた)になってンのヨ。いまどきの子どもだましの役者もどきぢァおよびもつかねえ技だぜエ。この比ァいゝのが揃っていたねえ。映画の会社ッてのハ役者ァ育てたンだねえ。棟梁(監督)ハこんども伊藤大輔。モひとつ見落としたくねえのが玄冶店の場にあるゼ。洗い髪のお富の右鬢にァちゃんと櫛ィ横に差してンのヨ。元の外題をこゝでおさえてるッてえ趣向サ。このビデオもお早い内にご覧なせえ。もゥちっとすりァ消えちまう命だろうゼ。

« 初春並木藪(きぶんあらたなみきのやぶそば) | トップページ | 【番外】切られ與三手切金(きられよそうてぎれのかね) »

コメント

喜三二さんへ

この頃楽しい時間を過ごしているようですね。

粋に振舞う市川雷蔵を早く見たいと思っています。


私は貸しびでお店に行った事がありませんが、
喜三二さんのおかげで一つ大人になれそうです。
ありがとうございます。

奈の字

moon3なの字の旦那江

 ありがたふさんで。

 おもしろきこともなしこの世をおもしろくッて気分でさァ。楽しみァ向うから来ちァくれやせんからネ。

  喜の字

 旦那お奨めの弁天小僧や切られの与三郎は
ドサ廻りってンで眠狂四郎とあいなりやした。が、
町並みや小物に至るまで、ここがお江戸ってえところを
眼ン玉ひんむいて眺めてみやしょうかねえ。

moon3仇吉姐さん江

 眠狂四郎ハ雷蔵の当たり役だネ。ちょっと見は線が細いようだが、どうして芯の太さが雷蔵なんぢァありやせんかい。だから金閣炎上のような哲学的な役もこなせる。あゝした役者ァ跡(後)がなかなかでねえナ。

 喜の字

んとにねえ、損料屋さえありゃあねえ。(溜息)

お体の具合はいかがですかえ。
梅の香と春宵で、なんとか切り抜けてくださいよ、師匠。
心の栄養ってやつで。

なんだか近頃、ご無沙汰致しておりますが、なにね、どうもこのごろ根気が続かねえ。

師匠んとこは、気ぃいれて読まねえといけねえ(と勝手に決めてる)んで、ちょいと足が遠のいてましたが、やっぱりここの話はどれもいいねえ。

また寄らせてもらいますよ。気の利いた文なんざ送れねえが・・・。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 いャぁ、ありがたふヨ。
 春なんで、気分がだるいンぢァござんせんかい。

 確かに、嶋に損料屋があったとしても、雷蔵ハ置いてねえだろうねえ。こっちでも、古くてあんまりねえようだゼ。あっしァこねえだ借り出した損料屋に頼んであんのサ。売ッぱらうときァ声かけてくんなッてネ。あの二本は手にいれてえもんネ。こうして思ひだしても、多々良純の蝙蝠安の玄冶店の芝や(芝居)や、雷蔵のお富と初めて会う座敷でのすっきりした後姿が目に浮かぶゼ。

>やっぱりここの話はどれもいいねえ。
 うれしいこと言ってくれるぢャねえかい。こんなこと言はれると莫迦だから、また書きたくなっちまうゼ。
ありがたふヨ。

  喜印 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/27805043

この記事へのトラックバック一覧です: 雷蔵形切られ與三郎(らいぞうごのみきられよさぶらう):

» 袴はかまレンタル卒業式情報ネットナビ [袴はかまレンタル卒業式情報ネットナビ]
袴はかまレンタル卒業式情報のことならお任せください [続きを読む]

« 初春並木藪(きぶんあらたなみきのやぶそば) | トップページ | 【番外】切られ與三手切金(きられよそうてぎれのかね) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31