無料ブログはココログ

« 【番外】ひぐらしのおかにのぼりてかきくえば | トップページ | はまぐりァまだかいなァ »

2008年11月 8日 (土)

【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(十)

   四文銭(しもんぜに) 団子を一つ 数へらし

 いま何処ィ行って団子喰っても串に刺してあるその数ァ四ツですナ。たまにァ五ツンとこももあろうし、うちァ三ツで商(あきな)いしてンのッて見世もありやしょうけどネ。でも、ひと串四ツッてのが通り相場ヨ。ところがなんだッてネ。もと\/団子ッてのはひと串五ツだったンだッて言ふぢァねえか。そいぢァいつから一つ減へッちまったンだい。おかしいぢァねえか。誰か一ツ喰っちまったのかいッて思ふわナ。
 これが古い咄なんだねェ。明和五年だってヨ。いまお馴染みの西暦になおしァ1768年だゼ。二百四十年もめえのことヨ。この明和ッてえば、谷中の笠森神社の水茶屋の処女(むすめ)おせんが大人気の比(頃)だゼ。鈴木春信が錦絵にしてねェ。大人気ヨ。この五年に、新鋳造(しんぶき)の四文銭が出たのサ。そいまぢァ一文銭だ。物の値が上がったのかねェ。そいで一串五ツ刺さって四文だった団子が、そのまんまぢァ四文銭いちめえに一文銭一個ッてめんどうになっちう。そんだもって団子一個減らして価を四文にしたってことらしいのヨ。その比から物の値段が四の倍数ッて切りのいゝもんになったッて聞きやしたゼ。

【附(つけた)り】
 四文銭(しもんぜに)。しもんせんとも。真鍮製。表面に寛永通宝、裏面に青海波があるので、青銭、波銭、青海銭とも呼んだ。また一枚四文で通用するので、当四銭(とうしせん)、四当銭(しとうせん)、真鍮四文銭とも称した。これを大銭(おおぜに)、一文銭を小銭(こぜに)と呼び分けた。

   二八そば 十六文の 切りのよさ

 夜鷹蕎麦ッて言やァ絵草子や浮世絵だったかにも、担ぎ屋台の行燈に二八蕎麦なんて書いてあるのを目にしやすが、これにァいろ\/言ひやすナ。蕎麦粉八分につなぎの饂飩粉(うどんこ)二分とか、ひどいのになるてッえと饂飩粉八分で蕎麦粉ァ二分なんぢァねえかこの蕎麦ァやに歯ににちゃつくゼなんてのもあったらしい。この二八ッてのは価のことヨとも聞きやすねェ。もりもぶっかけも、どっちも一杯十六文。だから二八ッてんだッてネ。四文銭二めえ、親爺ィごッつォさんと投げ出しァいゝッてわけヨ。勘定の手離れがいゝゼ。いまなん時だい、なんて誤魔化さないでいゝンだ。ざまァ見ろッてンだ。
 まァ粉の割合と価、どっちも二八ッてとこが当りぢァねえかい。ついでに言やァいまのご時世で、かけッて呼んでる丼にへえった熱い蕎麦ハもとはぶっかけと言ったそうでネ。つゆを蕎麦にぶっかけて出すから、ぶっかけだ。もりハその比ァ皿に盛ったッてね。どッちも判りやすくていゝゼ。ぶっかけなんてのも、勢いがあって中ッ腹(ちゅうっぱら)にァ似合いの喰いもんヨ。こいつァ勇(いさみ)のこと。勇ッてのハ侠気のある血気盛んな奴(やつ)。鳶なんかの仕事師のことさネ。

« 【番外】ひぐらしのおかにのぼりてかきくえば | トップページ | はまぐりァまだかいなァ »

コメント

じつは串団子の数でおしゃべりが盛り上がったことがありました。
数の感覚から3つか5つが順当なのに、何故4個なの?と。
5つじゃ最後の1個が串から抜けにくいなんて意見も出るくらいの気軽なおしゃべりで。
で、和菓子屋さんの上品系は三個、もち屋さん系は質より量で4個かなーと。

なんときちんとした事の経緯があったのですね。どこかで受け売りご披露して胸張りたいけど、お団子の季節まで半年あるのが・・・・いかにも残念です(笑)

二八蕎麦のお勘定のお話も面白いです。毎度のことで時分どきは気ぜわしいでしょうし、日常の知恵ですね。 
先日、歌舞伎座で直侍を見ました。好きなお芝居なのも、蕎麦屋の場がよいからかもしれません。

moon3風知草姐さん江

 咄のねたにしてもらえりァ、うれしゅうござんすヨ。
 湯銭なんかもそうだったそうでネ。四文銭だけだと半端でたりねえ。そしたら湯ゥくる連中ハ四文銭で切りのいゝ分しか払わねえンだそうで。しかたがねえから、湯屋の方で値を合わせなんてこともあったようでしてネ。
 このことも川柳つくってそのうち書きてえと思っておりやすのサ。

 直侍、観たかったねえ。しばや(芝居)ハやっぱり悪に尽きやしょうねえ。
 
 喜ンの字

ご報告いなくちゃ。
今夜は教わった「たぬき丼」でした。これはちょっと自慢できる美味しさで、だれかにごちそうしたいです。ありがとうございます。
覚えとして写真をアルバム「mixi村字食いしん坊谷の伝言レシピ」にアップしました。

お料理って毎日のことなのに忘れてしまうんで、皆さんに教わった料理をアルバムにました。

moon3風知草姐さん江

 お作りになりやしたンですネ。おいしかったでしょう。意外と旨いもんなんですヨ。
 なんだかあっしも作って食べたくなってきちまいやしたゼ。
 料理アルバム、見せてもらいやすヨ。

 喜の字

 四文銭で勘定が済んじまう、あたしも千円ポッキリとか切りの良いのが好きでやして。

 だが当世じゃ消費税で小銭じゃらじゃら、お江戸の団子みてえに切りよくいきたいもんだねえ。

moon3仇吉姐さん江

 ほんにサ。ちか比(頃)ァ買物したッてさまにならねえヤ。ぽゥんと払って、つりァいらねへよ取っときななんて言ってみてえが、何十何円まで紙入れン中引っかき回して小銭探してる図なんてのは、色男のやるこっちャねえゼ。野暮なご時世だねえ。

 宵越しの銭も持てねえ 喜ン公

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/25137863

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(十):

» 高級天然オリゴ糖 [サプリメントみつけます]
貴方に最適なサプリメント [続きを読む]

« 【番外】ひぐらしのおかにのぼりてかきくえば | トップページ | はまぐりァまだかいなァ »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31