無料ブログはココログ

« 【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(五) | トップページ | 【番外】二人は水性 »

2008年9月 4日 (木)

【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(六)

   九尺二間 ひとりに広く 思ふ秋

 なんですな、四畳半ッてえと粋な感じがするもんですナ。粋な年増としっぽりと、なんて思ふもんだが、江戸の長屋ッてのは、だいたいこの広さでして。間口が一間半、九尺(くしゃく)ですナ。で、奥行き二間。となりァそいぢャ六畳ぢァねへかッてのは、早とちりヨ。へえったとこに幅三尺の土間があンのヨ。そんだもんで、四畳半になるッて十露盤(そろばん)サ。そこにむさい男の独り暮らし。色気もなんもありァしねへ。九尺二間にすぎたるものは紅のついたる火吹き竹なんて都々逸がありやすもんネ。これにくらべたら、あっしの川柳は足元にもおよばねえナ。

   銭なしは 昼間も戸板 明けたてし

 長屋の部屋の入口にァ腰から上に紙を貼った腰板障子がはまっておりやしょう。油引いた障子紙でネ。そこに大工留吉とか、左官(しゃかん)三治だとかネ。あの障子、ありァ店子(たなこ)持ちだったンだそうで。だからそこにてめえの稼業だの名を墨で書いてたわけダ。店ァ引っ越すときァ障子外して持っていきやしたのサ。腰板障子の上に戸板がいちめえ(一枚)はめてある。そいつゥ毎朝外して横に立てかけて、昼間は障子だけにしておくッて寸法だ。部屋の畳も店子持ち。そんだもんで、銭のねえやつァ板の間のまんまで寝てる。鳥渡(ちょいと)懐があったかくなると筵買ってきて敷く。儲かってきてやっと畳が敷けるッてことだってそうでネ。ちか比(頃)ァフローリングなんてッてありがたがッてるが、江戸の時化(しけ)た奴ァみんなそれヨ。いまのよりいゝ板だゼ。ベニヤのまがいぢャなくッてみんな無垢板だッたんだから。

« 【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(五) | トップページ | 【番外】二人は水性 »

コメント

パソコンの前で、ほ〜〜〜〜っとおどろいてます。あの腰板障子が店子のものとは!!
知りませんでした。
どこの長屋も同じ寸法だからできたことですねー。ちかごろじゃ建具の寸法はマチマチなのに、何畳とかナンン間とか、いい加減なものです。

小学校の低学年のころ、姉妹三人に8畳間が二部屋与えられ、ひと部屋にベッドを並べ、ひと部屋に学習机を並べていました。でもひとりの部屋がほしくて、空いている4畳半を自分の部屋にしたいと母にねだったら「女の子は4畳半に暮らすもんじゃないの」のひと言で却下され、とっても不満だったことがありました。 
4畳半にまつわる粋なイメージを知ったのは、それからずーーーっとあとのことでした。

moon3風知草姐さん江

 江戸はバブルみてに急成長した町でやすし、そいぢァなくても三四年にいっぺんくれえの割りで火事があったそうだなんで、畳も建具も柱だの梁もふだんから造っていたようでやすヨ。そいで寸法がきちッと決まって、ぱッと持ってきて、建具でも畳でも現場で鳥渡(ちょっと)した手直しだけで、すぐにはめ込みができたそうですナ。

 おっかさんの、女の子は四畳半なんかにッてお詞ァよかったねェ。それが分かったときに言ってくだすったおッかさんの気持が知れやしたでしょう。

 四畳半が粋な場所になるのは、奢侈禁止令が出ておほッぴらのあすびができなくなり、柳ばし辺の船宿の二階なんかで世間をはゞかって芸者に爪弾きで小さな音で三味を弾かせ、小唄や都々逸を細い声で唄ったあたりからのようでございやすナ。
 江戸とは関係がねえのに、茶道でも小間と広間の分かれ目が四畳半だってのも、おもしれえ咄で。なんでか。この謎も知りてえンだが、いまンとこ合点のいくわけに出会ってねえ。

  喜ンの字 

川柳は切れ味がするどくて、楽しいですね。

ガヤガヤした生活の音がBGMとして聞こえてくるようです。
お江戸はやはりどこか濃厚な人間くささが感じられますね。

個人的には都々逸シリーズもぜひ。

moon3青麗茶屋の女将さん江

 やァ、書き込み、ありがたふございやす。
 うれしいねェ、ほめられッと。これからも腕によりィかけてひねンねえといけやせんネ。
 ほんにお江戸はざわ\/しておりやしてネ。そんな蕎麦屋やどぜう屋の追い込みに腰ィすえて、盃傾けてッと、これが意外と落ち着くから妙ヨ。周りに一人として知った人がゐなくてもネ。むかし、群集の中の孤独なんて深刻ぶった詞がありやしたが、江戸東京の町ッ子ハその逆ヨ。まァ言ってみりァ群集の中の自由ッてやつですかね。

 つばめ一家の旅立ち、おめッとうさんでやした。馴染んで巣ゥかけてくれるまで、三年もかゝったンですねェ。おとッつあんが巣の受けに板をとりつけてたのから、もう三年も経ったンですナ。早いもんで。

 隠岐島、おめッとうさんで。
 こないだつばめと隠岐島のことで、そちらの頁に書き込みしたンですが、上手く送れなかッたようで。いけやせんねェ、べらんめえのぢゞいにァ横文字ァ似合わねえヤ。情けねえ。なんてッたってこっちァ、アメちゃんに負けた口だからネ。
 また、書き込んでおくんなさいナ。待っておりやすヨ。
 そちらァ涼しくなりやしたでしょうねェ。けふの江戸は真夏にもどッちまって。へばっておりやすヨ。

 喜ンの字

 

おや、こないだ、投げ文を入れといたと思ったが、アタシも焼きが回ったかねえ。

ま、本人が何書いたか覚えてないんだ、どうせたいしたことじゃあるめえ。お目汚しにならずに済んだと思やあいいか。

毎度毎度、くだらない文ばかりで、どうぞご勘弁を。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

  なにィ書き込んでくれたンだい。
  そう言われると読みたくなるねェ。モいっぺん思い出して投げ込んでくんなヨ。待ってるゼ。

  喜ン公

焼けて大工の腕が立つ、みてえな話だったような気がするんですがねー。

近頃、三歩歩くとなんで歩いてんだか忘れちまうくらいのぼけ具合よ。

猫がね、じゃれてたのが動かなくなってしばらくすると、急に興味失うでござんしょう?あのくらいの呼吸で、忘れちまうんですよ、なにしに立ったか。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 焼けて大工の腕が立つ、か。腕のいゝでえくは、月に一両かた稼いだッてネ。人の不幸で金儲けするッてンで、材木屋とでえくはあんまり評判のいゝ稼業ぢァなかったそうで。だからだナ、落語ぢァ間抜けな野郎の稼業がだいたいでえくダ。でえく笑いもんにしてるぶんにァ客から文句こなかったンかもしれねへ。
 あっちよりわけえはずの姐さんだ。あっしィ置いてけ堀にして、さきにぼけねえでおくんなさいヨ。
 
  喜ン公


 

火事場のでえくってなあ、島でいやあ、弁護士ってとこだね。てえした嫌われモンよ。

moon3moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

  弁護士かァ、明治のむかしで言やァ三百代言ッて奴だ。世の中、困ってるやつァ金になるッて寸法だねェ。これで火消が有料になったら最後だゼ。

  喜ンの字

無沙汰をしちまって あい すいません^^;
今更ながらの書き込み 失礼の程、ご勘弁を。。。

奈良の頃から 日の本の国は板張りが当たり前ぇでござんしたね。
お武家さんが 幅を利かすようになってから 畳のあるんが 当たり前ぇになっちまったやふで。

日の本のこのお国にゃぁ 板張りが逢ってるような気がするんでやンスがねぇ。。。

畳なんて贅沢な上に 締め切ちまった コンクリートの柱に壁じゃぁ、ダニが湧くのは 当たり前ぇですってね。

moon3絵付師姐さん江

 あっしらのこの国にァ唐天竺にもねへ桧ッてえ性のいゝ木がありやすもんねェ。あったかみがあって香りがよくって、そいでいて狂いがこねえ。こんな木の柾ァ通った分厚い板を敷いたら、なまじのもんその上に敷けやせんやナ。
 そんなまっとうな家で生きていきてえが、そんなことさえ難しいご時世になっちまったねェ。

  喜ンの字

別になんでもねえんですがね、気散じにめえりやしたっ。

オヤジになったかねえ、あたしもさ。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 別にオヤジぢャなくたって、気散じしてときがあるッてもんサ。いまァ茶を淹れるからちょっと上がっていきなッて、家なら言えるンだが、電子函ぢァ上がるだの茶だのってわけにいかねへのが、愛想なしサ。べんりになったハなったンだが、まだ実正(ほんと)の便利にァならねへネ。
 お江戸はこゝンとこ雨ばっかしでネ。けふなんかは肌寒いくれえヨ。いつまでも浴衣で通すわけにァいかねえヤ。本式の単着ねへうちに、晦日ッころァ衣替えだから、うかうかしてるとすぐに袷だゼ。
 あしたァ久方ぶりにお天道さまの顔が拝めるらしいから、鳥渡(ちょいと)ほッとするネ。日が射してあったけえと、そいでまた浴衣でとおしちまったりしてネ。
 姐さんの島ァどんな按配だい。けっこう寒いンぢァありやせんかい。

  喜ン公

島もここんとこ朝夕は冷え込むようになりましてね。

気の早い木の葉が何枚か赤くなっちまったりしてさ。
昼間はまだ袷はきついだろうって日もあるが、浴衣じゃそろそろ風が気になる陽気サ。

こないだは単で集まりに出たよ。雨で寒くて、ちょうど良かったからね。それにしても、単の季節の短いことったら。島じゃ誰も知らねえから、その日の加減で好きなもん着てんだけどもさ。自分が知ってるからね。

知ってて崩せるほど、こなれてないのがしろとの困ったとこさね。

今夜は天の川がきれいでねえ、星が見え過ぎてそりゃもう、すごいようだよ。金銀砂子ってのはこんなのをいうんだろうね。またぐんと冷えそうだ。

お師匠さんとこはどうですかい、まだ雨ですかい?

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 きのふからやっとお天道さんのお越しヨ。けふは風も乾いたンが吹いたからいゝようなもんで、雨と暑さばんかりつゞいたら体に黴がはえらあ。
 そんだもんで、こっちもまともな単着る間がねへのヨ。まだ上布や縮で丁度いゝッて陽気だゼ。月末の二十九日にァ衣替えだヨ。やわらかもんの単なんてこの秋ァ着る間ァねへンぢャねえかねえ。
 しかし婀娜な姐さんの着物姿、風情のわかんねへ島のお方たちに見せるだけぢァもってえねへネ。ご真影なんぞ、送って拝ませておくんなヨ。

  夏惚けでぼんやりしてる頭に喝ゥいれてほしい 喜の字

ご真影だなんぞともったいない(汗)あたしんじゃ、不審影だよ。眼の毒さね。

びっくりして、違う意味で喝がへえるかも知んねえけども・・・。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 不審影はよかったネ。目の毒ッてへのにァ違う意味もあるからねェ。どき\/して、こんどは心の臓に毒だったりしてナ。

  喜ン公

相も変わらずお上手だよ、よっ、女たらしのおにいさん!

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 アハヽ、おほめにあずかってうれしいねえ。この世は女で廻るッてね。たまにァたれてくれる女子衆(おなごし)でもいりァ男冥利に尽きるッてもんヨ。

 喜ン公

 

確かに『フローリング』だなんて有難ってることじたい何だか貧しいですな、、。 しかも和製英語で通じないらしいです。
確かにベニヤなんてなかったんでしょうから無垢の板で今より上等ですああねえ!
ホントの贅沢ってえ自然のもんを頂ける環境だと思うこの頃で、、。

いつのまにかすっかり涼しくなって寒いくらいです。
過ごしやすくはなってめいりやしたね(^^)

moon3牛込の中ッ腹の兄哥江

 年々歳々、まがいもんがふつうになッてくじでえにあっしらハ飼い馴らされてンだねェ。情けねえじでえヨ。

 喜ンの字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/23496431

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(六):

« 【番外】川柳ひとり柳戯溜(やなぎざる)(五) | トップページ | 【番外】二人は水性 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31