無料ブログはココログ

« 夏鰌宵駒形(しょきばらいよいのこまがた) | トップページ | 【番外】越すに越されぬ日本橋 »

2008年7月20日 (日)

【番外】とめぐりのよにて

 十年一昔と言はんぬ。その余の歳月を重ね、住み慣れし山の庵を捨て去り、はるばる戻りぬ江戸の空の下(もと)に立ち、感慨を覚えむ。町の佇まい移り行くは定めなれども、かつてはその姿目にすることもなく穏やかに過ごせしも、いまは町ぐらしの作法知らぬ人の涌くがごとき増え方に、穏やかならぬ心持するも哀し。吾が古里江戸、余所者に穢されむことこの上なし。都、いまや人の塵溜(ごみため)なり。嗚呼やんぬるかな。
 衣食足りて礼節を知るとは、夢幻(ゆめまぼろし)なり。人、満ちて行い落つる。市隠、狂歌読みて憂さを晴らさんとす。

 電車の中にて賤女のけわい(化粧)するを見て詠める

   紅や眉引くも塗るゝも恥知らぬ 見るに見かねし往生の席

 本歌  これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢坂の関  百人一首 蝉丸(第十番)

 電車の中にて便利屋(こんびに)のにぎり飯に食らいつく小むすめを見て詠める

 優先席どっかと座りてにぎり飯 恥とも知らず喰い果つるかな

« 夏鰌宵駒形(しょきばらいよいのこまがた) | トップページ | 【番外】越すに越されぬ日本橋 »

コメント

先日仕事で出かけるために路線バスに乗った時のことです。

わたしの前の席に座った女性。

コンビニの袋をごそごそしていると思ったら、おもむろに菓子パンを取り出して、なんと・・・・かぶりついたのですよ!
大きなパンをちぎるでもなく、そのままかぶりつくって・・・、びっくりしました。

今、さかんに「食育」って言葉が言われていますが、PCで一括変換できないくらい新しい造語なんですよね。

食育。昔は学校や社会で推進しなくても、どこの家庭でも自然に「しつけ」として行われていたのではないかと思いますが・・(わたしも祖母や母からいろいろ教えられました)

浅ましい・・・なんて言葉、日常で使うことってほとんどないのですが、頭の中に思わず浮かびました。


moon3ひよこ姐さん江

 こないだも、電車待つ駅のベンチで若い姐さんが無心でケーキみてえなようなもんと、飲み物を放心したような面ァで、ラッパ呑みしてて食ッてンのヨ。で、言ってやったサ。「姐さん、東京ぢァ昔から駅のホームや電車ン中ぢァ飲み食いはしねへしきたりなんだトね。そしたら、姐さん曰くヨ。「残業で疲れてるもんでッだッてよ。そいつァおめえさんの都合でやしょう。腹が空いてるか膨れてるかは知らねえが、周りの世間さまが見苦しいのヨ。と言ってやりやしたが、いまァてめえの都合が第一儀だネ。他人さまに不快な思ひさせるンぢァねへかと考えて、思ひ止まるなんて芸当まったくしらねへのヨ。
 莫迦な親は利口なこどもァ産めねへし、育てられねへ。人類、堕ち続けるばかりサ。

 向ふッ八の 喜ンの字  

駅のホームに自販機やキオスクはおろか、コンビニまである時代ときちゃあ、云ってわからねえのも無理はねえだろうなあ。

戦中戦後で忙しくて礼儀や気配りどころじゃなかった世代を親に持った子供が、大きくなって経済成長やバブルの中で育てた子供が、今親になってるんでがしょ?

それもパソコンとゲーム機のモニター眺めて育った連中だ。他人様との交流なんて少なかったはず。

だもんだから、いまどき、外で暗くなるまでうろついてるのは、塾通いの子供がコンビニで夕食買ってるって図だよ。情けない親どもの横行する世の中になったものさ。

島じゃあ、人でなしみたいなのに限って子だくさんで、見ちゃあいらんねえから、水道水に不妊薬でもまぜて、子供生むのに免許が必要にしたらいいんじゃないか、なんて冗談がささやかれてるくらいだ。

そんな便利な薬はねえが、少なくとも優遇税制なんか撤廃すりゃいいんだよ。自分の勝手で生んだんだからね。

とはいえ、あたしゃ横須賀線じゃあ缶緑茶に文庫本、新幹線でも飲み食いして寝るのが習いだから、人のこた言えねえがね。もっとも、隣に人様がいるときゃ狸寝入り決め込むばかりよ。幸か不幸か、化粧なんざしたこたねえから、それだけは助かったね。

だけどねえ、電車なら他に移るって手もあるが、飛行機ん中は困るよ。本読もうにも、隣が寝てりゃあ電気なんぞつけられねえ、窓も開けられねえ、雪隠通いも控えなきゃなんねえ、と思うからねえ。そんなことひとっツも気にしねえなめし革やろうを見ると、いっそ羨ましくなるぜ。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 なめし革が勝のじでえだねェ。遠慮したら、その分陣地取られて、瀬戸際ヨ。礼儀なんかに気ィ遣ってる奴ァ、居場所ァだん\/なくならア。
 それにしても、姐さんの文ァいっつも歯切れがいゝねえ。惚れ\/するゼ。島でもいゝ啖呵切っておいでなんでやしょうねェ。

 負組の 喜ン公

お江戸が、名だたる都市として世界に認めらるるは、
江戸しぐさにあり ってお聞きしましたよ。
よそから移ってきた人たちが、お互いに繁栄して行く道は 目の前のお人を仏の化身と見て 如何相対し 考え行動するができる事だと それが江戸しぐさだと。
お江戸の時代の繁栄があったればこその今のご時世の繁栄だと思うのですが 次の100年はどのような時代になるのでしょうかね。
こんな私達が作った次の100年でしょうが

moon3ぱら姐さん江

 ほんに先を思ふと空恐ろしくなりやすなァ。
 あっしァつい去年の秋まで、さる山の麓へ行って暮らしておりやしたんだが、そこぢァ挨拶ッてもんがありやせんでしたナ。無礼ッて詞もねへようでやしたゼ。
 江戸と大坂を比べるッてえと、江戸は武家の町でやしたが、大坂は武士が極体に少なく、あらかたあきんどばっかりだったそうで。
 江戸は相手が武士ぢァなく町人同士でも、互いに気遣いする礼儀が発展して江戸しぐさが生れたようでやすが、大坂にァそうした作法はあまり発達しなかったようで、それがいまでも大坂の人心に残ってるト聞いたことありやすネ。
 あっしがしばらく暮らした山辺は、僻地でしたから元々武士なんかおりやせんとこでね。誰にはばかるこたァねへッて気ッ風になっちまったようでやして。
 いまの東京は、明治維新後、関東大震災後、敗戦後、高度成長期、バブルと言ったたんびに余所者がどっと繰り出してきて、そのたんびに町ッ子のしきたりをぶち壊してきて、いまのようになっちまったから、先ァ真っ暗ですゼ。
 あの江戸だって、江戸ッ子というひとつの完成された町ッ子の形をつくるまでに、開府から百五十年かかっておりやすもんネ。
 もう東京は駄目だネ。

 喜ン公

名前からしてだめだもんねえ。
気がついたのがいい大人になってからよ。

すっとんきょうなんてえ名前にしやがってよ。ふざけるのもてえげえにしとけってんだ。

また江戸かなんかって名に戻して、越してくる奴にゃ常識試験でもするかねえ?

問題出せるような手習いの師匠がもういねえやな。人様に金以外の優劣つけるなあ御法度の世の中だからね。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 素ッ東京だもんナ。小馬鹿にしてらァ。薩長の野郎たちァ、足元掬ってぶっ倒した徳川の町だから、卑しめてやろうッて悪智恵働かしてつけやがったのヨ。また論語読みの論語知らずのおっちょこちょいたちが、てめえの漢語知識をひけらかそうッてんで、とうけい\/ッて読んでみせやがッてたそうだゼ。軍鶏ぢャねへやいッてのヨ。
 まるでやつらのやったこたァ中華が周辺国をやたらに見下げて、賤しい呼び名をつけるのとおんなじ根性だゼ。卑弥呼だってヨ。冗談ぢャねへゼ。賤しい巫女だとヨ。それを気づかず、歴史学者でさえヒミコ\/ッて呼んでるのがゐるのが、おめでたすぎて腹ァ立てる気もしねへ。

 むかッ腹の 喜ンの字 

小江戸とか小京都なんぞと呼ばれてありがたがる気が知れねえな。気概がねえのよ。有名どこにおんぶしときゃあ人が呼べるってつもりか知れねえが、なんとか銀座といっしょで恥ずかしくてしょうがねえ。

卑弥呼もひでえが、聖徳太子は見上げた根性よ。お互いやり取りってりゃあ世話ぁねえや。

アメ公も、敵の船だの航空機にトンでもねえあだ名つけんのも大人気ねえと言うものの、こりゃあ敵だからね。あんまり強そうな名を付けるわけにもいかねえ。

同じ国の連中に見下げられ果てんのとはわけがちがわあ。あたしゃどうも御維新てのはうさんくさいと、手習い通いの頃から思ってましたよ。そういう下品な奴らが今の政府のご先祖じゃあ、清廉潔白なわきゃあねえわな。

moon3ねこじゃねえやいのお玉姐さん江

 伊印だの井の字だのみんなお目見え以下の小者だからねェ。そんなやつ藩にゐたのかッて、上のお方ァしりァしねへ。維新の連中ァ大層な風ァ吹かして藩の金ちょろまかせて茶屋あすびばっかしヨ。
 その風がいまも残ってゝ、それが政治だと勘ちげえしてゐるンだから、どうにもならねへヨ。昔ァなんだゼ。大名は賄賂とらねへヨ。そんな賤しいことすんのは、性根が小者だからサ。成り上がりのにわか官僚だの、水呑み百姓の厄介息子なんかゞなんかの間違いで政治屋になると、銭金に目の色かえちまってサ。恥ィしらねへから、止まる処知らずサ。

 喜ン公

お久しぶりでやんす^^

歌ぁ お上手でやんすね^^
元ネタ 明かされなきゃ わかりませんでしたよ^^

思わず 「座布団3枚!」ってぇ 山田君さがすとこでやんしたよ^^


世の中 やほもんが増えやしたねぇ^^;
歩きづらくって しょうがねぇや^^;


moon3絵付師の姐さん江

 ほんの座興ヨ。姐さんも暑さに負けず元気のよふで。なによりだヨ。
 しかし、野暮ばっかしふえちまって、どうにもならねへヨ。町ィ出たり電車に乗ったりすりァ、そのたんびに腹ァ立つゼ。こんなこっちァ長生きできねへネ。

 喜ンの字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/22425816

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】とめぐりのよにて:

« 夏鰌宵駒形(しょきばらいよいのこまがた) | トップページ | 【番外】越すに越されぬ日本橋 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31