無料ブログはココログ

« 一寸間席廻正蔵(ちよんのまよせまわしのしやうぞう) | トップページ | 町気質見透格子(まちッこかたぎみとほしがうし) »

2008年5月28日 (水)

【番外】ぎっくり喜ンの字

 今月の晦(つごもり)、江戸漫遊連の江戸茶話会 「あっぱれ、お江戸の食い倒れ」をに聞きに行くのォ楽しみにしておりやしたンでやすが、鳥渡(ちょいと)した油断で、右足をくじいちまったのヨ。ドジだねェ。てめえでもやンなるゼ。腰のいてえ(痛い)のハもう久しいことなんだが、そいつに足の甲の痛みのおまけがつきやがった。馴染みの病院へ行くのに、日射が熱いからッてンで素足に下駄ァ突っかけていったんだが、病院のちょいめえで足首ねじッちまってナ。湿布してもらってたんで大丈夫ッて思って、いざけえる(帰る)べえトとベッドから降りたら、足の甲が痛くて西洋草履(スリッパ)が履けねえ。下駄で行ったもんでよろけて挫いたンだが、その下駄が幸いヨ。靴ぢァ甲が当たって痛くて歩けねへ。幸い下駄なんでいてえとこに鼻緒があたらねえようにしてなんとかけえって来ることができやした。どこでなにが起きるか、ほんに分からねへネ。用心、用心。

« 一寸間席廻正蔵(ちよんのまよせまわしのしやうぞう) | トップページ | 町気質見透格子(まちッこかたぎみとほしがうし) »

コメント

喜三二賛江

気をつけましょう江戸の路。
捻挫程度でよかったですね。
お気をつけください。

奈の字

moon3なの字の旦那江

 ごしんぺえ下さり、ありがたふござんす。
 おっとどっこいッてネ。ほんに浮世は荒れ道ヨ。抜けられますの裏小路に藪小路、浮いた三味の音新道(じんみち)に、浮かれて足元見ねえとあぶねえネ。
 これからァ老眼しっかと見開いて、娑婆の磧ァ歩きやしょう。

 喜ンの字 

 

養生してはよ治ってもらわな、寄席でばったり出会いの巻〜なんてことができまへんやんか。ほんまお気を付けて〜。

あたしなんか慣れない下駄ですっころびそうでいまから武者震いでっせ。

moon3Hiroko姐さん江

 ごしんぺえ、ありがとさん。
 手当てがはやかったのか、いゝ加減な捻挫だったのか、もう結構よくなってきやしたゼ。
 姐さん、下駄でお転びなすんな。鼻緒切る止まりになせえ。
 男ッぷりがよくて鼻緒すげられそうな鯔背なのが向うから来たら、よろッとして「アラッ鼻緒が、なんて言ってすげてもらいなせえ。

 下駄ァ履けるが鼻緒をすげたことのねへ 喜ンの字

 ホンに大事に至らずめっけもの。

 手頸や足頸ハ治りが遅いそうで養生なすっておくんなせえ。


 お江戸の食い倒れたア見過ごせないねえ!
是非、あたしらにも様子ヲ聞かせておくンな。お願いゐたしやす。

 花より団子、艶より食い気でねッ、旦那の手控帖が楽しみなンでござんすよ。

moon3仇吉姐さん江

 お見舞いありがたふヨ。
 ナ、江戸の食べ物、見逃し聞き逃しできやせんでしょう。そいつに行けなくなっちまったッてえドジな咄ヨ。
 どっかでネタァ仕入れたら、お咄ィいたしやすヨ。気長に待ってゝおくんな。

 喜ンの字

足首ねじったのですか、くじいたのですか、こりゃ心配ですわ。
 
下駄ってのは土の上はいいけれど、硬い都会の道路では足の骨に衝撃が強そうな気も。
い草の草履なんぞは足にやさしそうに思いますが、どうでしょうかね。
どうぞお大事に。hospital

moon3ミーシャ姐さん江

 ごしんぺえくだすって、ありがたふ。
 なァに、もうでえぶ、よくなりやしたヨ。
 かえって下駄だったのがよかったンぢァねえかとも思っておりやしてネ。足と一体になる靴だったら、足首までねじってしまッたんだろふが、足とは鼻緒だけでゆるくつながってる下駄だったンで、履物は大きくねじれやしたが、足の方は離れて少し助かったンぢァねえかとネ。
 マ物も考えよふだから、なんてネ。
 ありがとさん。

 喜ンの字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/21248713

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】ぎっくり喜ンの字:

« 一寸間席廻正蔵(ちよんのまよせまわしのしやうぞう) | トップページ | 町気質見透格子(まちッこかたぎみとほしがうし) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31