無料ブログはココログ

« 根岸午羽二重肌(わびずまひゝるのはぶたへはだ)[※1][江戸仮名混じり書き] | トップページ | 銀座春大霰(ぎんぶらはるのおほあられ) »

2008年3月30日 (日)

切られ与三桜新傷(きられよささくらのしんきず)

 忘れもしねへ七ツンとき、餓鬼仲間と戯(じゃ)れあッて遊(あす)びの最中(さなか)、勢い余って左脛、ぱッくり四寸切りさいたが大怪我の端(はな)。その痛さも忘れぬ先、小刀おもちゃにし、手元狂ってざッくり逆さに切り込んだ人差指、骨の蝶番に食い込んで、刃先ァとまったが運のよさ。それもこれも自分でつけた傷、その傷ゥ振り出しに、若気も消えての峠越え、五十路にへえっての半ばまでにァ、左手にァ大小合わして六(む)とこの傷こさえ、まるで切られ与三郎。だが、与三にも負けねえあっしの自慢、どの傷とっても向ふ傷。背(せな)に受ける逃げ傷ァ、毛筋一本ありやせん。
 そんな自慢もてめえで言ッちァ聞く人ァ片腹いたし。その腹の真ッちょうめん、胃の腑の下から臍下まで、思いッきりよく縦一文字、ざっくり切り下げた大手術、おんなじ場所を一度ならずも二度までも。その右脇ァご愛敬(あいきゃう)の盲腸傷。左のどてッ腹(ぱら)にァ風穴(かざあな)空け、大腸を付けたり取ったりの塞ぎ跡。腹ン中にァその大腸をチタンの豆鎹(まめかすがい)で縫いつないだ跡が、戀琴(れんとげん[※1])の霞写真で撮りァ数珠つなぎの蛍が腹ン中で、光ッていやうッて愛敬腹。
 も一つ自慢は無傷の右のかいな。長着の袖ェさッとたぐり上げ、江戸の水道で磨いた白い肌見せてえくれえのもんだッたが、一気咲きの満開の桜の花の下、この如月(二月)廿二日(西洋暦3月29日)、その手首の真下ァざっくり切られ、またもや受けたる向こう傷。病のためとハいゝながら満身創痍の切られの与三、こいでまたまた箔がついちまいやして。相手ァれっきとした某医大の心臓血管外科のお若医者。二人がかりの外科手術。静脈切って動脈に、つないで血の流れよくしてやろうのご深切。こいつァ花ァ真ッ盛りのありがた山桜(やまざくら[※2])。ことしァいっそ[※3]いゝ年になりやしょう。

附(つけた)り
[※1]戀琴。X線を発見したドイツ人物理学者ビルヘルム・コンラット・レントゲンの漢字当て字。明治期の表記か。戀の字、正しくは心の箇所が「木」。
[※2]ありがた山桜。ありがとうに感謝の「さん」をつけ、それに山の字を当て、訓読みで洒落たものに、さらに桜を付けて山桜と洒落のめしたもの。「有難山」の表記は、安永五年・高漫斎行脚日記、安政四・七偏人(初上)などに。「有難山桜」の表記は、寛政元年・自惚鏡「こいつはありがた山桜とおもひのほか」などがある。
[※3]いっそ。大層、非常に、とっても、の意。嘉永・皇都午睡(三中)、明和初年・遊子方言、安永二年・南閨雑話などにある。「茶もいっそぬるくなりいした」(南閨雑話)

« 根岸午羽二重肌(わびずまひゝるのはぶたへはだ)[※1][江戸仮名混じり書き] | トップページ | 銀座春大霰(ぎんぶらはるのおほあられ) »

コメント

お江戸の水道で磨いたお肌に、21世紀の知恵が咲かせた傷の花、青葉のころには癒えるかしら。
花冷えのことばそのままです。お大事になさってくださいませ。

まずは手術が無事に終わられておめでとうございます。

お江戸は桜が満開とか。きっと、桜も喜三二さんの手術の成功を祝っているのだと思います。

一日一日、少しずつお元気になられますように!

八つの桜は、おぼこ娘。そぼ降る雨にまだ開かぬ我が身を震わしておりやんす。
無事の刃傷沙汰。桜の廊下。華やかなこの歳始まりやすね。お目出度の始まりですぜ。嬉しき限り。師匠が落ち着いたら烏合の衆が群れなして、腹~空かして伺いやす。お覚悟あれ。

 無事に手術を終え一安心、お加減いかがでござんしょうか。    体の傷ハ男の勲章でやしょうかねえ、満身創痍でもなおも前ェ見据えるその心意気、感服いたしやすよ。
花は桜木、男ハ喜三二!

喜三二さんへ

また一つ傷が増えて男が上がりましたね。
羨ましいです。

奈の字

moon3風知草姐さん江

 ありがたふおざりィやす。
 なァにちっせへ傷だ、じきに癒えやしょう。

 喜の字

moon3ひよこ姐さん江

 ありがとヨ。ことしァほんにせっかちな一気咲き。春がまとめて来ちまいやしたねェ。

 喜の字

moon3たかの旦那江

 そぼ降る雨にまだ開かぬ我が身を震わして、こいつァ粋な文句ぢャござんせんかい。
 烏合の衆なんておっしゃらず、賢者の群でお越しなすッておくンなせえ。お江戸はうめえもんの花盛りだヨ。

 喜の字

moon3仇吉姐さん江

 誉めすぎ。
 桜の花びらみてえに舞いあがッちまいやすゼ。
 でも、うれしいゼ。ありがたふヨ。

 喜の字


 

moon3なの字の旦那江

 なァに、本音ェ言やァ、ぶっこわれ躰の追い傷ッてやつでネ。洒落にァなりやせんのサ。

 喜の字

斬られの与三は正月に、浅草歌舞伎で観ましたが、喜三二さんこそ男伊達っていうものさ。
なにしろあっちは金と女絡み、若くていい男だけどくらべりゃあ、向こう傷こそほんと勲章だい。

花冷え、大事にしてくださいな。noodle

moon3ミーシャ姐さん江

 いやァこの寒さッたらねへナ。花冷えとおりこして真冬だぜ。けふなんか外歩いていたら、耳がちぎれるかと思ふほどで、冷えて天窓(あたま。頭)まで痛くなりやした。
 熱々の蕎麦を添えてくだすって、ありがた山。ふうふう吹いて啜ってる気分になりやしたヨ。あったまりやしたゼ。
 浅草歌舞伎、よござんすねェ。若手ァ華がありやしょう。あっしも見得の切り方なんか修業しなくちャいけやせん。

 喜の字
 

まずは 天下ご免の向う傷、パッ!と
豪快に見栄をきる図が浮かび・・・

本来なら、黒板塀か紅絹を持つ菊五郎を
思い浮かべるべきか・・・
はたまた、薄桜記の丹下典膳か・・・

まだまだ春の朝夕は冷えます
どうぞ ご自愛くださいませ。 喜の字

moon3喜の字姐さん江

なかなか渋い書き込みをくだすッて、うれしいネ。
ほんにこの春は冷える。ご注意にしたがって、養生いたしやしょう。ありがたふおざりィやす。

ぢゞいの方の 喜の字より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/11975710

この記事へのトラックバック一覧です: 切られ与三桜新傷(きられよささくらのしんきず):

« 根岸午羽二重肌(わびずまひゝるのはぶたへはだ)[※1][江戸仮名混じり書き] | トップページ | 銀座春大霰(ぎんぶらはるのおほあられ) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31