無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

亥納天礼春己抜一九(としおさめてれすこすっぽんいっく)

 歳の暮も押し詰まったさる日のことヨ。ちょいと尾張丁(町)で昼ゥ喰い、跡(後)ァ日暮れに牛込柳町ゑ伸(の)して揉療治を受けるまで、時が空いたンで数寄屋橋渡って活動屋覗きやしたら、てれすこッてとぼけた外題の活動やっておりやすヨ。丁度いゝやッてんで、飛び込みやしたト思し召しめせ。
  角書(つのがき)にァやじきた道中ッて銘打ってありやすから、ご存じ東海道中膝栗毛ヨ。戯作者ハ言ふだけ野暮な十辺舎一九サ。そいつゥもじって活動こせへたッて代もんだゼ。立役者ハこれもご存じ勘三郎が弥次役、ワキの喜多役は柄本明。女主役ハ品川女郎の板頭(いたがしら)で、小泉の今日子。わけえ比(頃)ァ昼をあざむく華が売りでやしたが、いまァ大年増ァの向ふ張った姐さん振りがいゝねェ。
  この三人が凸凹道中繰り広げるンだが、その中身は観てのお楽しみッてことで、あっしがこゝで語ッちまっちァ映画棟梁(監督)の平山秀幸旦那の顔つぶしになりやしょうから、無言の業で通しやすが、観てゝうれしいンは江戸の詞ァごろ\/出てくるし、そいつを演じて見せてくれるとこヨ。さっき書いた板頭なんてのもその一つだ。こいつァ元来ハ深川詞だが、吉原で言やァお職のことサ。その楼でいっち玉代を上げた女郎のことヨ。
  ほかにも、宿泊日泊(よどまりひどまり)だの、地廻(ぢまわり)、新粉細工(しんこざいく)、そいから落語の狸賽(たぬさい)なんぞ活劇にして見せてくれやすのサ。「親孝行でござい、なんてのも出てくるゼ。こいつァてめえの顔はばゞあにつくって、胸のめえに作りもん男の躰くっつけ、てめえがその作りもんにおぶさった振りして門付(かどづけ)して銭ィもらふのヨ。おもらい稼業なんだが、芸があるわナ。こうでなきャなんねえゼ。なにィやるにも人様から見て曲(きょく)がなきァ世間はとおらねへものヨ。その芸で言やァ羅去(らさーる)石井が太鼓持で光っておりやしたゼ。電子紙芝居(てれび)に写ンねえとこで芸磨いていたンだろうねェ。お座敷踊りを見せてくれやしてネ、欲言やァもちっと骨がほそえ(細い)と幇間らしい頼りなさが出るト思ひやしたが、そいつァ芸でおぎなうッきャねへもんネ。
  最後の場面ァ大井川の渡しなんだが、そこで今日子姐さんが人足たちに担がれた輦台(れんだい)の上から振りけえって「この野暮ォ、ッて叫んで幕が降りるッて趣向ヨ。コヲおめえさん、観にいかねえと野暮って罵られるゼ。行っても銀幕の中から、姐さんに野暮ッてからかわれるンだから、結局この世のやつァみんな野暮ッて寸法なんだがネ。途中にァやっぱ今日子姐さんの科白(せりふ)で「江戸にァ野暮と化けもんハいねェンだ、ッて啖呵(たんか)ァ切る場面がありやすが、こいつも小気味いゝねェ。江戸の華ヨ。もさ\/してる奴ァすっこんでろッてことヨ。
  マこんなとこで、新暦の今年もおおつごもりとなりに果てダ。あっしもこれで取り敢えずすっこみやしょう。ご贔屓、ありがたふこざんした。
  おっと忘れるとこ、忘れるとこ。外題のとれすこだがネ、明和五年に出た風来六部集の上にこうありやすゼ。「其名を魔羅と呼び、号を天礼菟久(てれつく)と称し、または作蔵と異名すトね。この天礼菟久、上方と東(あずま)ぢァ音や意に違いがあるそうだ。そう言やァ弥次喜多は江戸から出て西に向かうが、てれすこの場面だけハ大坂の奉行所のお白洲ヨ。活動の中ぢァぜん\/違う意味でやっておりやすゼ。確かめに行ッといで。

2007年12月 5日 (水)

昔馴染銀座髪結(むかしなじみなつかしのかみいどこ)

 お江戸に舞い戻って一(ひと)段落してみりァ、鬢(びん)のほつれが気になって、さて近場に腕ェ知った床とてあるぢャなしヨ。この地にァかつて何十年もゐたと言へ、その比(頃)ハいくら真似事ト言ってもしがねェ宮仕へのお店(たな)もん。朝、鴉カァで飛びだしァ夜星(よぼし)拝んでけえって来る身、住処と言ふは世を忍ぶねぐらに過ぎず、周りに床屋の一軒も知ッちァいねへ。月に一度ッツ足ィ運んで馴染み重ねたハお店近くの髪結床たゞ一軒。思い立ったが吉日ト土竜(もぐら)電車に飛び乗って、ひょっこり出たハ銀座の一丁目。名人達人神さまと崇め奉る山東京傳御大が紙多葉粉入の流行品(ベストセラー)でその名を高めた見世を江戸幕末に敷いた京橋の隣丁(ちょう。町)。
  赤白青の捩じりン棒くる\/廻る髪結床の目印探しァ、アレうれしや同じ場所。きざはし(階段)降りて、面ァ突き出しァなんと見覚へし職人の顔。「分かるかいト己が面ァ指させバ「オヤ見た顔のお客さんト思ひ出したとこト笑みこぼす。指折りかずえりャ十(とう)と四年。数ゐた職人の中から一等抜きんでてた腕の立つ奴ト見込んでいた男がいまぢャ床を預かる大将格。あの比に久しくあっしの天窓(あたま。頭)当たってくれてゐたそいつが残ってゐてくれて、その上こっちの面ァ覚えてゐてくれたなんぞハ客冥利に尽きやふと言ふものヨ。
  さっそく椅子に上がりァ、もふなにも言はなくても櫛鋏が動きだし、望んだとほりの整え方。天窓ァ揉みほぐす指の力加減の確かさに、天窓の疲れ目の疲れ、とろ\/蕩けだし、夢心地。あっしァ床屋ハ髪整え髭当たるだけぢァ満足できねェよ。それぢァどんなに上手くっても技に過ぎねェ。床屋の芸とハこふして癒してくれることヨ。やっぱり天下の銀座で看板張りつゞけ、荒波越えて残ってきただけの職人さんヨ。あっちがあっしよりわけえのがもっけの幸ひ。死にまであっしァこの見世に通へるッてもんヨ。ざまァみやがれ。あっしァ運の強い男だゼ。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31