無料ブログはココログ

« 艶花世見返(あだばなのよみがえり) | トップページ | 山隠大江戸帰参(やまぢゞいはなのふるさとがへり) »

2007年10月20日 (土)

【修正・変体仮名加筆】江戸趣恋口醤油(ゑどごのみこいくちしょうゆ)

 煎餅のことォ塩煎餅ッ天(て)おッかさんや婆さん者(は)言っておりやし多(た)が、これがあっしァ妙でしょうがねへ。だってそうぢァありやせんかい。煎餅尓(に)ァ塩なんか振ってねへ。みんな醤油味ヨ。そいつゥとッつ可(か)めへ天(て)なんで塩煎餅ッて言ふ可(か)、いまだ尓(に)分けェ分かンねへ能(の)ヨ。安(あ)の呼び方者(は)あっしンちだけの己(こ)とだッ多(た)の可(か)ねへ。でも、世間でも塩煎餅ッ天(て)し可(か)言ひも聞き无(も)しやせん。なんで可(か)知らねへが、醤油煎餅多(た)ァ言己(わ)祢(ね)へ能(の)ヨ。
 お江戸の煎餅ハ(は)普通あっしらがおまんま尓(に)炊く白い米(※1)でつくっ天(て)ある。贅沢なもんヨ。京の都ぢァ煎餅ッ天(て)バ、小麦粉練って焼い多(た)もんだゼ。銀シャリ豪勢に菓子の煎餅尓(に)しちまう能(の)ハ天下広と雖(いへども)も、まいンち能(の)おまんま尓(に)誰も彼もがあッ多(た)りめへ尓(に)銀シャリ喰って多(た)大江戸だ可(か)らできる贅沢ッ天(て)もんだゼ。江戸尓(に)公方様が幕府を開い多(た)比(頃)ァ醤油ハ(は)上方から船で運んでおりやし多(た)が、其能(の)うち上総(千葉県)能(の)野田で濃口醤油ゥつ久(く)れるやふ尓(に)奈(な)り、もう上方有難(かみがたありがた)能(の)じでえぢァねへトなった証拠でござんしょ。
  でも奈(な)んだネ。上方ぢァおかきッ天(て)言って、あいつァ餅米なんだッてネ。こいつが旨(うめ)え能(の)ヨ。くやしいけど。
 あっしが餓鬼の時分尓(に)食べ奈(な)れ多(た)煎餅者(は)、ていげえ面子(めんこ)美(み)てえ尓(に)丸くッ天(て)ね。焼いて其の濃口醤油ゥ塗ってある。ぱりッて前歯で割ると芳ば志(し)い香りが、ぷんト鼻ァぬ介(け)やがッ天(て)、得も言己(わ)れぬ気分ヨ。塗っ天(て)ある醤油ハもち(※2)その濃口サ。上方の生ッちろい(※3)薄口なんぞぢャ煎餅の性根がふ也(や)けちまッ天(て)気味(きび)ィわりい(※4)のヨ。やっぱり醤油者(は)濃口。醤油も勇肌(いさみはだ[※5])で奈(な)きァあっしァ厭だね。
  コクの深ささっぱり能(の)が身上の濃口ッてえバ、そいつゥ塗っ多(た)うめえ(旨い)もんがモひと川(つ)ありやすネ。忘れちァいやヨだ。ソウ、羽二重団子(※6)。こい川(つ)も奈(な)んとも言ひや布(ふ)もねえほど、芳ば志(し)くッ天(て)あっしァぞっこんヨ。団子、素(す)で焼い天(て)、そいつ尓(に)濃口の生醤油塗っ天(て)モいっぺん炙り焼きし多(た)醤油団子ッ天(て)もんハ、じつァお江戸の山の手ッてへか、台(※7)能(の)もんヨ。いまぢァお情けだ可(か)奈(な)んだ可(か)か知ら祢(ね)へが、お江戸の末席尓(に)くっ川(つ)い多(た)練馬ハ江古田きんぺん尓(に)ァこいつがありや志(し)たネ。そっから、もっと西の片田舎へ下がって行く田無(たなし)辺(へん)尓(に)も、その焼き団子の滅法界うめえ見世がありやし多(た)。いまァどう志(し)てゐるかねェ。あゝ喰い天(て)へ。
  羽二重団子、待っ天(て)ろヨ。きっと喰い尓(に)行く可(か)ン奈(な)。

附(つけた)り
(※1)おまんまに炊く米。うるち米の白米。
(※2)もち。もちろん、の下半省略語。
(※3)生ッちろい。色が白いを強調した言い方。
(※4)わりい。悪いの江戸訛り。
(※5)勇肌(いさみはだ)。威勢のいゝ男。仕事師(鳶、土方職人など)、大工など。
(※6)羽二重団子。荒川区東日暮里5-54-3 、最寄駅は日暮里。
(※7)台。高台。山の手。台東区の名称は、台下の東地区、の意。

追い書き
文化文政天保期の人情本、風流本、黄草紙などは変体仮名混じりで書かれることが多かった。それを模した文といたしました。

« 艶花世見返(あだばなのよみがえり) | トップページ | 山隠大江戸帰参(やまぢゞいはなのふるさとがへり) »

コメント

 ねっちり、むっちり、もっちりの団子がイイねッ。
唄にだってあるじゃないか団子OO兄弟ってね。それに焼肌よりも、もち肌の方が・・・。
誰だい?つまみ食い専門は!

仇吉姐さん江

 もち肌団子かァ。あっしァもち肌を芳ばしく焼いた団子が好きだゼ。言ってみりァ夏の海辺のもち肌ッてとこかな。

 喜の字 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/8518570

この記事へのトラックバック一覧です: 【修正・変体仮名加筆】江戸趣恋口醤油(ゑどごのみこいくちしょうゆ):

« 艶花世見返(あだばなのよみがえり) | トップページ | 山隠大江戸帰参(やまぢゞいはなのふるさとがへり) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31