無料ブログはココログ

« 其の参 贋作良寛食(にてひなりりょうかんのゆうげ) | トップページ | 瓦版 第弍回大江戸素見(おほゑどのぞき)其の壱 »

2007年8月21日 (火)

【追い書きあり】いろはにほへとよめもせす  其の与

Photo  喜多川の歌さんが、歌まくらッて色気のあるもんを描いておいでゞ、その中のいちめへが本の裏表紙に載っておりやすのサ。本の名題(※1)ハ浮世絵の極み春画ッて題でね、書き手さんはかの林の美一(※2)旦那ヨ。
  絵の中のおなご(女子)さんハ緋の長襦袢を着ておいでだから、玄人さんでやしょう。男の方は薄物の羽織に本多髷で決めておりやすンで、遊び馴れた大店の旦那のご様子だねェ。
  それにしても、歌さんの線ハなんて色気があるンでやしょうかねェ。花魁の尻の線なぞ厭らしさなぞこれッぱかしもありァござんせんかい。綺麗な色気ヨ。線一本で肌のやわらかみ、ぬくもり、見事に描いていなさる。もっともこいつァ歌さん一人の手柄ぢァねへゼ。彫師の腕の冴えを買えッてもんぢャなきァ浮世絵見たァってことハ言へやせんヨ。その上、このやわらかい線一本に見えるのハ彫師の腕だけぢャござんせんゼ。刃物の鋼のよさ。玉鋼ッてやつかね。それと、版木のよさ。桂の一木(いちぼく)かねェ。大首絵なら鬢なぞの髪ンとこだけ細く彫ァいゝだろうが、この絵ハどこもかしこも毛筋よりも細い線で描いてありァがる。こいつゥ彫るのハ並の彫師にできる技ぢァねへと、あっしァ睨んだがいかゞなもんでやしょうかねェ。
  あっしもよしァいゝのに、またわりい癖がでて、絵ン中の扇ヨ。こいつの中の歌に目がとまッちまってサ。鳥渡(ちょいと)読んでみやすが、間違ってたら勘弁だゼ。なんせ色気の匂いかぎつける鼻ァいゝんだが、文ン字の方見る目ハからっきしなんでネ。

    蛤尓(に)者(は)しを
    志(し)川(つ)可(か)と
    者(は)さ満(ま)れて
    鴫たち
    可(か)ぬる
    秋の夕
    くれ

    飯○○

  こんな具合でどでもんでやしょう。当たっておりやすかねェ。最後の○○ハ悔しいことに読めねへのヨ。誰がおせえておくんな。
  のっけの行の者(は)しハくちばしのはしト逸物とを掛けてありやすヨなんて、種明かしするのも野暮なことで。へい、あいすいませんダ。
  この狂歌、本歌は言ふまでもなくあの西行さんヨ。

    心なき  身にもあはれは  しられけり  鴫たつ沢の  秋の夕暮

  こいつァ新古今集の三夕(さんせき)歌と言はれる歌のひとつヨ。てへしたもんだゼ。そいつゥ艶っぽい歌に変えちまうンだからネ。いま比(頃)西行さんもあの世の隅ッこで歯ぎしりしてンぢァねえかね。負けたよッてネ。
  心なき身ッてのはなんだってネ。薄情もんッてことぢァなくッて、俗世間から一切離脱した身ッてことだってネ。そりァそうでやしょうねェ。こんな品のいゝ花魁としっぽりといゝ仲になりァ、誰だってそんときァ俗世間のこたァすっかり忘れちまいやすゼ。
  オヤ、こいつァ歌がふたつ混じッちまったかナ。

【追い書き】
狂歌の作者、飯○○ハあっしのドジよ。狂歌で飯とくりァ次は盛に決まりヨ。だから、読めねへ○は二つぢァなくて、一つサ。宿屋飯盛(やどやのめしもり[※3])。この名がすぐに出てこなかったッてのは、とんだ盆暗(※4)。あっしァてめえでてめえがいやになっちまったゼ。

附(つけた)り
(※1)名題。本の場合、表紙に書かれた題を外題といゝ、中に再び書かれる題を内題と言う。歌舞伎でも小屋の外に表示した題を外題と称した。この外題は上方の呼称で、江戸では名題と言った。
(※2)林の美一。林美一、大正11年生。江戸文芸研究家にして、時代考証家、浮世絵研究家として知られる。
(※3)飯盛。宿屋飯盛。石川雅望(いしかわ まさもち、宝暦3年12月14日(1754年1月7日) - 文政13年閏3月24日(1830年5月16日))の狂歌名。江戸時代後期の狂歌師・戯作者。通称は石川五郎兵衛。号は他に六樹園・五老など。家業は江戸小伝馬町で宿屋を営む。
天明年間初期(1781年-1789年)から狂歌を読み、狂歌の四天王の一人として、版元である蔦屋重三郎から多くの狂歌書を出版している。文化年間(1804年-1818年)天明狂歌を主張して、俳諧歌を主張した鹿津部真顔(しかつべのまがお)と対立した。文化文政時代の狂歌壇を二分する勢力となった、狂歌の軽妙さと諧謔性を主んじた。国学者としても知られる。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
(※4)盆暗。丁半賭博で場を盆と呼び、そこに賭けられた金が丁半均等でないと博打にならない。賭金高が相互に揃ったかどうかを一瞬で目算できることを盆が明るいと言い、それができない者を盆暗と呼ぶ。

« 其の参 贋作良寛食(にてひなりりょうかんのゆうげ) | トップページ | 瓦版 第弍回大江戸素見(おほゑどのぞき)其の壱 »

コメント

あたしも一度ハ描いて欲しいもんだねェ。
どちらか、お相手ござりゃせんかいナ。                 あたしが惚れるよな・・・・いいお方。 

仇吉トお名乗りなさるくれへの意気のいゝ姐さんだ。とっくにほの字のお相手がいなさるンぢァござんせんかい。薄物の羽織が似合う粋なお方がネ。

  妬けるヨ  喜の字

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/7620724

この記事へのトラックバック一覧です: 【追い書きあり】いろはにほへとよめもせす  其の与:

» 歯ぎしりについて [歯ぎしりについて]
歯ぎしりの原因には精神的、肉体的なストレスによる歯ぎしりの直接の原因となるのはかみ合わせの悪さです [続きを読む]

« 其の参 贋作良寛食(にてひなりりょうかんのゆうげ) | トップページ | 瓦版 第弍回大江戸素見(おほゑどのぞき)其の壱 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31