無料ブログはココログ

« 貧すれば通ず知恵飯なり | トップページ | 神楽坂時雨蕎麦(かぐらざかしぐれそば) »

2006年11月19日 (日)

あっしの江戸ッ子

 江戸しくざッてものがありやす。こいつが身につかねへと江戸ッ子たァ言へねへト聞きやしたが、三代江戸に生まれ育たねへと江戸ッ子ぢァねへッて詞(ことば)ァそっから来たンだと思ひやすネ。そんくらい、江戸しぐさッてもんが、自然と身につなわるにァ歳月がかゝるッてことなんでやしょう。
 デ江戸しぐさトハなんだと言やァ、たいしたことぢァねえ。鳥渡(ちょっと)した気遣い。それも縁も所縁(ゆかり)もねへ赤の他人さまへの気遣いに過ぎねへ。
 たとえばでやすが、雨降りのに傘差してお人とすれ違うとき、そのお方さんの方へ傘の雫ゥ落ちねへように、傘ァはんてえ(反対)側へ倒しやすよネ、そういうことでやすヨ。
 立ち話で人が道ィふさいでおいでのときなんぞ、ちょいと通しておくんなせへト軽く声かけ頭ァ下げて道ィゆずってもらうッてのも、そうした礼儀でやすねェ。
 電車に乗りァたとえ隣の席が空いていても、荷物をそこに置かず膝の上か網棚へ載せる。隣の席に置いたンぢァ、座りたいと思っていらっしゃるお方がゐても座ることができねへ。声かけられたらどけりァいゝなんて思って荷物置いてる野郎ハ気のきかねへ山出しのおほたわけ。そんな野郎女郎ハ孫子の代までおゑど(江戸)ト呼ばれる町ィ出てきちァなんねへのヨ。
 お見世(店)で買物済んで釣銭もらったら、そいつゥ財布仕舞うときにァ脇へよけて、跡(後)のお客さんのために場を開けるのガ他人さまとお見世への遠慮ッてもん。もた\/してやがるのハ世間さまの迷惑なんダ。
 食べ物屋なんぞへゝへえったときに席の取りようで、そいつのお里が知れるッてもんだ。近比(頃)ァカウンターなんぞとげえこくご(外国語)で洒落のつもりか、詞知らずか呼びやすが、マ要は付け台でやすが、その真ン中にでんと何様のつもりか偉そうに腰据える野郎女郎がおりやすが、こういふ輩(やから)ほどみっともねへのハねへネ。跡から見えるだろう他人さまが席ィ取りにくゝなって迷惑ヨ。客が迷惑するッてことハ見世の迷惑。そいつゥ気づかずに通う莫迦野郎のことを贔屓の引き倒しッて言ひやすゼ。

 そんなこんなデあっしの思ふ江戸ッ子てえのヲ煎じ詰めりァ、簡単なことで。はへえ(早い)咄(はなし)がここに、身内と知り合ひと赤の他人さまがゐたとしやしょう。いっち(一番)気ィ遣わなくちャなんねへのが、赤の他人さまへヨ。次が知り合ひ。身内なんぞへの気遣いは最後でいゝのヨ。
 ところが世間にァ心得違いのお方が多いネ。身内にァ孫子の代まで世話になるから、でえじ(大事)しなくちァ、赤の他人なんて関係ねへから踏みにじッたってかまやしねへッて思ってるべらぼうがほとんどダ。エヽそうぢァねへだろう。赤の他人さまトハ一期一会ヨ。跡でお詫び言ふこともできねへ。身内、知り合ひハ言ってみりァてめへの仲間内ヨ。万一不始末があったッていつでも詫びるこたァできらァ。それにでえいち(第一)損得で人さまへと接するなんてこたァ賤しいぢァござんせんかい。
 仲間で酒呑んで辺り構わず大声だしたり、騒いだり。こんなみっともねへ恥さらしァねえゼ。周りにいなさる他人さまにどいだけ迷惑かけているカ。そいつゥ気づかねへような間抜けァ江戸ッ子になるにァ三代も四代も早いッてことだトあっしァ思ひやすヨ。

« 貧すれば通ず知恵飯なり | トップページ | 神楽坂時雨蕎麦(かぐらざかしぐれそば) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127972/4243521

この記事へのトラックバック一覧です: あっしの江戸ッ子:

« 貧すれば通ず知恵飯なり | トップページ | 神楽坂時雨蕎麦(かぐらざかしぐれそば) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31